質問編集履歴

8 リンクの修正

namnium1125

namnium1125 score 1836

2018/06/14 23:25  投稿

PandocでMarkdownをLaTeXにしたいのですが。。
お世話になっています。
部分的にLaTeXを使いつつ、Markdownでレポートを書きたいと思い、いくつかのサイト(例えば[Markdownで爆速LaTeXレポート - ロボット・IT雑食日記](http://www.yukisako.xyz/entry/2015/12/12/180830)(リンク切れ)など)を参考にPandocを使用してみたのですが、コードブロックが入ると、`Highlighting`環境や`Shaded`環境、`NormalTok{}`など、未定義のものが入ってきて、dviに変換するときに、pLaTeX、LuaLaTeXともにエラーになってしまいます。
部分的にLaTeXを使いつつ、Markdownでレポートを書きたいと思い、いくつかのサイト(例えば[Markdownで爆速LaTeXレポート | ロボット・IT雑食日記](https://www.yukisako.xyz/entry/2015-12-12-180830)など)を参考にPandocを使用してみたのですが、コードブロックが入ると、`Highlighting`環境や`Shaded`環境、`NormalTok{}`など、未定義のものが入ってきて、dviに変換するときに、pLaTeX、LuaLaTeXともにエラーになってしまいます。
おそらくLaTeXとして出力させず、内部的にLaTeXを使用させてpdfまで自動で変換させる場合は定義されているのでしょうけど、いったいどこに定義があるのかが皆目見当が付きません。
[Pandoc ユーザーズガイド 日本語版 - Japanese Pandoc User's Association pdfを作成する](http://sky-y.github.io/site-pandoc-jp/users-guide#creating-a-pdf)にあるパッケージはエラーが出なかったものに関してはすべて有効化しましたが、この中にも定義はなかったようです。
最後に[Pandoc Markdown -> latex with syntax highlighting](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)というページにたどり着き、この中のコードをコピペして実行してみました。しかし、pLaTeX、LuaLaTeXの両方で試しましたがどちらでも`\fi`の箇所でエラーとなってしまい、うまくいきませんでした。
コピペと言っている時点でお分かりかと思いますが、LaTeXの仕組みについてはほとんど知識がありません。(TeXとLaTeXが違うことを今回の問題で初めて知ったレベルです。)
もし、似たような問題に遭遇した方がおりましたら、回答していただけるとありがたいです。
回答よろしくお願いします。m(_ _)m
#
あまり参考にならない&いろいろと間違っていると考えられる現在用意しているプリアンブル部です。一部は[先ほど載せたURL](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)の完全なコピペです。
```
\documentclass[autodetect-engine,dvipdfmx-if-dvi,ja=standard]{bxjsarticle}
% [11pt,a4paper]
%
\usepackage{geometry}
\geometry{top=30truemm,bottom=30truemm,left=25truemm,right=25truemm}
\usepackage{here}
\usepackage{amssymb}
\usepackage{amsmath}
\usepackage{ifxetex}
\usepackage{ifluatex}
\usepackage{longtable}
\usepackage{booktabs}
\usepackage{url}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{hyperref}
\usepackage{ulem}
\ifxetex
 \usepackage{fontspec,xltxtra,xunicode}
 \defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
 \newcommand{\euro}{€}
\else
 \ifluatex
   \usepackage{fontspec}
   \defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
   \newcommand{\euro}{€}
 \else
   \usepackage[utf8]{inputenc}
   \usepackage{eurosym}
 \fi
\fi
\usepackage{color}
\usepackage{fancyvrb}
\DefineShortVerb[commandchars=\\\{\}]{\|}
\DefineVerbatimEnvironment{Highlighting}{Verbatim}{commandchars=\\\{\}}
% Add ',fontsize=\small' for more characters per line
\newenvironment{Shaded}{}{}
\newcommand{\KeywordTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{\textbf{{#1}}}}
\newcommand{\DataTypeTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.56,0.13,0.00}{{#1}}}
