回答編集履歴

4 修正

m.ts10806

m.ts10806 score 66698

2019/02/26 22:22  投稿

こういう対応する場合、私は、まずは静的HTMLでゴールを作ってそれを目指していきます。
たぶんこんな感じ。
```html
<table>
   <tr>
       <th>1</th>
       <td>a</td>
       <th>2</th>
       <td>b</td>
   </tr>
   <tr>
       <th>3</th>
       <td>c</td>
       <th>4</th>
       <td>d</td>
   </tr>
   <tr>
       <th>5</th>
       <td>e</td>
       <th></th>
       <td></td>
   </tr>
</table>
```
ブラウザ表示結果
![イメージ説明](0692e2e1d4a9d40b75585f71d764997f.png)
最後、奇数になると埋める必要があると思ったので空の組みを1つ出しています。
ここで法則を見つけ出します。th-tdの組が2回あったあとにtrが閉められています。
それを実現すればいいわけですね。
「ループの回数が偶数であればtr閉め」となりますが、PHPに限らずに使われるのが余りを出す%を使った方法です。
「偶数」の場合は対象の値を%2とします。
ミニマムコード:
```php
for($i=0;$i<10;$i++){
   if($i%2===1){
       echo $i;
   }
}
//13579
```
これを応用して、いきます。
段階
段階
```php
<table>
   <?php
   $i=0;
   $th_tr_group = "";
   foreach ($nArray as $key => $value){
       $th_tr_group .="
       <th>{$key}</th>
       <td>{$value}</td>\n";
       if($i%2===1){
           echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
           $th_tr_group = "";
       }
       $i++;
   }
?>
</table> 
```
実は、
このコードには1点問題があり、「奇数個データがあったときにそこが出力されない」という問題があります。
偶数のときにしかechoしていないためですね。
ここを「余ってたら出す」ようにする必要があります。
foreachなどループの関数には特性があり、「明示的にその変数をOFFにしない限り最後の値が残っている」となります。
ので、第2段階としては下記
```php
<table>
   <?php
   $i=0;
   $th_tr_group = "";
   foreach ($nArray as $key => $value){
       $th_tr_group .="
       <th>{$key}</th>
       <td>{$value}</td>\n";
       if($i%2===1){
           echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
           $th_tr_group = "";
       }
       $i++;
   }
echo "<tr>
   <th>{$key}</th>
   <td>{$value}</td>
   <th></th>
   <td></td>
</tr>";
?>
</table>
```
ブラウザで見たとき
![イメージ説明](b86ade74bac86788e132e5363b2fd0d1.png)
※テスト用の配列を0開始で作ってる関係で0が最初に来ています。
ただ、これにも問題があります。
「2じゃなくて3とかにしたい」となった場合に、書き換えが必要となります。
もう少しそこを汎用的に作ります。
先ほどの「明示的にその変数をOFFにしない限り最後の値が残っている」というのと
「tr閉じられないときは$th_tr_groupがリセットされていない」というのを利用します。
あとは「データ何個で折り返すか」変数を作り、上記までの対応を利用し、
その変数の数値をいじりながら出力結果を見て調整した結果、下記のような感じです。
```php
<?php
$row_point = 2;
?>
<table>
   <?php
   
   $i=0;
   $th_tr_group = "";
   foreach ($nArray as $key => $value){
       $th_tr_group .="
       <th>{$key}</th>
       <td>{$value}</td>\n";
       if($i%$row_point>=($row_point-1)){
           echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
           $th_tr_group = "";
       }
       $i++;
   }
   if($i%$row_point>=1){
       for($r=0;$r<($i%$row_point);$i++){//余りを空で埋める
           $th_tr_group .="
           <th></th>
           <td></td>\n";
       }
       echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
   }
?>
</table>
```
※結果は同じ。
$row_pointの値を変えるだけで1行の個数が変化し、残りを空で埋めるようになっています。
ちなみに、2,3は割と簡単ですが、4以上の調整に結構時間かかります。
$row_pointを3にしたとき(HTML出力結果)
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
</tr>
<tr>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
           <th></th>
           <td></td>
</tr>
</table>
```
4にしたとき
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
</tr>
<tr>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
           <th></th>
           <td></td>
           <th></th>
           <td></td>
           <th></th>
           <td></td>
</tr>
</table>
```
5にしたとき
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
</tr>
</table>
```
6にしたとき
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
           <th></th>
           <td></td>
</tr>
</table>
```
参考まで。
※HTMLコードのインデントなどはとりあえず無視で、結果出力だけあわせました。
インデントあわせたい場合はご自身で調整してください。
------------------
蛇足:
テストでたくさんデータを作ってみる。
```php
$nArray = [1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17];
$row_point = 6;
```
![イメージ説明](de74f467c5a9e9d69a216fe090ee24c3.png)
```php
$nArray = [1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25];
$row_point = 2;
```
![イメージ説明](76f1a4958b11614b11a383d9ae4d5e29.png)
同じデータで`$row_point = 3;`
![イメージ説明](41fbc918aa7e43306eb34a91b059fe57.png)
同じデータで`$row_point = 5;`
![イメージ説明](a07f540988ff33832525ef964a739021.png)
3 修正

