回答編集履歴

6 修正

dyoshikawa

dyoshikawa score 1654

2018/08/19 11:05  投稿

apacheは起動できているか?
apacheのdocument root設定は適切か?を確認する必要があります。
# 追記
私の手元で試しました。
`Vagrantfile`
```
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :
# All Vagrant configuration is done below. The "2" in Vagrant.configure
# configures the configuration version (we support older styles for
# backwards compatibility). Please don't change it unless you know what
# you're doing.
Vagrant.configure("2") do |config|
 config.vm.box = "ubuntu/trusty64"
 config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
end
```
```
vagrant up
vagrant ssh
```
仮想マシンの中に入ったら、以下を順に実行。
```
$ sudo apt update -y
$ sudo apt install -y apache2
$ sudo apachectl status
AH00558: apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 10.0.2.15. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message
httpd (pid 2831) already running # ←already runningが出ているかを確認しましょう
```
`localhost:8080` をブラウザで見る→ `Apace2 Ubuntu Default Page` が表示される
まずはここまで確認して下さい。
# 追記2
私の仮想環境でもPHPを入れました。
```
$ sudo apt install -y php5 # とりあえずphp5を入れました
```
apacheの設定ファイルは `/etc/apache2` 配下にあります。
今回チェックしないといけないのは `/etc/apache2/sites-enabled/000-default.conf` です。
見てみましょう。
```
$ cat /etc/apache2/sites-enabled/000-default.conf
<VirtualHost *:80>
   # The ServerName directive sets the request scheme, hostname and port that
   # the server uses to identify itself. This is used when creating
   # redirection URLs. In the context of virtual hosts, the ServerName
   # specifies what hostname must appear in the request's Host: header to
   # match this virtual host. For the default virtual host (this file) this
   # value is not decisive as it is used as a last resort host regardless.
   # However, you must set it for any further virtual host explicitly.
   #ServerName www.example.com
   ServerAdmin webmaster@localhost
   DocumentRoot /var/www/html
   # Available loglevels: trace8, ..., trace1, debug, info, notice, warn,
   # error, crit, alert, emerg.
   # It is also possible to configure the loglevel for particular
   # modules, e.g.
   #LogLevel info ssl:warn
   ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
   CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined
   # For most configuration files from conf-available/, which are
   # enabled or disabled at a global level, it is possible to
   # include a line for only one particular virtual host. For example the
   # following line enables the CGI configuration for this host only
   # after it has been globally disabled with "a2disconf".
   #Include conf-available/serve-cgi-bin.conf
</VirtualHost>
```
ワーッと出てきてよく分からないと思いますが、見るべきは `DocumentRoot` という項目です。
```
DocumentRoot /var/www/html
```
`/var/www/html` とあります。
ここにファイルを置くとサーバが見てくれます。
すでにここには `index.html` があります。
先程の `Apace2 Ubuntu Default Page` を表示するhtmlファイルですね。
```
$ ls /var/www/html/index.html
index.html # ←Apace2 Ubuntu Default Page用のファイル
```
実際に動作確認してみます。
`/var/www/html` 下に `phptest` というフォルダを作ります。
この下にテストファイルを置きます。
```
$ sudo mkdir /var/www/html/phptest
```
で、テスト用のPHPファイルを作りますが、その前に `html` フォルダ以下の権限を緩めておきます。
これは危険な設定なので外部に公開する本番サーバではNGです。
```
$ sudo chmod 777 -R /var/www/html
```
`phpinfo.php` ファイルを作成します。
```
$ echo "<?php phpinfo();" > /var/www/html/phptest/phpinfo.php
```
これでファイルが作成できました。
では、ブラウザから `localhost:8080/phptest/phpinfo.php` を見て下さい。
`PHP INFO` ページが確認できれば、後は自力でできそうではないですか?
如何でしょうか?
# 追記3
> 自分で作成したファイルをphptestフォルダに入れたいのですがこれはどこにあるのでしょうか?
Macと仮想マシン間で **ストレージの同期** を行う必要があります。
`Vagrantfile` に `config.vm.synced_folder` を追記します。
```
Vagrant.configure("2") do |config|
 config.vm.box = "ubuntu/trusty64"
 config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
 config.vm.synced_folder "./html", "/var/www/html" # ←追記
 config.vm.synced_folder "./", "/var/www/html" # ←追記
end
```
仮想マシンを再起動して設定を反映。
```
vagrant reload --provision
```
するとMac上に `html` フォルダができて、中身が仮想マシンの `/var/www/html` とシンクロするはずです。
すると `Vagrantfile` が置かれているフォルダが仮想マシンの `/var/www/html` とシンクロするはずです。
[http://laraweb.net/environment/84/](http://laraweb.net/environment/84/)
5 追記3

