回答編集履歴

1 追記:AdafruitのMini Thermal Receipt Printer

mt08

mt08 score 1463

2018/12/30 09:16  投稿

otyappa_devさん、
ドライバ入手先として書かれていたサイトからダウンロードした、`58MMThermalrecieptprinter.zip`の中の、`/Linux Printer Driver Software/linux32bit/install58`を見てみましたが、ここから、解凍されるドライバは、Intel CPUのもので、ARMのRaspberryPiでは使用できません。
```
$ file rastertozj
rastertozj: ELF 32-bit LSB executable, Intel 80386, version 1 (SYSV), dynamically linked, interpreter /lib/ld-linux.so.2, for GNU/Linux 2.6.15, BuildID[sha1]=844905193e8c3faaac51a35b89572b2054ed4853, not stripped
```
また、`/dev/ttyAMA0`は、GPIOピンヘッダーのとこから出ているUART(シリアルポート)なので、USBで接続している、ということであれば、デバイス名が違います。
通常USBのシリアルポートは、`/dev/ttyUSB0` というようなデバイス名になります。
上記のドライバをインストールする前に、そういったデバイスがありませんでしたか?
lsusbで表示されている、↓をみると、com portになるような感じがしますが、どうでしょう?
> `Bus 001 Device 007: ID 0416:5011 Winbond Electronics Corp. Virtual Com Port`
うまくシリアル通信ができるようになれば、[このサイト](http://scruss.com/blog/2015/07/12/thermal-printer-driver-for-cups-linux-and-raspberry-pi-zj-58/)あたりを参考に、CUPSのドライバを入れてみるのはどうでしょうか。
うまくシリアル通信ができるようになれば、[このサイト](http://scruss.com/blog/2015/07/12/thermal-printer-driver-for-cups-linux-and-raspberry-pi-zj-58/)あたりを参考に、CUPSのドライバを入れてみるのはどうでしょうか。
ちなみに、似たようなサーマルプリンタで、[AdafruitのMini Thermal Receipt Printer](https://www.adafruit.com/product/597)は、
RaspberryPiのGPIO PinのGND,TXD,RXDに接続して使用するので、`/dev/ttyAMA0`を使用して、通信するようです。

思考するエンジニアのためのQ&Aサイト「teratail」について詳しく知る