m.ts10806

m.ts10806 score 66698

2019/02/26 22:05  投稿

こういう対応する場合、私は、まずは静的HTMLでゴールを作ってそれを目指していきます。
たぶんこんな感じ。
```html
<table>
   <tr>
       <th>1</th>
       <td>a</td>
       <th>2</th>
       <td>b</td>
   </tr>
   <tr>
       <th>3</th>
       <td>c</td>
       <th>4</th>
       <td>d</td>
   </tr>
   <tr>
       <th>5</th>
       <td>e</td>
       <th></th>
       <td></td>
   </tr>
</table>
```
ブラウザ表示結果
![イメージ説明](0692e2e1d4a9d40b75585f71d764997f.png)
最後、奇数になると埋める必要があると思ったので空の組みを1つ出しています。
ここで法則を見つけ出します。th-tdの組が2回あったあとにtrが閉められています。
それを実現すればいいわけですね。
「ループの回数が偶数であればtr閉め」となりますが、PHPに限らずに使われるのが余りを出す%を使った方法です。
「偶数」の場合は対象の値を%2とします。
ミニマムコード:
```php
for($i=0;$i<10;$i++){
   if($i%2===1){
       echo $i;
   }
}
//13579
```
これを応用して、いきます。
第一段階
```php
<table>
   <?php
   $i=0;
   $th_tr_group = "";
   foreach ($nArray as $key => $value){
       $th_tr_group .="
       <th>{$key}</th>
       <td>{$value}</td>\n";
       if($i%2===1){
           echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
           $th_tr_group = "";
       }
       $i++;
   }
?>
</table> 
```
実は、
このコードには1点問題があり、「奇数個データがあったときにそこが出力されない」という問題があります。
偶数のときにしかechoしていないためですね。
ここを「余ってたら出す」ようにする必要があります。
foreachなどループの関数には特性があり、「明示的にその変数をOFFにしない限り最後の値が残っている」となります。
ので、第2段階としては下記
```php
<table>
   <?php
   $i=0;
   $th_tr_group = "";
   foreach ($nArray as $key => $value){
       $th_tr_group .="
       <th>{$key}</th>
       <td>{$value}</td>\n";
       if($i%2===1){
           echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
           $th_tr_group = "";
       }
       $i++;
   }
echo "<tr>
   <th>{$key}</th>
   <td>{$value}</td>
   <th></th>
   <td></td>
</tr>";
?>
</table>
```
ブラウザで見たとき
![イメージ説明](b86ade74bac86788e132e5363b2fd0d1.png)
※テスト用の配列を0開始で作ってる関係で0が最初に来ています。
ただ、これにも問題があります。
「2じゃなくて3とかにしたい」となった場合に、書き換えが必要となります。
もう少しそこを汎用的に作ります。
先ほどの「明示的にその変数をOFFにしない限り最後の値が残っている」というのと
「tr閉じられないときは$th_tr_groupがリセットされていない」というのを利用します。
あとは「データ何個で折り返すか」変数を作り、上記までの対応を利用し、
その変数の数値をいじりながら出力結果を見て調整した結果、下記のような感じです。
```php
<?php
$row_point = 2;
?>
<table>
   <?php
   
   $i=0;
   $th_tr_group = "";
   foreach ($nArray as $key => $value){
       $th_tr_group .="
       <th>{$key}</th>
       <td>{$value}</td>\n";
       if($i%$row_point>=($row_point-1)){
           echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
           $th_tr_group = "";
       }
       $i++;
   }
   if($i%$row_point>=1){
       for($r=0;$r<($i%$row_point);$i++){//余りを空で埋める
           $th_tr_group .="
           <th></th>
           <td></td>\n";
       }
       echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
   }
?>
</table>
```
※結果は同じ。
$row_pointの値を変えるだけで1行の個数が変化し、残りを空で埋めるようになっています。
ちなみに、2,3は割と簡単ですが、4以上の調整に結構時間かかります。
$row_pointを3にしたとき(HTML出力結果)
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
</tr>
<tr>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
           <th></th>
           <td></td>
</tr>
</table>
```
4にしたとき
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
</tr>
<tr>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
           <th></th>
           <td></td>
           <th></th>
           <td></td>
           <th></th>
           <td></td>
</tr>
</table>
```
5にしたとき
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
</tr>
</table>
```
6にしたとき
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
           <th></th>
           <td></td>
</tr>
</table>
```
参考まで。
※HTMLコードのインデントなどはとりあえず無視で、結果出力だけあわせました。
インデントあわせたい場合はご自身で調整してください。
------------------  
蛇足:  
 