dyoshikawa

dyoshikawa score 1654

2018/08/19 11:01  投稿

apacheは起動できているか?
apacheのdocument root設定は適切か?を確認する必要があります。
# 追記
私の手元で試しました。
`Vagrantfile`
```
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :
# All Vagrant configuration is done below. The "2" in Vagrant.configure
# configures the configuration version (we support older styles for
# backwards compatibility). Please don't change it unless you know what
# you're doing.
Vagrant.configure("2") do |config|
 config.vm.box = "ubuntu/trusty64"
 config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
end
```
```
vagrant up
vagrant ssh
```
仮想マシンの中に入ったら、以下を順に実行。
```
$ sudo apt update -y
$ sudo apt install -y apache2
$ sudo apachectl status
AH00558: apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 10.0.2.15. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message
httpd (pid 2831) already running # ←already runningが出ているかを確認しましょう
```
`localhost:8080` をブラウザで見る→ `Apace2 Ubuntu Default Page` が表示される
まずはここまで確認して下さい。
# 追記2
私の仮想環境でもPHPを入れました。
```
$ sudo apt install -y php5 # とりあえずphp5を入れました
```
apacheの設定ファイルは `/etc/apache2` 配下にあります。
今回チェックしないといけないのは `/etc/apache2/sites-enabled/000-default.conf` です。
見てみましょう。
```
$ cat /etc/apache2/sites-enabled/000-default.conf
<VirtualHost *:80>
   # The ServerName directive sets the request scheme, hostname and port that
   # the server uses to identify itself. This is used when creating
   # redirection URLs. In the context of virtual hosts, the ServerName
   # specifies what hostname must appear in the request's Host: header to
   # match this virtual host. For the default virtual host (this file) this
   # value is not decisive as it is used as a last resort host regardless.
   # However, you must set it for any further virtual host explicitly.
   #ServerName www.example.com
   ServerAdmin webmaster@localhost
   DocumentRoot /var/www/html
   # Available loglevels: trace8, ..., trace1, debug, info, notice, warn,
   # error, crit, alert, emerg.
   # It is also possible to configure the loglevel for particular
   # modules, e.g.
   #LogLevel info ssl:warn
   ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
   CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined
   # For most configuration files from conf-available/, which are
   # enabled or disabled at a global level, it is possible to
   # include a line for only one particular virtual host. For example the
   # following line enables the CGI configuration for this host only
   # after it has been globally disabled with "a2disconf".
   #Include conf-available/serve-cgi-bin.conf
</VirtualHost>
```
ワーッと出てきてよく分からないと思いますが、見るべきは `DocumentRoot` という項目です。
```
DocumentRoot /var/www/html
```
`/var/www/html` とあります。
ここにファイルを置くとサーバが見てくれます。
すでにここには `index.html` があります。
先程の `Apace2 Ubuntu Default Page` を表示するhtmlファイルですね。
```
$ ls /var/www/html/index.html
index.html # ←Apace2 Ubuntu Default Page用のファイル
```
実際に動作確認してみます。
`/var/www/html` 下に `phptest` というフォルダを作ります。
この下にテストファイルを置きます。
```
$ sudo mkdir /var/www/html/phptest
```
で、テスト用のPHPファイルを作りますが、その前に `html` フォルダ以下の権限を緩めておきます。
これは危険な設定なので外部に公開する本番サーバではNGです。
```
$ sudo chmod 777 -R /var/www/html
```
`phpinfo.php` ファイルを作成します。
```
$ echo "<?php phpinfo();" > /var/www/html/phptest/phpinfo.php
```
これでファイルが作成できました。
では、ブラウザから `localhost:8080/phptest/phpinfo.php` を見て下さい。
`PHP INFO` ページが確認できれば、後は自力でできそうではないですか?
如何でしょうか?
如何でしょうか?
# 追記3
> 自分で作成したファイルをphptestフォルダに入れたいのですがこれはどこにあるのでしょうか?
Macと仮想マシン間で **ストレージの同期** を行う必要があります。
`Vagrantfile` に `config.vm.synced_folder` を追記します。
```
Vagrant.configure("2") do |config|
 config.vm.box = "ubuntu/trusty64"
 config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
 config.vm.synced_folder "./html", "/var/www/html" # ←追記
end
```
仮想マシンを再起動して設定を反映。
```
vagrant reload --provision
```
するとMac上に `html` フォルダができて、中身が仮想マシンの `/var/www/html` とシンクロするはずです。
[http://laraweb.net/environment/84/](http://laraweb.net/environment/84/)
4 修正

