質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
OpenSSL

OpenSSLはSSL/TLSのプロトコルと一般的な暗号のライブラリを導入するオープンソースのソフトウェアのツールキットです。

Amazon EC2

Amazon EC2は“Amazon Elastic Compute Cloud”の略称です。Amazon Web Services(AWS)の一部であり、仮想化されたWebサーバーのコンピュータリソースをレンタルできるサービスです。

Gitlab EE

GitLab 6.0からリリースされたGitLabの有償版。商用向けで、大規模に適したバージョンとなっています。 LDAPグループとGitLabグループの同期が可能です。

受付中

自己証明書を用いてGitLabとRunnerを接続したい

onomu_
onomu_

総合スコア5

OpenSSL

OpenSSLはSSL/TLSのプロトコルと一般的な暗号のライブラリを導入するオープンソースのソフトウェアのツールキットです。

Amazon EC2

Amazon EC2は“Amazon Elastic Compute Cloud”の略称です。Amazon Web Services(AWS)の一部であり、仮想化されたWebサーバーのコンピュータリソースをレンタルできるサービスです。

Gitlab EE

GitLab 6.0からリリースされたGitLabの有償版。商用向けで、大規模に適したバージョンとなっています。 LDAPグループとGitLabグループの同期が可能です。

0回答

0評価

0クリップ

380閲覧

投稿2022/05/07 16:27

前提

Amazon EC2インスタンス上に、GitLabのCI/CD環境を構築しようと試みています。
環境構築の過程で、GitLab Runnerを登録しているときに以下のメッセージが発生しました。
構築中の環境は以下の通りです。

GitLab/Runner搭載インフラ:Amazon EC2インスタンス(t2.medium)
GitLab/Runner搭載OS:Amazon Linux
GitLab EE: 14.10.0
GitLab Runner: 14.10.1-
上記GitLabでは、自己証明書によるHTTPS通信を行っています。

実現したいこと

GitLabにCI/CDジョブ実行を目的としたRunnerを登録する。

問題発生までの手順

  1. GitLabを搭載したEC2のコンソール画面にアクセスする。
  2. 下記URLの手順に従って、GitLab公式リポジトリの追加、ならびにRunnerのインストールを行う。https://docs.gitlab.com/runner/install/linux-repository.html
  3. sudo gitlab-runner registerを実行。コンソール画面上の指示に従って、下記情報を入力。
  • GitLabインスタンス URL
  • Shared Runnerのトークン(GitLab管理者画面より取得したトークンを入力)
  • Runnerの説明/タグ/メンテナンス情報

  →エラー発生。

エラーメッセージ

ERROR: Registering runner... failed runner=XXXXXX status=couldn't execute POST against https://ec2-XXX-XXX-XXX-XXX.YYYY.compute.amazonaws.com/api/v4/runners: Post "https://ec2-XXX-XXX-XXX-XXX.YYYY.compute.amazonaws.com/api/v4/runners": x509: certificate is not valid for any names, but wanted to match ec2-XXX-XXX-XXX-XXX.YYYY.compute.amazonaws.com PANIC: Failed to register the runner.

試したこと

下記URLの内容に従って、GitLabが使用する自己証明書をコピー後、再登録を試みたがエラーは解消されず。。。
https://shoreviewanalytics.github.io/Gitlab-Fix-Runner-Registration-x509-Certification-Error/

また、似たようなエラーメッセージx509: certificate signed by unknown authorityに対する対処法として、
GitLabが使用する自己証明書コピー後にgitlab-runner restartコマンドを実行すればよいとの記載が公式サイト
にあがっていたため、試してみたのですがエラーメッセージに変化はありませんでした。
https://docs.gitlab.com/ee/administration/troubleshooting/ssl.html#using-gitlab-runner-with-a-gitlab-instance-configured-with-internal-ca-certificate-or-self-signed-certificate

補足情報

GitLabに使用している自己証明書の登録は、下記サイトを参考にしました。
GitLabにHTTPSでアクセスできるようにする:https://ez-net.jp/article/C2/b2FeQWpO/waL2e8toVhnu/
OpenSSLを使って自己署名証明書を作成する:https://kuttsun.blogspot.com/2018/04/openssl.html

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

OpenSSL

OpenSSLはSSL/TLSのプロトコルと一般的な暗号のライブラリを導入するオープンソースのソフトウェアのツールキットです。

Amazon EC2

Amazon EC2は“Amazon Elastic Compute Cloud”の略称です。Amazon Web Services(AWS)の一部であり、仮想化されたWebサーバーのコンピュータリソースをレンタルできるサービスです。

Gitlab EE

GitLab 6.0からリリースされたGitLabの有償版。商用向けで、大規模に適したバージョンとなっています。 LDAPグループとGitLabグループの同期が可能です。