質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

91.35%

  • JavaScript

    11205questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

  • Java

    10450questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Ajax

    805questions

    Ajaxとは、Webブラウザ内で搭載されているJavaScriptのHTTP通信機能を使って非同期通信を利用し、インターフェイスの構築などを行う技術の総称です。XMLドキュメントを指定したURLから読み込み、画面描画やユーザの操作などと並行してサーバと非同期に通信するWebアプリケーションを実現することができます。

  • JSON

    775questions

    JSON(JavaScript Object Notation)は軽量なデータ記述言語の1つである。構文はJavaScriptをベースとしていますが、JavaScriptに限定されたものではなく、様々なソフトウェアやプログラミング言語間におけるデータの受け渡しが行えるように設計されています。

  • Thymeleaf

    106questions

    Thymeleaf(タイムリーフ)とは、Java用のテンプレートエンジンで、特定のフレームワークに依存せず使用することが可能です。

AjaxまたはJavaでJsonデータをツリー表示したい。

受付中

回答 1

投稿 2017/12/02 19:49 ・編集 2017/12/02 19:51

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 70

sougoukanri

score 2

前提・実現したいこと

APIから取得するデータでツリー表示をさせ、画面上にデータとして残すようなページをサンプルで作っています。
どうか皆様のアドバイス(ソースコード)などのお力添えをお願いいたします。
環境等は最下部に記載しています。
以下が実現したいことです。

Jsonデータ ⇒ 取得してツリー表示(初期表示) ⇒ ツリー内のボタン(プラスボタンなど) ⇒対象のJsonデータを再度取得 ⇒ 取得したデータを画面上の任意の箇所に表示ボタンが押された場合にのみ表示

イメージ

-書店
  - BOOK
       ワンピース☑️
+ホテル
+電気
+八百屋


                 表示ボタン


表示場所[ワンピース]

  
チェック箇所の情報をHTML(thymeleaf)内の任意の場所に表示する。
表示内容はイメージのとこにあるワンピースという名称でページ数などは裏で結びついて持っていきたい。

発生している問題・エラーメッセージ

AjaxとJavaでの連携でJsonを取得して、ツリー表示できない。
実現できるなら、AjaxでもJavaでもどちらでもいいのですが、Jsonをツリー表示するのがわからなく、プラスボタンで再度Jsonデータを呼びに行く方法がわからないという現状です。

該当のソースコード

@Service
public class ZipCodeService {

    @Autowired
    @Qualifier("zipCodeSearchRestTemplate")
    RestTemplate restTemplate;

    /** サンプル検索API リクエストURL */
    private static final String URL = "http://zipcloud.ibsnet.co.jp/api/search?zipcode={zipcode}";

    public ZipCodeDto service(String zipcode) {
        return restTemplate.getForObject(URL, ZipCodeDto.class, zipcode);
    }

}
@Controller
public class ZipCodeController {

    @Autowired
    ZipCodeService zpcService;

    /**
     * サンプル入力フォーム
     * @return "zipcode"
     */
    @RequestMapping("/zipcode")
    public String zipcodeForm(HttpSession session, Model model) {
        return "zipcode";
    }

    /**
     * サンプル情報表示 
     * @return "zipcode-confirm"
     */
    @RequestMapping(value="/zipcode/confirm", method=RequestMethod.POST)
    public String zipcodeConfirm(HttpSession session, Model model, 
                                 @RequestParam("zipcode") String zipcode){

        // 一応必須チェックのみ 数字・桁数チェックは省略
        // nullまたは空文字の場合、入力フォームにエラーメッセージを表示
        if (zipcode == null || zipcode.equals("")) {
            model.addAttribute("errorMessage", "郵便番号を入力してください。");
            return zipcodeForm(session, model);
        }

