質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
SourceTree

SourceTreeは、Gitのクライアントツール。視覚的に操作するGUI形式でGitの操作が容易になります。MacやWindowsなどのOSに依存しておらず、PC環境に合わせてインストールすることが可能です。

HTTPS

HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)はHypertext Transfer プロトコルとSSL/TLS プロトコルを組み合わせたものです。WebサーバとWebブラウザの間の通信を暗号化させて、通信経路上での盗聴や第三者によるなりすましを防止します。

SSH

SSH(Secure Shell)は、セキュアチャネルを通してデータを交換するためのネットワークプロトコルです。リモートサーバーへのコマンド実行やファイル転送を行う時に一般的に使用されます。

GitHub

GitHubは、Gitバージョン管理システムを利用したソフトウェア開発向けの共有ウェブサービスです。GitHub商用プランおよびオープンソースプロジェクト向けの無料アカウントを提供しています。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

受付中

SourcetreeからGitHubへプッシュする際に403エラーとなる。

退会済みユーザー

退会済みユーザー

総合スコア0

SourceTree

SourceTreeは、Gitのクライアントツール。視覚的に操作するGUI形式でGitの操作が容易になります。MacやWindowsなどのOSに依存しておらず、PC環境に合わせてインストールすることが可能です。

HTTPS

HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)はHypertext Transfer プロトコルとSSL/TLS プロトコルを組み合わせたものです。WebサーバとWebブラウザの間の通信を暗号化させて、通信経路上での盗聴や第三者によるなりすましを防止します。

SSH

SSH(Secure Shell)は、セキュアチャネルを通してデータを交換するためのネットワークプロトコルです。リモートサーバーへのコマンド実行やファイル転送を行う時に一般的に使用されます。

GitHub

GitHubは、Gitバージョン管理システムを利用したソフトウェア開発向けの共有ウェブサービスです。GitHub商用プランおよびオープンソースプロジェクト向けの無料アカウントを提供しています。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

0回答

0評価

0クリップ

228閲覧

投稿2022/05/24 13:38

編集2022/05/25 09:05

SourcetreeからGitHubへプッシュする際に403エラーとなってしまいます。
エラーの表示内容は以下の通りです。(今回が初回のプッシュとなります。)

■プッシュ先のリポジトリ:originの場合
git -c color.branch=false -c color.diff=false -c color.status=false -c diff.mnemonicprefix=false -c core.quotepath=false -c credential.helper=sourcetree push -v --tags origin refs/heads/master:refs/heads/master
Pushing to https://github.com/○○/○○○.git
remote: Write access to repository not granted.
fatal: unable to access 'https://github.com/○○/○○○.git/': The requested URL returned error: 403
Completed with errors, see above

■プッシュ先のリポジトリ:カスタムの場合
git -c color.branch=false -c color.diff=false -c color.status=false -c diff.mnemonicprefix=false -c core.quotepath=false -c credential.helper=sourcetree push -v --tags https://<アクセストークン>@github.com/github.com/○○/○○○.git refs/heads/master:refs/heads/master
One or more of this task's arguments is invalid. They cannot start with '-', and must follow git ref-format rules: https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/docs/git-check-ref-format.html
Completed with errors, see above

エラーの原因が分からず困っています。
解決策が分かる方いらっしゃいましたらご教示願います。

★追記
アクセストークンの期限が切れていることに気づき、アクセストークンの再取得を実施しました。
https://zenn.dev/rata/articles/c62f97fa87bb43
上記URLに記載されていることを試しましたが解決しませんでした。
他にもGitHub、Sourcetreeで何か再設定等が必要でしょうか?

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

gU8C8Nud4E8p3uW

2022/05/25 00:05

「remote: Write access to repository not granted.」というヒントが出ておりますが。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

SourceTree

SourceTreeは、Gitのクライアントツール。視覚的に操作するGUI形式でGitの操作が容易になります。MacやWindowsなどのOSに依存しておらず、PC環境に合わせてインストールすることが可能です。

HTTPS

HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)はHypertext Transfer プロトコルとSSL/TLS プロトコルを組み合わせたものです。WebサーバとWebブラウザの間の通信を暗号化させて、通信経路上での盗聴や第三者によるなりすましを防止します。

SSH

SSH(Secure Shell)は、セキュアチャネルを通してデータを交換するためのネットワークプロトコルです。リモートサーバーへのコマンド実行やファイル転送を行う時に一般的に使用されます。

GitHub

GitHubは、Gitバージョン管理システムを利用したソフトウェア開発向けの共有ウェブサービスです。GitHub商用プランおよびオープンソースプロジェクト向けの無料アカウントを提供しています。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。