dyoshikawa

dyoshikawa score 1654

2018/08/19 01:11  投稿

apacheは起動できているか?
apacheのdocument root設定は適切か?を確認する必要があります。
# 追記
私の手元で試しました。
`Vagrantfile`
```
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :
# All Vagrant configuration is done below. The "2" in Vagrant.configure
# configures the configuration version (we support older styles for
# backwards compatibility). Please don't change it unless you know what
# you're doing.
Vagrant.configure("2") do |config|
 config.vm.box = "ubuntu/trusty64"
 config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
end
```
```
vagrant up
vagrant ssh
```
仮想マシンの中に入ったら、以下を順に実行。
```
$ sudo apt update -y
$ sudo apt install -y apache2
$ sudo apachectl status
AH00558: apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 10.0.2.15. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message
httpd (pid 2831) already running # ←already runningが出ているかを確認しましょう
```
`localhost:8080` をブラウザで見る→ `Apace2 Ubuntu Default Page` が表示される
まずはここまで確認して下さい。
# 追記2
私の環境でもPHPを入れました。
私の仮想環境でもPHPを入れました。
```
sudo apt install -y php5 # とりあえずphp5を入れました
$ sudo apt install -y php5 # とりあえずphp5を入れました
```
apacheの設定ファイルは `/etc/apache2` 配下にあります。
今回チェックしないといけないのは `/etc/apache2/sites-enabled/000-default.conf` です。
見てみましょう。
```
$ cat /etc/apache2/sites-enabled/000-default.conf
<VirtualHost *:80>
   # The ServerName directive sets the request scheme, hostname and port that
   # the server uses to identify itself. This is used when creating
   # redirection URLs. In the context of virtual hosts, the ServerName
   # specifies what hostname must appear in the request's Host: header to
   # match this virtual host. For the default virtual host (this file) this
   # value is not decisive as it is used as a last resort host regardless.
   # However, you must set it for any further virtual host explicitly.
   #ServerName www.example.com
   ServerAdmin webmaster@localhost
   DocumentRoot /var/www/html
   # Available loglevels: trace8, ..., trace1, debug, info, notice, warn,
   # error, crit, alert, emerg.
   # It is also possible to configure the loglevel for particular
   # modules, e.g.
   #LogLevel info ssl:warn
   ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
   CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined
   # For most configuration files from conf-available/, which are
   # enabled or disabled at a global level, it is possible to
   # include a line for only one particular virtual host. For example the
   # following line enables the CGI configuration for this host only
   # after it has been globally disabled with "a2disconf".
   #Include conf-available/serve-cgi-bin.conf
</VirtualHost>
```
ワーッと出てきてよく分からないと思いますが、見るべきは `DocumentRoot` という項目です。
```
DocumentRoot /var/www/html
```
`/var/www/html` とあります。
ここにファイルを置くとサーバが見てくれます。
すでにここには `index.html` があります。
先程の `Apace2 Ubuntu Default Page` を表示するhtmlファイルですね。
```
$ ls /var/www/html/index.html
index.html # ←Apace2 Ubuntu Default Page用のファイル
```
実際に動作確認してみます。
`/var/www/html` 下に `phptest` というフォルダを作ります。
この下にテストファイルを置きます。
```
$ sudo mkdir /var/www/html/phptest
```
で、テスト用のPHPファイルを作りますが、その前に `html` フォルダ以下の権限を緩めておきます。
これは危険な設定なので外部に公開する本番サーバではNGです。
```
sudo chmod 777 -R /var/www/html
$ sudo chmod 777 -R /var/www/html
```
`phpinfo.php` ファイルを作成します。
```
$ echo "<?php phpinfo();" > /var/www/html/phptest/phpinfo.php
```
これでファイルが作成できました。
では、ブラウザから `localhost:8080/phptest/phpinfo.php` を見て下さい。
`PHP INFO` ページが確認できれば、後は自力でできそうではないですか?
如何でしょうか?
3 追記2