テストでたくさんデータを作ってみる。
```php
$nArray = [1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17];
$row_point = 6;
```
![イメージ説明](de74f467c5a9e9d69a216fe090ee24c3.png)
```php
$nArray = [1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25];
$row_point = 2;
```
![イメージ説明](76f1a4958b11614b11a383d9ae4d5e29.png)
同じデータで`$row_point = 3;`
![イメージ説明](41fbc918aa7e43306eb34a91b059fe57.png)
同じデータで`$row_point = 5;`
![イメージ説明](a07f540988ff33832525ef964a739021.png)
2 修正

m.ts10806

m.ts10806 score 66698

2019/02/26 22:04  投稿

こういう対応する場合、私は、まずは静的HTMLでゴールを作ってそれを目指していきます。
たぶんこんな感じ。
```html
<table>
   <tr>
       <th>1</th>
       <td>a</td>
       <th>2</th>
       <td>b</td>
   </tr>
   <tr>
       <th>3</th>
       <td>c</td>
       <th>4</th>
       <td>d</td>
   </tr>
   <tr>
       <th>5</th>
       <td>e</td>
       <th></th>
       <td></td>
   </tr>
</table>
```
ブラウザ表示結果
![イメージ説明](0692e2e1d4a9d40b75585f71d764997f.png)
最後、奇数になると埋める必要があると思ったので空の組みを1つ出しています。
ここで法則を見つけ出します。th-tdの組が2回あったあとにtrが閉められています。
それを実現すればいいわけですね。
「ループの回数が偶数であればtr閉め」となりますが、PHPに限らずに使われるのが余りを出す%を使った方法です。
「偶数」の場合は対象の値を%2とします。
ミニマムコード:
```php
for($i=0;$i<10;$i++){
   if($i%2){
   if($i%2===1){
       echo $i;
   }
}
//13579
```
これを応用して、いきます。
第一段階
```php
<table>
   <?php
   $i=0;
   $th_tr_group = "";
   foreach ($nArray as $key => $value){
       $th_tr_group .="
       <th>{$key}</th>
       <td>{$value}</td>\n";
       if($i%2){
       if($i%2===1){
           echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
           $th_tr_group = "";
       }
       $i++;
   }
?>
</table> 
```
実は、
このコードには1点問題があり、「奇数個データがあったときにそこが出力されない」という問題があります。
偶数のときにしかechoしていないためですね。
ここを「余ってたら出す」ようにする必要があります。
foreachなどループの関数には特性があり、「明示的にその変数をOFFにしない限り最後の値が残っている」となります。
ので、第2段階としては下記
```php
<table>
   <?php
   $i=0;
   $th_tr_group = "";
   foreach ($nArray as $key => $value){
       $th_tr_group .="
       <th>{$key}</th>
       <td>{$value}</td>\n";
       if($i%2===1){
           echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
           $th_tr_group = "";
       }
       $i++;
   }
echo "<tr>
   <th>{$key}</th>
   <td>{$value}</td>
   <th></th>
   <td></td>
</tr>";
?>
</table>
```
ブラウザで見たとき
![イメージ説明](b86ade74bac86788e132e5363b2fd0d1.png)