\newcommand{\DecValTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\newcommand{\BaseNTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\newcommand{\FloatTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\newcommand{\CharTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\newcommand{\StringTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\newcommand{\CommentTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.38,0.63,0.69}{\textit{{#1}}}}
\newcommand{\OtherTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{{#1}}}
\newcommand{\AlertTok}[1]{\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\textbf{{#1}}}}
\newcommand{\FunctionTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.02,0.16,0.49}{{#1}}}
\newcommand{\RegionMarkerTok}[1]{{#1}}
\newcommand{\ErrorTok}[1]{\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\textbf{{#1}}}}
\newcommand{\NormalTok}[1]{{#1}}
\ifxetex
 \usepackage[setpagesize=false, % page size defined by xetex
             unicode=false, % unicode breaks when used with xetex
             xetex,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\else
 \usepackage[unicode=true,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\fi
\hypersetup{breaklinks=true, pdfborder={0 0 0}}
\setlength{\parindent}{0pt}
\setlength{\parskip}{6pt plus 2pt minus 1pt}
\setlength{\emergencystretch}{3em} % prevent overfull lines
\setcounter{secnumdepth}{0}
\EndDefineVerbatimEnvironment{Highlighting}
\begin{document}
\input{main.tex}
\end{document}
```
main.mdの例です。(`\`は表現上入れましたが実際はありません。)
```md
# main.texの中身
\```python
print("Shaded & Highlighting環境")
\```
\```
verbatim環境
\```
`文中コード`
```
Pandocを通した後のmain.texの中身です。
```
\hypertarget{main.texux306eux4e2dux8eab}{%
\section{main.texの中身}\label{main.texux306eux4e2dux8eab}}
\begin{Shaded}
\begin{Highlighting}[]
\BuiltInTok{print}\NormalTok{(}\StringTok{"Shaded & Highlighting環境"}\NormalTok{)}
\end{Highlighting}
\end{Shaded}
\begin{verbatim}
verbatim環境
\end{verbatim}
\texttt{文中コード}
```
バージョンなど :
- 実行環境 : Windows 10 MINGW64
- pandoc : pandoc.exe 2.2.1
- TeX関連 : TeX Live 2018
他に確認が必要な項目があれば修正欄にお願いします。
補足事項 :
LaTeXの使用はマストなのでAtomやVSCodeの拡張機能を使ってMarkdown -> pdfという方法はおそらく使えないと思います。
#
追記
エラー内容です。オプションのクラッシュとのことですが、hyperrefのどこを修正すればいいかがいまいちわかりませんでした。
```
! LaTeX Error: Option clash for package hyperref.
See the LaTeX manual or LaTeX Companion for explanation.
Type H <return> for immediate help.
...
l.63 \fi
```
dviへ変換するコマンドは`lualatex master.tex`を使用しています。
最後の`\EndDefineVerbatimEnvironment{Highlighting}`は確かに不要らしいですね。。gistでもコメントされているみたいですし。これは取り除きました。
引き続きよろしくお願いします。m(_ _)m
  • Markdown

