質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • R

    306questions

    R言語は、「S言語」をオープンソースとして実装なおした、統計解析向けのプログラミング言語です。 計算がとても速くグラフィックも充実しているため、数値計算に向いています。 文法的には、統計解析部分はS言語を参考にしており、データ処理部分はSchemeの影響を受けています。 世界中の専門家が開発に関わり、日々新しい手法やアルゴリズムが追加されています。

R 列の追加(2つのデータの結合)

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 349

S.Hayashi

score 1

前提・実現したいこと

2つのデータを結合したいのですが、データの仕様が違うため上手く行かないのです。

発生している問題・エラーメッセージ

2つのデータがあります。
#1

製品 購入者
2002 A1 佐藤
2002 A1 田中
2002 A1 吉田
2002 A1
2002 A2 田中
2002 A2 吉田
2002 B1 佐藤

#2

製品 固有番号
A1 12
A2 2
B1 16

1のデータの製品番号に合わせて#2の固有番号を追加したいのですが、上手く行きません。

flipTablesで何度か試みたのですが、できませんでした。何か良いアイディアがあればご教示いただけるとありがたいです。

該当のソースコード

試したこと

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

より詳細な情報

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • KojiDoi

    2017/11/18 18:06

    うまくいったんでしょうか? 解決したなら質問を解決済みに設定してくださいますか。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

0

mergeを使います。 

df1 <- as.data.frame(matrix(
 c(
  "2002", "A1", "佐藤",
  "2002", "A1", "田中",
  "2002", "A1", "吉田",
  "2002", "A1", "林",
  "2002", "A2", "田中",
  "2002", "A2", "吉田",
  "2002", "B1", "佐藤"
 ),
 byrow=T, ncol=3
))
names(df1) <- c("年", "製品", "購入者")

df2 <- as.data.frame(matrix(
 c(
  "A1", 12,
  "A2", 2,
  "B1", 16
 ),
 byrow=T, ncol=2
))
names(df2) <- c("製品", "固有番号")

dfm <- merge(df1, df2, by.x="製品", by.y="製品")
print(dfm)

実行例  

    年 製品 購入者
1 2002   A1   佐藤
2 2002   A1   田中
3 2002   A1   吉田
4 2002   A1     林
5 2002   A2   田中
6 2002   A2   吉田
7 2002   B1   佐藤
  製品 固有番号
1   A1       12
2   A2        2
3   B1       16
  製品   年 購入者 固有番号
1   A1 2002   佐藤       12
2   A1 2002   田中       12
3   A1 2002   吉田       12
4   A1 200212
5   A2 2002   田中        2
6   A2 2002   吉田        2
7   B1 2002   佐藤       16
> 

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/11/17 15:39

    どうも有り難うございました。スッキリいたしました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.51%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • R

    306questions

    R言語は、「S言語」をオープンソースとして実装なおした、統計解析向けのプログラミング言語です。 計算がとても速くグラフィックも充実しているため、数値計算に向いています。 文法的には、統計解析部分はS言語を参考にしており、データ処理部分はSchemeの影響を受けています。 世界中の専門家が開発に関わり、日々新しい手法やアルゴリズムが追加されています。