※テスト用の配列を0開始で作ってる関係で0が最初に来ています。
ただ、これにも問題があります。
「2じゃなくて3とかにしたい」となった場合に、書き換えが必要となります。
もう少しそこを汎用的に作ります。
先ほどの「明示的にその変数をOFFにしない限り最後の値が残っている」というのと
「tr閉じられないときは$th_tr_groupがリセットされていない」というのを利用します。
あとは「データ何個で折り返すか」変数を作り、上記までの対応を利用し、
その変数の数値をいじりながら出力結果を見て調整した結果、下記のような感じです。
```php
<?php
$row_point = 2;
?>
<table>
   <?php
   
   $i=0;
   $th_tr_group = "";
   foreach ($nArray as $key => $value){
       $th_tr_group .="
       <th>{$key}</th>
       <td>{$value}</td>\n";
       if($i%$row_point>=($row_point-1)){
           echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
           $th_tr_group = "";
       }
       $i++;
   }
   if($i%$row_point>=1){
       for($r=0;$r<($i%$row_point);$i++){//余りを空で埋める
           $th_tr_group .="
           <th></th>
           <td></td>\n";
       }
       echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
   }
?>
</table>
```
※結果は同じ。
$row_pointの値を変えるだけで1行の個数が変化し、残りを空で埋めるようになっています。
ちなみに、2,3は割と簡単ですが、4以上の調整に結構時間かかります。
$row_pointを3にしたとき(HTML出力結果)
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
</tr>
<tr>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
           <th></th>
           <td></td>
</tr>
</table>
```
4にしたとき
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
</tr>
<tr>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
           <th></th>
           <td></td>
           <th></th>
           <td></td>
           <th></th>
           <td></td>
</tr>
</table>
```
5にしたとき
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
</tr>
</table>
```
6にしたとき
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
           <th></th>
           <td></td>
</tr>
</table>
```
参考まで。
※HTMLコードのインデントなどはとりあえず無視で、結果出力だけあわせました。
インデントあわせたい場合はご自身で調整してください。
テストでたくさんデータを作ってみる。
```php
$nArray = [1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17];
$row_point = 6;
```
![イメージ説明](de74f467c5a9e9d69a216fe090ee24c3.png)
```php
$nArray = [1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25];
$row_point = 2;
```
![イメージ説明](76f1a4958b11614b11a383d9ae4d5e29.png)
同じデータで`$row_point = 3;`
![イメージ説明](41fbc918aa7e43306eb34a91b059fe57.png)
同じデータで`$row_point = 5;`
![イメージ説明](a07f540988ff33832525ef964a739021.png)
1 修正