    96 questions

    Markdownは、文書の構造、修飾情報を記述するための軽量マークアップ言語です。

  • LaTeX

    60 questions

    LaTeXは、レスリー・ランポートが開発したテキストベースの文書整形システムです。 電子製版ソフトウェアである「TeX」にマクロパッケージを組み込む形で構成されており、 通常のTeXより扱いやすくなっているのが特徴です。

7 リンク切れ報告

namnium1125

namnium1125 score 1836

2018/06/14 23:23  投稿

PandocでMarkdownをLaTeXにしたいのですが。。
お世話になっています。
部分的にLaTeXを使いつつ、Markdownでレポートを書きたいと思い、いくつかのサイト(例えば[Markdownで爆速LaTeXレポート - ロボット・IT雑食日記](http://www.yukisako.xyz/entry/2015/12/12/180830)など)を参考にPandocを使用してみたのですが、コードブロックが入ると、`Highlighting`環境や`Shaded`環境、`NormalTok{}`など、未定義のものが入ってきて、dviに変換するときに、pLaTeX、LuaLaTeXともにエラーになってしまいます。
部分的にLaTeXを使いつつ、Markdownでレポートを書きたいと思い、いくつかのサイト(例えば[Markdownで爆速LaTeXレポート - ロボット・IT雑食日記](http://www.yukisako.xyz/entry/2015/12/12/180830)(リンク切れ)など)を参考にPandocを使用してみたのですが、コードブロックが入ると、`Highlighting`環境や`Shaded`環境、`NormalTok{}`など、未定義のものが入ってきて、dviに変換するときに、pLaTeX、LuaLaTeXともにエラーになってしまいます。
おそらくLaTeXとして出力させず、内部的にLaTeXを使用させてpdfまで自動で変換させる場合は定義されているのでしょうけど、いったいどこに定義があるのかが皆目見当が付きません。
[Pandoc ユーザーズガイド 日本語版 - Japanese Pandoc User's Association pdfを作成する](http://sky-y.github.io/site-pandoc-jp/users-guide#creating-a-pdf)にあるパッケージはエラーが出なかったものに関してはすべて有効化しましたが、この中にも定義はなかったようです。
最後に[Pandoc Markdown -> latex with syntax highlighting](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)というページにたどり着き、この中のコードをコピペして実行してみました。しかし、pLaTeX、LuaLaTeXの両方で試しましたがどちらでも`\fi`の箇所でエラーとなってしまい、うまくいきませんでした。
コピペと言っている時点でお分かりかと思いますが、LaTeXの仕組みについてはほとんど知識がありません。(TeXとLaTeXが違うことを今回の問題で初めて知ったレベルです。)
もし、似たような問題に遭遇した方がおりましたら、回答していただけるとありがたいです。
回答よろしくお願いします。m(_ _)m
#
あまり参考にならない&いろいろと間違っていると考えられる現在用意しているプリアンブル部です。一部は[先ほど載せたURL](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)の完全なコピペです。
```
\documentclass[autodetect-engine,dvipdfmx-if-dvi,ja=standard]{bxjsarticle}
% [11pt,a4paper]
%
\usepackage{geometry}
\geometry{top=30truemm,bottom=30truemm,left=25truemm,right=25truemm}
\usepackage{here}
\usepackage{amssymb}
\usepackage{amsmath}
\usepackage{ifxetex}
\usepackage{ifluatex}
\usepackage{longtable}
\usepackage{booktabs}
\usepackage{url}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{hyperref}
\usepackage{ulem}
\ifxetex
 \usepackage{fontspec,xltxtra,xunicode}
 \defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
 \newcommand{\euro}{€}
\else
 \ifluatex
   \usepackage{fontspec}
   \defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
   \newcommand{\euro}{€}
 \else
   \usepackage[utf8]{inputenc}
   \usepackage{eurosym}
 \fi
\fi
\usepackage{color}
\usepackage{fancyvrb}
\DefineShortVerb[commandchars=\\\{\}]{\|}
\DefineVerbatimEnvironment{Highlighting}{Verbatim}{commandchars=\\\{\}}
% Add ',fontsize=\small' for more characters per line
\newenvironment{Shaded}{}{}
\newcommand{\KeywordTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{\textbf{{#1}}}}
