質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

91.35%

  • JavaScript

    11233questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

thisの参照位置を変更したい

解決済

回答 3

投稿 2017/12/07 18:49 ・編集 2017/12/07 18:50

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 276

meron-pan

score 7

前提・実現したいこと

javascriptで画像を配置し、アニメーションを行えるような関数を制作しています。複数回インスタンス生成したいので、「this.変数名」を使って様々な値を設定したいのですが、参照している場所が思い通りにいきません。
実現したいことは、最初に座標の値を保持する変数を0で初期化したのち、描画の関数の引数で座標を指定し、それを上の変数で記録です。

該当のソースコード

function Character(URL) {
    this.x = 0;
    this.y = 0;
    this.width = 0;
    this.height = 0;
    //画像配置
    var pict = new Image();
    pict.src = URL;

  //描画(引数は、canvas名,x座標,y座標,幅,高さ)
    this.draw = function (ctx, x, y, width, height) {
     //Charactor.xの部分を参照したい
        this.x = x;
        this.y = y;
        this.width = width;
        this.height = height;

     //URLが入っていたら画像をキャンバスに書き込む
        if (pict.src != "") {
            pict.onload = function () {
                console.log("" + this.x + "" + this.y + "");
                ctx.save();
                ctx.drawImage(pict, this.x, this.y,);
                ctx.restore();
            }

        }
    }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 3

checkベストアンサー

+3

イベントハンドラ内でthisを参照しているので, Characterオブジェクトだと思っていたものが実は変数pictが参照しているImageオブジェクトになっています. ですから, xyの値が取れないのです.

function Character(URL) {
    this.x = 0;
    this.y = 0;
    this.width = 0;
    this.height = 0;
    //画像配置
    var pict = new Image();
    pict.src = URL;

  //描画(引数は、canvas名,x座標,y座標,幅,高さ)
    this.draw = function (ctx, x, y, width, height) {
     //Charactor.xの部分を参照したい
        this.x = x;
        this.y = y;
        this.width = width;
        this.height = height;

     //URLが入っていたら画像をキャンバスに書き込む
        if (pict.src != "") {
            pict.onload = function () {
                console.log("" + this.x + "" + this.y + "");//ここのthisはpict!
                ctx.save();
                ctx.drawImage(pict, this.x, this.y,);
                ctx.restore();
            }

        }
    }
}


また, コードの内容を見るにloadイベントやsave/restoreメソッドを利用する必要は無いものと思われます.

function Character(URL) {
    this.x = 0;
    this.y = 0;
    this.width = 0;
    this.height = 0;
    //画像配置
    var pict = new Image();
    pict.src = URL;

  //描画(引数は、canvas名,x座標,y座標,幅,高さ)
    this.draw = function (ctx, x, y, width, height) {
     //Charactor.xの部分を参照したい
        this.x = x;
        this.y = y;
        this.width = width;
        this.height = height;

     //画像の読み込みが完了していたらpictをcanvasに描く
        if(pict.complete){
            ctx.drawImage(pict, this.x, this.y);
        }
    }
}


「画像の読み込みが完了していたら」はcompleteプロパティで判ります. なお画像の読み込み失敗(画像が見つからない等)時にもcompletetrueとなるので, できれば, errorイベントを使って画像が正しく読み込めなかった場合の代替処理についても考慮したほうが良いでしょう.

投稿 2017/12/07 19:34

編集 2017/12/07 19:48

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/12/07 19:46

    コードを修正したところ無事、動かすことができました。ありがとうございます。

    キャンセル

+1

こういうことですよね?
普通に指定通りにうごきませんか?

function func_a(){
  this.x=0;
  this.func_b=function(x){
    this.x=x;
  }
}
var myObj=new func_a();
myObj.func_b(1);
console.log(myObj.x);

投稿 2017/12/07 18:57

編集 2017/12/07 18:58

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/12/07 19:11

    画像が配置されている場所を21行目のconsole.log("" + this.x + "" + this.y + "");で確認しているのですが、結果は00でさらに画像も左上から一ミリも動いていないので、指定通りには理論上動くはずなんですけど、なんかダメです。

    キャンセル

  • 2017/12/07 19:26

    drawメソッドの中でpict.onload を処理していますが
    drawは実行とpictのonloadに整合性はあるのでしょうか?

    キャンセル

  • 2017/12/07 19:39

    座標をURLと一緒に引数を指定したくなかったのと、onloadは「画像の読み込みができていたら」という認識で使っています。そのため、画像の読み込みの後に描画をしたいのでそこに格納しています。

    キャンセル

0

javascriptでは「this」の使用箇所によって意味が変わるので、このように修正すれば行けるかと。

  var self = this;

  //描画(引数は、canvas名,x座標,y座標,幅,高さ)
  this.draw = function (ctx, x, y, width, height) {
  //Charactor.xの部分を参照したい
    self.x = x;
    self.y = y;
    self.width = width;
    self.height = height;

    //URLが入っていたら画像をキャンバスに書き込む
    if (pict.src != "") {
      pict.onload = function () {
        console.log("" + self.x + "" + self.y + "");
        ctx.save();
        ctx.drawImage(pict, self.x, self.y,);
        ctx.restore();
      }

    }
}

投稿 2017/12/07 19:31

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/12/07 19:44

    その場合、drawメソッドで指定した引数を上で用意した変数に入れることは可能なのでしょうか?

    キャンセル

  • 2017/12/07 19:51

    通常(グローバル)変数selfはスクリプトの実行時コンテキスト(例えばwindow)を参照するので, 別の名称を使ったほうが良いと思います. (スコープで分離されていれば別ですが)

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

ただいまの回答率

91.35%

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • JavaScript

    11233questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。