dyoshikawa

dyoshikawa score 1654

2018/08/19 01:04  投稿

apacheは起動できているか?
apacheのdocument root設定は適切か?を確認する必要があります。
# 追記
私の手元で試しました。
`Vagrantfile`
```
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :
# All Vagrant configuration is done below. The "2" in Vagrant.configure
# configures the configuration version (we support older styles for
# backwards compatibility). Please don't change it unless you know what
# you're doing.
Vagrant.configure("2") do |config|
 config.vm.box = "ubuntu/trusty64"
 config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
end
```
```
vagrant up
vagrant ssh
```
仮想マシンの中に入ったら、以下を順に実行。
```
$ sudo apt update -y
$ sudo apt install -y apache2
$ sudo apachectl status
AH00558: apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 10.0.2.15. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message
httpd (pid 2831) already running # ←already runningが出ているかを確認しましょう
```
`localhost:8080` をブラウザで見る→ `Apace2 Ubuntu Default Page` が表示される
まずはここまで確認して下さい。
まずはここまで確認して下さい。
# 追記2
私の環境でもPHPを入れました。
```
sudo apt install -y php5 # とりあえずphp5を入れました
```
apacheの設定ファイルは `/etc/apache2` 配下にあります。
今回チェックしないといけないのは `/etc/apache2/sites-enabled/000-default.conf` です。
見てみましょう。
```
$ cat /etc/apache2/sites-enabled/000-default.conf
<VirtualHost *:80>
   # The ServerName directive sets the request scheme, hostname and port that
   # the server uses to identify itself. This is used when creating
   # redirection URLs. In the context of virtual hosts, the ServerName
   # specifies what hostname must appear in the request's Host: header to
   # match this virtual host. For the default virtual host (this file) this
   # value is not decisive as it is used as a last resort host regardless.
   # However, you must set it for any further virtual host explicitly.
   #ServerName www.example.com
   ServerAdmin webmaster@localhost
   DocumentRoot /var/www/html
   # Available loglevels: trace8, ..., trace1, debug, info, notice, warn,
   # error, crit, alert, emerg.
   # It is also possible to configure the loglevel for particular
   # modules, e.g.
   #LogLevel info ssl:warn
   ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
   CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined
   # For most configuration files from conf-available/, which are
   # enabled or disabled at a global level, it is possible to
   # include a line for only one particular virtual host. For example the
   # following line enables the CGI configuration for this host only
   # after it has been globally disabled with "a2disconf".
   #Include conf-available/serve-cgi-bin.conf
</VirtualHost>
```
ワーッと出てきてよく分からないと思いますが、見るべきは `DocumentRoot` という項目です。
```
DocumentRoot /var/www/html
```
`/var/www/html` とあります。
ここにファイルを置くとサーバが見てくれます。
すでにここには `index.html` があります。
先程の `Apace2 Ubuntu Default Page` を表示するhtmlファイルですね。
```
$ ls /var/www/html/index.html
index.html # ←Apace2 Ubuntu Default Page用のファイル
```
実際に動作確認してみます。
`/var/www/html` 下に `phptest` というフォルダを作ります。
この下にテストファイルを置きます。
```
$ sudo mkdir /var/www/html/phptest
```
で、テスト用のPHPファイルを作りますが、その前に `html` フォルダ以下の権限を緩めておきます。
これは危険な設定なので外部に公開する本番サーバではNGです。
```
sudo chmod 777 -R /var/www/html
```
`phpinfo.php` ファイルを作成します。
```
$ echo "<?php phpinfo();" > /var/www/html/phptest/phpinfo.php
```
これでファイルが作成できました。
では、ブラウザから `localhost:8080/phptest/phpinfo.php` を見て下さい。
`PHP INFO` ページが確認できれば、後は自力でできそうではないですか?
如何でしょうか?
2 修正

dyoshikawa

dyoshikawa score 1654

2018/08/18 21:40  投稿

apacheは起動できているか?
apacheのdocument root設定は適切か?を確認する必要があります。
# 追記
私の手元で試しました。
`Vagrantfile`
```
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :
# All Vagrant configuration is done below. The "2" in Vagrant.configure
# configures the configuration version (we support older styles for
# backwards compatibility). Please don't change it unless you know what
# you're doing.
Vagrant.configure("2") do |config|
 config.vm.box = "ubuntu/trusty64"
 config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
end
```
```
vagrant up
vagrant ssh
```
仮想マシンの中に入ったら、以下を順に実行。
```
$ sudo apt update -y
$ sudo apt install -y apache2
$ sudo apachectl start
$ sudo apachectl status
AH00558: apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 10.0.2.15. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message
httpd (pid 2831) already running
httpd (pid 2831) already running # ←already runningが出ているかを確認しましょう
```
`localhost:8080` をブラウザで見る→ `Apace2 Ubuntu Default Page` が表示される
まずはここまで確認して下さい。
1 追記

dyoshikawa

dyoshikawa score 1654

2018/08/18 21:39  投稿

apacheは起動できているか?
apacheのdocument root設定は適切か?を確認する必要があります。
apacheのdocument root設定は適切か?を確認する必要があります。
# 追記
私の手元で試しました。
`Vagrantfile`
```
# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :
# All Vagrant configuration is done below. The "2" in Vagrant.configure
# configures the configuration version (we support older styles for
# backwards compatibility). Please don't change it unless you know what
# you're doing.
Vagrant.configure("2") do |config|
 config.vm.box = "ubuntu/trusty64"
 config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
end
```
```
vagrant up
vagrant ssh
```
仮想マシンの中に入ったら、以下を順に実行。
```
$ sudo apt update -y
$ sudo apt install -y apache2
$ sudo apachectl start
AH00558: apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 10.0.2.15. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message
httpd (pid 2831) already running
```
`localhost:8080` をブラウザで見る→ `Apace2 Ubuntu Default Page` が表示される
まずはここまで確認して下さい。

思考するエンジニアのためのQ&Aサイト「teratail」について詳しく知る