\newcommand{\DataTypeTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.56,0.13,0.00}{{#1}}}
\newcommand{\DecValTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\newcommand{\BaseNTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\newcommand{\FloatTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\newcommand{\CharTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\newcommand{\StringTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\newcommand{\CommentTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.38,0.63,0.69}{\textit{{#1}}}}
\newcommand{\OtherTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{{#1}}}
\newcommand{\AlertTok}[1]{\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\textbf{{#1}}}}
\newcommand{\FunctionTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.02,0.16,0.49}{{#1}}}
\newcommand{\RegionMarkerTok}[1]{{#1}}
\newcommand{\ErrorTok}[1]{\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\textbf{{#1}}}}
\newcommand{\NormalTok}[1]{{#1}}
\ifxetex
 \usepackage[setpagesize=false, % page size defined by xetex
             unicode=false, % unicode breaks when used with xetex
             xetex,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\else
 \usepackage[unicode=true,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\fi
\hypersetup{breaklinks=true, pdfborder={0 0 0}}
\setlength{\parindent}{0pt}
\setlength{\parskip}{6pt plus 2pt minus 1pt}
\setlength{\emergencystretch}{3em} % prevent overfull lines
\setcounter{secnumdepth}{0}
\EndDefineVerbatimEnvironment{Highlighting}
\begin{document}
\input{main.tex}
\end{document}
```
main.mdの例です。(`\`は表現上入れましたが実際はありません。)
```md
# main.texの中身
\```python
print("Shaded & Highlighting環境")
\```
\```
verbatim環境
\```
`文中コード`
```
Pandocを通した後のmain.texの中身です。
```
\hypertarget{main.texux306eux4e2dux8eab}{%
\section{main.texの中身}\label{main.texux306eux4e2dux8eab}}
\begin{Shaded}
\begin{Highlighting}[]
\BuiltInTok{print}\NormalTok{(}\StringTok{"Shaded & Highlighting環境"}\NormalTok{)}
\end{Highlighting}
\end{Shaded}
\begin{verbatim}
verbatim環境
\end{verbatim}
\texttt{文中コード}
```
バージョンなど :
- 実行環境 : Windows 10 MINGW64
- pandoc : pandoc.exe 2.2.1
- TeX関連 : TeX Live 2018
他に確認が必要な項目があれば修正欄にお願いします。
補足事項 :
LaTeXの使用はマストなのでAtomやVSCodeの拡張機能を使ってMarkdown -> pdfという方法はおそらく使えないと思います。
#
追記
エラー内容です。オプションのクラッシュとのことですが、hyperrefのどこを修正すればいいかがいまいちわかりませんでした。
```
! LaTeX Error: Option clash for package hyperref.
See the LaTeX manual or LaTeX Companion for explanation.
Type H <return> for immediate help.
...
l.63 \fi
```
dviへ変換するコマンドは`lualatex master.tex`を使用しています。
最後の`\EndDefineVerbatimEnvironment{Highlighting}`は確かに不要らしいですね。。gistでもコメントされているみたいですし。これは取り除きました。
引き続きよろしくお願いします。m(_ _)m
  • Markdown