m.ts10806

m.ts10806 score 66698

2019/02/26 22:02  投稿

こういう対応する場合、私は、まずは静的HTMLでゴールを作ってそれを目指していきます。
たぶんこんな感じ。
```html
<table>
   <tr>
       <th>1</th>
       <td>a</td>
       <th>2</th>
       <td>b</td>
   </tr>
   <tr>
       <th>3</th>
       <td>c</td>
       <th>4</th>
       <td>d</td>
   </tr>
   <tr>
       <th>5</th>
       <td>e</td>
       <th></th>
       <td></td>
   </tr>
</table>
```
ブラウザ表示結果
![イメージ説明](0692e2e1d4a9d40b75585f71d764997f.png)
最後、奇数になると埋める必要があると思ったので空の組みを1つ出しています。
ここで法則を見つけ出します。th-tdの組が2回あったあとにtrが閉められています。
それを実現すればいいわけですね。
「ループの回数が偶数であればtr閉め」となりますが、PHPに限らずに使われるのが余りを出す%を使った方法です。
「偶数」の場合は対象の値を%2とします。
ミニマムコード:
```php
for($i=0;$i<10;$i++){
   if($i%2){
       echo $i;
   }
}
//13579
```
これを応用して、いきます。
第一段階
```php
<table>
   <?php
   $i=0;
   $th_tr_group = "";
   foreach ($nArray as $key => $value){
       $th_tr_group .="
       <th>{$key}</th>
       <td>{$value}</td>\n";
       if($i%2){
           echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
           $th_tr_group = "";
       }
       $i++;
   }
?>
</table> 
```
実は、
このコードには1点問題があり、「奇数個データがあったときにそこが出力されない」という問題があります。
偶数のときにしかechoしていないためですね。
ここを「余ってたら出す」ようにする必要があります。
foreachなどループの関数には特性があり、「明示的にその変数をOFFにしない限り最後の値が残っている」となります。
ので、第2段階としては下記
```php
<table>
   <?php
   $i=0;
   $th_tr_group = "";
   foreach ($nArray as $key => $value){
       $th_tr_group .="
       <th>{$key}</th>
       <td>{$value}</td>\n";
       if($i%2===1){
           echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
           $th_tr_group = "";
       }
       $i++;
   }
echo "<tr>
   <th>{$key}</th>
   <td>{$value}</td>
   <th></th>
   <td></td>
</tr>";
?>
</table>
```
ブラウザで見たとき
![イメージ説明](b86ade74bac86788e132e5363b2fd0d1.png)
※テスト用の配列を0開始で作ってる関係で0が最初に来ています。
ただ、これにも問題があります。
「2じゃなくて3とかにしたい」となった場合に、書き換えが必要となります。
もう少しそこを汎用的に作ります。
先ほどの「明示的にその変数をOFFにしない限り最後の値が残っている」というのと
「tr閉じられないときは$th_tr_groupがリセットされていない」というのを利用します。
あとは「データ何個で折り返すか」変数を作り、上記までの対応を利用し、
その変数の数値をいじりながら出力結果を見て調整した結果、下記のような感じです。
```php
<?php
$row_point = 2;
?>
<table>
   <?php
   
   $i=0;
   $th_tr_group = "";
   foreach ($nArray as $key => $value){
       $th_tr_group .="
       <th>{$key}</th>
       <td>{$value}</td>\n";
       if($i%$row_point>=($row_point-1)){
           echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
           $th_tr_group = "";
       }
       $i++;
   }
   if($i%$row_point>=1){
       for($r=0;$r<($i%$row_point);$i++){//余りを空で埋める
           $th_tr_group .="
           <th></th>
           <td></td>\n";
       }
       echo "<tr>{$th_tr_group}</tr>\n";
   }
?>
</table>
```
※結果は同じ。
$row_pointの値を変えるだけで1行の個数が変化し、残りを空で埋めるようになっています。
ちなみに、2,3は割と簡単ですが、4以上の調整に結構時間かかります。
$row_pointを3にしたとき(HTML出力結果)
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
</tr>
<tr>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
           <th></th>
           <td></td>
</tr>
</table>
```
4にしたとき
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
</tr>
<tr>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
           <th></th>
           <td></td>
           <th></th>
           <td></td>
           <th></th>
           <td></td>
</tr>
</table>
```
5にしたとき
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
</tr>
</table>
```
6にしたとき
```html
<table>
   <tr>
       <th>0</th>
       <td>a</td>
       <th>1</th>
       <td>b</td>
       <th>2</th>
       <td>c</td>
       <th>3</th>
       <td>d</td>
       <th>4</th>
       <td>e</td>
           <th></th>
           <td></td>
</tr>
</table>
```
参考まで。
※HTMLコードのインデントなどはとりあえず無視で、結果出力だけあわせました。
インデントあわせたい場合はご自身で調整してください。
インデントあわせたい場合はご自身で調整してください。
テストでたくさんデータを作ってみる。
```php
$nArray = [1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17];
$row_point = 6;
```
![イメージ説明](de74f467c5a9e9d69a216fe090ee24c3.png)
```php
$nArray = [1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25];
$row_point = 2;
```
![イメージ説明](76f1a4958b11614b11a383d9ae4d5e29.png)
同じデータで`$row_point = 3;`
![イメージ説明](41fbc918aa7e43306eb34a91b059fe57.png)
同じデータで`$row_point = 5;`
![イメージ説明](a07f540988ff33832525ef964a739021.png)

思考するエンジニアのためのQ&Aサイト「teratail」について詳しく知る