        // サンプル検索APIサービス呼び出し
        ZipCodeDto zipCodeDto = zpcService.service(zipcode);
        // thymeleafでリストを展開して表示する
        model.addAttribute("zipcodeList", zipCodeDto.getResults());
        return "zipcode-confirm";   
    }
}
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja">
    <head>
        <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
        <meta http-equiv="imagetoolbar" content="no" />
        <title>設置サンプル</title>
        <link rel="stylesheet" type="text/css" href="/content/lib/yui/build/treeview/treeview.css?_yuiversion=2.4.1" />
        <link rel="stylesheet" type="text/css" href="/content/lib/yui/build/treeview/tree.css?_yuiversion=2.4.1" />
        <script type="text/javascript" src="/content/lib/yui/build/yahoo/yahoo.js?_yuiversion=2.4.1"></script>
        <script type="text/javascript" src="/content/lib/yui/build/event/event.js?_yuiversion=2.4.1"></script>
        <script type="text/javascript" src="/content/lib/yui/build/treeview/treeview.js?_yuiversion=2.4.1"></script>
        <style type="text/css">
            * {
                margin:0; padding:0;
            }
            body{
                margin:0 auto; padding:0;
                background-color:#666;
                color:#666;
                font:81%/1.5 verdana,sans-serif;
                text-align:center;
            }
            #wrap {
                width:500px;
                margin:0 auto; padding:0;
                background-color:#fff;
                text-align:center;
            }
            #content {
                margin:0 20px; padding:0;
                text-align:left;
            }
            #footer {
                margin:1em 0 0 0; padding:.2em .5em;
                background-color:#999;
                color:#fff;
                font-size:78%;
                text-align:right;
            }
            #footer * {
                font-style:normal;
                font-size:100%;
                color:#fff;
            }
            h1 {
                margin:0 0 1em 0; padding:.5em 1em;
                background-color:#999;
                color:#fff;
                font-size:100%;
                text-align:left;
            }
            h1 a {
                color:#fff;
            }
            p {
                margin:1em 0; padding:0;
            }
            img {
                border:0;
            }
        </style>
    </head>
    <body>
        <div id="wrap">
            <h1>設置サンプル</h1>
            <p>参照:<a href="http://developer.yahoo.com/yui/examples/treeview/folder_style.html">YUI Library &raquo; Tree View Control &raquo; Folder-Style TreeView Design</a></p>
            <div id="content">
                <p>
                    <a id="expand" href="#">Expand all</a> | 
                    <a id="collapse" href="#">Collapse all</a>
                </p>
                <div id="treeDiv1"></div>
                <script type="text/javascript">
                //an anonymous function wraps our code to keep our variables
                //in function scope rather than in the global namespace:
                (function() {
                    var tree; //will hold our TreeView instance
                    function treeInit() {
                        YAHOO.log("Example's treeInit function firing.", "info", "example");
                        //Hand off ot a method that randomly generates tree nodes:
                        buildRandomTextNodeTree();
                        //handler for expanding all nodes
                        YAHOO.util.Event.on("expand", "click", function(e) {
                            YAHOO.log("Expanding all TreeView  nodes.", "info", "example");
                            tree.expandAll();
                            YAHOO.util.Event.preventDefault(e);
                        });
                        //handler for collapsing all nodes
                        YAHOO.util.Event.on("collapse", "click", function(e) {
                            YAHOO.log("Collapsing all TreeView  nodes.", "info", "example");
                            tree.collapseAll();
                            YAHOO.util.Event.preventDefault(e);
                        });
                    }
                    //This method will build a TreeView instance and populate it with
                    //between 3 and 7 top-level nodes
                    function buildRandomTextNodeTree() {
                        //instantiate the tree:
                        tree = new YAHOO.widget.TreeView("treeDiv1");

                        //create top-level nodes
                        for (var i = 0; i < Math.floor((Math.random()*4) + 3); i++) {
                            var tmpNode = new YAHOO.widget.TextNode("label-" + i, tree.getRoot(), false);

                            //we'll delegate to another function to build child nodes:
                            buildRandomTextBranch(tmpNode);
                        }
                        //once it's all built out, we need to render
                        //our TreeView instance:
                        tree.draw();
                    }
                    //This function adds a random number <4 of child nodes to a given
                    //node, stopping at a specific node depth:
                    function buildRandomTextBranch(node) {
                        if (node.depth < 6) {
                            YAHOO.log("buildRandomTextBranch: " + node.index);
                            for ( var i = 0; i < Math.floor(Math.random() * 4) ; i++ ) {
                                var tmpNode = new YAHOO.widget.TextNode(node.label + "-" + i, node, false);
                                buildRandomTextBranch(tmpNode);
                            }
                        }
                    }
                    //When the DOM is done loading, we can initialize our TreeView
                    //instance:
                    YAHOO.util.Event.onDOMReady(treeInit);
                })();//anonymous function wrapper closed; () notation executes function
                </script>
            </div><!-- div#wrap/div#content -->
        </div><!-- div#wrap -->
    </body>
</html>
jQuery( function() {
    jQuery( '#jquery-sample-button' ) . toggle(
        function() {
            jQuery . ajax( {
                url: 'jquery-sample-ajax-json.php',
                dataType: 'json',
                data: {
                    year: '2011',
                    month: '11',
                    day: '25'
                },
                success: function( data ) {
                    jQuery . each( data, function( key, value ) {
                        jQuery( '#jquery-sample-ajax' ) . append( '<p>' + key + ': ' + value + '</p>' );
                    } );
                    jQuery( '#jquery-sample-textStatus' ) . text( '読み込み成功' );
                },
                error: function( data ) {
                    jQuery( '#jquery-sample-textStatus' ) . text( '読み込み失敗' );
                }
            } );
        },
        function() {
            jQuery( '#jquery-sample-ajax' ) . html( '' );
            jQuery( '#jquery-sample-textStatus' ) . text( '' );
        }
    );
} );

対象のJSONデータ

{
 "book1":{
"title": "Book",
 "year": 2005 ,
"page": 399
},
"book2":{
 "title": "ワンピース",
 "year": 2006 ,
"page": 650
 }
}

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

STS、SpringBoot、Java8,Javascript、HTML、Timeleaf

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

+1

javascript json editor

というものが昔あったはず

投稿 2017/12/05 08:27

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

ただいまの回答率

91.35%

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • JavaScript

    11205questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

  • Java

    10450questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Ajax

    805questions

    Ajaxとは、Webブラウザ内で搭載されているJavaScriptのHTTP通信機能を使って非同期通信を利用し、インターフェイスの構築などを行う技術の総称です。XMLドキュメントを指定したURLから読み込み、画面描画やユーザの操作などと並行してサーバと非同期に通信するWebアプリケーションを実現することができます。

  • JSON

    775questions

    JSON(JavaScript Object Notation)は軽量なデータ記述言語の1つである。構文はJavaScriptをベースとしていますが、JavaScriptに限定されたものではなく、様々なソフトウェアやプログラミング言語間におけるデータの受け渡しが行えるように設計されています。

  • Thymeleaf

    106questions

    Thymeleaf(タイムリーフ)とは、Java用のテンプレートエンジンで、特定のフレームワークに依存せず使用することが可能です。