    96 questions

    Markdownは、文書の構造、修飾情報を記述するための軽量マークアップ言語です。

  • LaTeX

    60 questions

    LaTeXは、レスリー・ランポートが開発したテキストベースの文書整形システムです。 電子製版ソフトウェアである「TeX」にマクロパッケージを組み込む形で構成されており、 通常のTeXより扱いやすくなっているのが特徴です。

6 コメントの追加

namnium1125

namnium1125 score 1836

2018/06/10 16:01  投稿

PandocでMarkdownをLaTeXにしたいのですが。。
お世話になっています。
部分的にLaTeXを使いつつ、Markdownでレポートを書きたいと思い、いくつかのサイト(例えば[Markdownで爆速LaTeXレポート - ロボット・IT雑食日記](http://www.yukisako.xyz/entry/2015/12/12/180830)など)を参考にPandocを使用してみたのですが、コードブロックが入ると、`Highlighting`環境や`Shaded`環境、`NormalTok{}`など、未定義のものが入ってきて、dviに変換するときに、pLaTeX、LuaLaTeXともにエラーになってしまいます。
おそらくLaTeXとして出力させず、内部的にLaTeXを使用させてpdfまで自動で変換させる場合は定義されているのでしょうけど、いったいどこに定義があるのかが皆目見当が付きません。
[Pandoc ユーザーズガイド 日本語版 - Japanese Pandoc User's Association pdfを作成する](http://sky-y.github.io/site-pandoc-jp/users-guide#creating-a-pdf)にあるパッケージはエラーが出なかったものに関してはすべて有効化しましたが、この中にも定義はなかったようです。
最後に[Pandoc Markdown -> latex with syntax highlighting](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)というページにたどり着き、この中のコードをコピペして実行してみました。しかし、pLaTeX、LuaLaTeXの両方で試しましたがどちらでも`\fi`の箇所でエラーとなってしまい、うまくいきませんでした。
コピペと言っている時点でお分かりかと思いますが、LaTeXの仕組みについてはほとんど知識がありません。(TeXとLaTeXが違うことを今回の問題で初めて知ったレベルです。)
もし、似たような問題に遭遇した方がおりましたら、回答していただけるとありがたいです。
回答よろしくお願いします。m(_ _)m
#
あまり参考にならない&いろいろと間違っていると考えられる現在用意しているプリアンブル部です。一部は[先ほど載せたURL](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)の完全なコピペです。
```
\documentclass[autodetect-engine,dvipdfmx-if-dvi,ja=standard]{bxjsarticle}
% [11pt,a4paper]
%
\usepackage{geometry}
\geometry{top=30truemm,bottom=30truemm,left=25truemm,right=25truemm}
\usepackage{here}
\usepackage{amssymb}
\usepackage{amsmath}
\usepackage{ifxetex}
\usepackage{ifluatex}
\usepackage{longtable}
\usepackage{booktabs}
\usepackage{url}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{hyperref}
\usepackage{ulem}
\ifxetex
 \usepackage{fontspec,xltxtra,xunicode}
 \defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
 \newcommand{\euro}{€}
\else
 \ifluatex
   \usepackage{fontspec}
   \defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
   \newcommand{\euro}{€}
 \else
   \usepackage[utf8]{inputenc}
   \usepackage{eurosym}
 \fi
\fi
\usepackage{color}
\usepackage{fancyvrb}
\DefineShortVerb[commandchars=\\\{\}]{\|}
\DefineVerbatimEnvironment{Highlighting}{Verbatim}{commandchars=\\\{\}}
% Add ',fontsize=\small' for more characters per line
\newenvironment{Shaded}{}{}
\newcommand{\KeywordTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{\textbf{{#1}}}}
\newcommand{\DataTypeTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.56,0.13,0.00}{{#1}}}
\newcommand{\DecValTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\newcommand{\BaseNTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\newcommand{\FloatTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\newcommand{\CharTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\newcommand{\StringTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\newcommand{\CommentTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.38,0.63,0.69}{\textit{{#1}}}}
\newcommand{\OtherTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{{#1}}}
\newcommand{\AlertTok}[1]{\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\textbf{{#1}}}}
\newcommand{\FunctionTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.02,0.16,0.49}{{#1}}}
\newcommand{\RegionMarkerTok}[1]{{#1}}
\newcommand{\ErrorTok}[1]{\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\textbf{{#1}}}}
\newcommand{\NormalTok}[1]{{#1}}
\ifxetex
 \usepackage[setpagesize=false, % page size defined by xetex
             unicode=false, % unicode breaks when used with xetex
             xetex,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\else
 \usepackage[unicode=true,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\fi
\hypersetup{breaklinks=true, pdfborder={0 0 0}}
\setlength{\parindent}{0pt}
\setlength{\parskip}{6pt plus 2pt minus 1pt}
\setlength{\emergencystretch}{3em} % prevent overfull lines
\setcounter{secnumdepth}{0}
\EndDefineVerbatimEnvironment{Highlighting}
\begin{document}
\input{main.tex}
\end{document}
```
main.mdの例です。(`\`は表現上入れましたが実際はありません。)
```md
# main.texの中身
\```python
print("Shaded & Highlighting環境")
\```
\```
verbatim環境
\```
`文中コード`
```
Pandocを通した後のmain.texの中身です。
```
\hypertarget{main.texux306eux4e2dux8eab}{%
\section{main.texの中身}\label{main.texux306eux4e2dux8eab}}
\begin{Shaded}
\begin{Highlighting}[]
\BuiltInTok{print}\NormalTok{(}\StringTok{"Shaded & Highlighting環境"}\NormalTok{)}
\end{Highlighting}
\end{Shaded}
\begin{verbatim}
verbatim環境
\end{verbatim}
\texttt{文中コード}
```
バージョンなど :
- 実行環境 : Windows 10 MINGW64
- pandoc : pandoc.exe 2.2.1
- TeX関連 : TeX Live 2018
他に確認が必要な項目があれば修正欄にお願いします。
補足事項 :
LaTeXの使用はマストなのでAtomやVSCodeの拡張機能を使ってMarkdown -> pdfという方法はおそらく使えないと思います。
#
追記
エラー内容です。オプションのクラッシュとのことですが、hyperrefのどこを修正すればいいかがいまいちわかりませんでした。
```
! LaTeX Error: Option clash for package hyperref.
See the LaTeX manual or LaTeX Companion for explanation.
Type H <return> for immediate help.
...
l.63 \fi
```
dviへ変換するコマンドは`lualatex master.tex`を使用しています。
最後の`\EndDefineVerbatimEnvironment{Highlighting}`は確かに不要らしいですね。。gistでもコメントされているみたいですし。これは取り除きました。
最後の`\EndDefineVerbatimEnvironment{Highlighting}`は確かに不要らしいですね。。gistでもコメントされているみたいですし。これは取り除きました。
引き続きよろしくお願いします。m(_ _)m
  • Markdown

    96 questions

    Markdownは、文書の構造、修飾情報を記述するための軽量マークアップ言語です。

  • LaTeX

    60 questions

    LaTeXは、レスリー・ランポートが開発したテキストベースの文書整形システムです。 電子製版ソフトウェアである「TeX」にマクロパッケージを組み込む形で構成されており、 通常のTeXより扱いやすくなっているのが特徴です。

5 追記1

namnium1125

namnium1125 score 1836

2018/06/10 15:58  投稿

PandocでMarkdownをLaTeXにしたいのですが。。
お世話になっています。
部分的にLaTeXを使いつつ、Markdownでレポートを書きたいと思い、いくつかのサイト(例えば[Markdownで爆速LaTeXレポート - ロボット・IT雑食日記](http://www.yukisako.xyz/entry/2015/12/12/180830)など)を参考にPandocを使用してみたのですが、コードブロックが入ると、`Highlighting`環境や`Shaded`環境、`NormalTok{}`など、未定義のものが入ってきて、dviに変換するときに、pLaTeX、LuaLaTeXともにエラーになってしまいます。
おそらくLaTeXとして出力させず、内部的にLaTeXを使用させてpdfまで自動で変換させる場合は定義されているのでしょうけど、いったいどこに定義があるのかが皆目見当が付きません。
[Pandoc ユーザーズガイド 日本語版 - Japanese Pandoc User's Association pdfを作成する](http://sky-y.github.io/site-pandoc-jp/users-guide#creating-a-pdf)にあるパッケージはエラーが出なかったものに関してはすべて有効化しましたが、この中にも定義はなかったようです。
最後に[Pandoc Markdown -> latex with syntax highlighting](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)というページにたどり着き、この中のコードをコピペして実行してみました。しかし、pLaTeX、LuaLaTeXの両方で試しましたがどちらでも`\fi`の箇所でエラーとなってしまい、うまくいきませんでした。
コピペと言っている時点でお分かりかと思いますが、LaTeXの仕組みについてはほとんど知識がありません。(TeXとLaTeXが違うことを今回の問題で初めて知ったレベルです。)
もし、似たような問題に遭遇した方がおりましたら、回答していただけるとありがたいです。
回答よろしくお願いします。m(_ _)m
#
あまり参考にならない&いろいろと間違っていると考えられる現在用意しているプリアンブル部です。一部は[先ほど載せたURL](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)の完全なコピペです。
```
\\documentclass[autodetect-engine,dvipdfmx-if-dvi,ja=standard]{bxjsarticle}
\documentclass[autodetect-engine,dvipdfmx-if-dvi,ja=standard]{bxjsarticle}
% [11pt,a4paper]
%
\\usepackage{geometry}
\\geometry{top=30truemm,bottom=30truemm,left=25truemm,right=25truemm}
\\usepackage{here}
\usepackage{geometry}
\geometry{top=30truemm,bottom=30truemm,left=25truemm,right=25truemm}
\usepackage{here}
\\usepackage{amssymb}
\\usepackage{amsmath}
\\usepackage{ifxetex}
\\usepackage{ifluatex}
\\usepackage{longtable}
\\usepackage{booktabs}
\\usepackage{url}
\\usepackage{graphicx}
\\usepackage{hyperref}
\\usepackage{ulem}
\usepackage{amssymb}
\usepackage{amsmath}
\usepackage{ifxetex}
\usepackage{ifluatex}
\usepackage{longtable}
\usepackage{booktabs}
\usepackage{url}
\usepackage{graphicx}
\usepackage{hyperref}
\usepackage{ulem}
\\ifxetex
 \\usepackage{fontspec,xltxtra,xunicode}
 \\defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
 \\newcommand{\\euro}{€}
\\else
 \\ifluatex
   \\usepackage{fontspec}
   \\defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
   \\newcommand{\\euro}{€}
 \\else
   \\usepackage[utf8]{inputenc}
   \\usepackage{eurosym}
 \\fi
\\fi
\\usepackage{color}
\\usepackage{fancyvrb}
\\DefineShortVerb[commandchars=\\\\\\{\\}]{\\|}
\\DefineVerbatimEnvironment{Highlighting}{Verbatim}{commandchars=\\\\\\{\\}}
% Add ',fontsize=\\small' for more characters per line
\\newenvironment{Shaded}{}{}
\\newcommand{\\KeywordTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{\\textbf{{#1}}}}
\\newcommand{\\DataTypeTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.56,0.13,0.00}{{#1}}}
\\newcommand{\\DecValTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\\newcommand{\\BaseNTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\\newcommand{\\FloatTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\\newcommand{\\CharTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\\newcommand{\\StringTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\\newcommand{\\CommentTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.38,0.63,0.69}{\\textit{{#1}}}}
\\newcommand{\\OtherTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{{#1}}}
\\newcommand{\\AlertTok}[1]{\\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\\textbf{{#1}}}}
\\newcommand{\\FunctionTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.02,0.16,0.49}{{#1}}}
\\newcommand{\\RegionMarkerTok}[1]{{#1}}
\\newcommand{\\ErrorTok}[1]{\\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\\textbf{{#1}}}}
\\newcommand{\\NormalTok}[1]{{#1}}
\\ifxetex
 \\usepackage[setpagesize=false, % page size defined by xetex
\ifxetex
 \usepackage{fontspec,xltxtra,xunicode}
 \defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
 \newcommand{\euro}{€}
\else
 \ifluatex
   \usepackage{fontspec}
   \defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
   \newcommand{\euro}{€}
 \else
   \usepackage[utf8]{inputenc}
   \usepackage{eurosym}
 \fi
\fi
\usepackage{color}
\usepackage{fancyvrb}
\DefineShortVerb[commandchars=\\\{\}]{\|}
\DefineVerbatimEnvironment{Highlighting}{Verbatim}{commandchars=\\\{\}}
% Add ',fontsize=\small' for more characters per line
\newenvironment{Shaded}{}{}
\newcommand{\KeywordTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{\textbf{{#1}}}}
\newcommand{\DataTypeTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.56,0.13,0.00}{{#1}}}
\newcommand{\DecValTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\newcommand{\BaseNTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\newcommand{\FloatTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\newcommand{\CharTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\newcommand{\StringTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\newcommand{\CommentTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.38,0.63,0.69}{\textit{{#1}}}}
\newcommand{\OtherTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{{#1}}}
\newcommand{\AlertTok}[1]{\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\textbf{{#1}}}}
\newcommand{\FunctionTok}[1]{\textcolor[rgb]{0.02,0.16,0.49}{{#1}}}
\newcommand{\RegionMarkerTok}[1]{{#1}}
\newcommand{\ErrorTok}[1]{\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\textbf{{#1}}}}
\newcommand{\NormalTok}[1]{{#1}}
\ifxetex
 \usepackage[setpagesize=false, % page size defined by xetex
             unicode=false, % unicode breaks when used with xetex
             xetex,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\\else
 \\usepackage[unicode=true,
\else
 \usepackage[unicode=true,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\\fi
\\hypersetup{breaklinks=true, pdfborder={0 0 0}}
\\setlength{\\parindent}{0pt}
\\setlength{\\parskip}{6pt plus 2pt minus 1pt}
\\setlength{\\emergencystretch}{3em} % prevent overfull lines
\\setcounter{secnumdepth}{0}
\fi
\hypersetup{breaklinks=true, pdfborder={0 0 0}}
\setlength{\parindent}{0pt}
\setlength{\parskip}{6pt plus 2pt minus 1pt}
\setlength{\emergencystretch}{3em} % prevent overfull lines
\setcounter{secnumdepth}{0}
\\EndDefineVerbatimEnvironment{Highlighting}
\EndDefineVerbatimEnvironment{Highlighting}
\\begin{document}
\begin{document}
\\input{main.tex}
\\end{document}
\input{main.tex}
\end{document}
```
main.mdの例です。(`\`は表現上入れましたが実際はありません。)
```md
# main.texの中身
\```python
print("Shaded & Highlighting環境")
\```
\```
verbatim環境
\```
`文中コード`
```
Pandocを通した後のmain.texの中身です。
```
\hypertarget{main.texux306eux4e2dux8eab}{%
\section{main.texの中身}\label{main.texux306eux4e2dux8eab}}
\begin{Shaded}
\begin{Highlighting}[]
\BuiltInTok{print}\NormalTok{(}\StringTok{"Shaded & Highlighting環境"}\NormalTok{)}
\end{Highlighting}
\end{Shaded}
\begin{verbatim}
verbatim環境
\end{verbatim}
\texttt{文中コード}
```
バージョンなど :
- 実行環境 : Windows 10 MINGW64
- pandoc : pandoc.exe 2.2.1
- TeX関連 : TeX Live 2018
他に確認が必要な項目があれば修正欄にお願いします。
補足事項 :
LaTeXの使用はマストなのでAtomやVSCodeの拡張機能を使ってMarkdown -> pdfという方法はおそらく使えないと思います。
LaTeXの使用はマストなのでAtomやVSCodeの拡張機能を使ってMarkdown -> pdfという方法はおそらく使えないと思います。
#
追記
エラー内容です。オプションのクラッシュとのことですが、hyperrefのどこを修正すればいいかがいまいちわかりませんでした。
```
! LaTeX Error: Option clash for package hyperref.
See the LaTeX manual or LaTeX Companion for explanation.
Type H <return> for immediate help.
...
l.63 \fi
```
dviへ変換するコマンドは`lualatex master.tex`を使用しています。
最後の`\EndDefineVerbatimEnvironment{Highlighting}`は確かに不要らしいですね。。gistでもコメントされているみたいですし。これは取り除きました。
  • Markdown

    96 questions

    Markdownは、文書の構造、修飾情報を記述するための軽量マークアップ言語です。

  • LaTeX

    60 questions

    LaTeXは、レスリー・ランポートが開発したテキストベースの文書整形システムです。 電子製版ソフトウェアである「TeX」にマクロパッケージを組み込む形で構成されており、 通常のTeXより扱いやすくなっているのが特徴です。

4 ちょっとした修正

namnium1125

namnium1125 score 1836

2018/06/09 20:38  投稿

PandocでMarkdownをLaTeXにしたいのですが。。
お世話になっています。
部分的にLaTeXを使いつつ、Markdownでレポートを書きたいと思い、いくつかのサイト(例えば[Markdownで爆速LaTeXレポート - ロボット・IT雑食日記](http://www.yukisako.xyz/entry/2015/12/12/180830)など)を参考にPandocを使用してみたのですが、コードブロックが入ると、`Highlighting`環境や`Shaded`環境、`NormalTok{}`など、未定義のものが入ってきて、dviに変換するときに、pLaTeX、LuaLaTeXともにエラーになってしまいます。
おそらくLaTeXとして出力させず、内部的にLaTeXを使用させてpdfまで自動で変換させる場合は定義されているのでしょうけど、いったいどこに定義があるのかが皆目見当が付きません。
[Pandoc ユーザーズガイド 日本語版 - Japanese Pandoc User's Association pdfを作成する](http://sky-y.github.io/site-pandoc-jp/users-guide#creating-a-pdf)にあるパッケージはエラーが出なかったものに関してはすべて有効化しましたが、この中にも定義はなかったようです。
最後に[Pandoc Markdown -> latex with syntax highlighting](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)というページにたどり着き、この中のコードをコピペして実行してみました。しかし、pLaTeX、LuaLaTeXの両方で試しましたがどちらでも`\fi`の箇所でエラーとなってしまい、うまくいきませんでした。
コピペと言っている時点でお分かりかと思いますが、LaTeXの仕組みについてはほとんど知識がありません。(TeXとLaTeXが違うことを今回の問題で初めて知ったレベルです。)
もし、似たような問題に遭遇した方がおりましたら、回答していただけるとありがたいです。
回答よろしくお願いします。m(_ _)m
#
あまり参考にならない&いろいろと間違っていると考えられる現在用意しているプリアンブル部です。一部は[先ほど載せたURL](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)の完全なコピペです。
```
\\documentclass[autodetect-engine,dvipdfmx-if-dvi,ja=standard]{bxjsarticle}
% [11pt,a4paper]
%
\\usepackage{geometry}
\\geometry{top=30truemm,bottom=30truemm,left=25truemm,right=25truemm}
\\usepackage{here}
\\usepackage{amssymb}
\\usepackage{amsmath}
\\usepackage{ifxetex}
\\usepackage{ifluatex}
\\usepackage{longtable}
\\usepackage{booktabs}
\\usepackage{url}
\\usepackage{graphicx}
\\usepackage{hyperref}
\\usepackage{ulem}
\\ifxetex
 \\usepackage{fontspec,xltxtra,xunicode}
 \\defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
 \\newcommand{\\euro}{€}
\\else
 \\ifluatex
   \\usepackage{fontspec}
   \\defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
   \\newcommand{\\euro}{€}
 \\else
   \\usepackage[utf8]{inputenc}
   \\usepackage{eurosym}
 \\fi
\\fi
\\usepackage{color}
\\usepackage{fancyvrb}
\\DefineShortVerb[commandchars=\\\\\\{\\}]{\\|}
\\DefineVerbatimEnvironment{Highlighting}{Verbatim}{commandchars=\\\\\\{\\}}
% Add ',fontsize=\\small' for more characters per line
\\newenvironment{Shaded}{}{}
\\newcommand{\\KeywordTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{\\textbf{{#1}}}}
\\newcommand{\\DataTypeTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.56,0.13,0.00}{{#1}}}
\\newcommand{\\DecValTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\\newcommand{\\BaseNTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\\newcommand{\\FloatTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\\newcommand{\\CharTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\\newcommand{\\StringTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\\newcommand{\\CommentTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.38,0.63,0.69}{\\textit{{#1}}}}
\\newcommand{\\OtherTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{{#1}}}
\\newcommand{\\AlertTok}[1]{\\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\\textbf{{#1}}}}
\\newcommand{\\FunctionTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.02,0.16,0.49}{{#1}}}
\\newcommand{\\RegionMarkerTok}[1]{{#1}}
\\newcommand{\\ErrorTok}[1]{\\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\\textbf{{#1}}}}
\\newcommand{\\NormalTok}[1]{{#1}}
\\ifxetex
 \\usepackage[setpagesize=false, % page size defined by xetex
             unicode=false, % unicode breaks when used with xetex
             xetex,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\\else
 \\usepackage[unicode=true,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\\fi
\\hypersetup{breaklinks=true, pdfborder={0 0 0}}
\\setlength{\\parindent}{0pt}
\\setlength{\\parskip}{6pt plus 2pt minus 1pt}
\\setlength{\\emergencystretch}{3em} % prevent overfull lines
\\setcounter{secnumdepth}{0}
\\EndDefineVerbatimEnvironment{Highlighting}
\\begin{document}
\\input{main.tex}
\\end{document}
```
main.mdの例です。(`\`は表現上入れましたが実際はありません。)
```md
# main.texの中身
\```python
print("Shaded & Highlight環境")
print("Shaded & Highlighting環境")
\```
\```
verbatim環境
\```
`文中コード`
```
Pandocを通した後のmain.texの中身です。
```
\hypertarget{main.texux306eux4e2dux8eab}{%
\section{main.texの中身}\label{main.texux306eux4e2dux8eab}}
\begin{Shaded}
\begin{Highlighting}[]
\BuiltInTok{print}\NormalTok{(}\StringTok{"Shaded & Highlighting環境"}\NormalTok{)}
\end{Highlighting}
\end{Shaded}
\begin{verbatim}
verbatim環境
\end{verbatim}
\texttt{文中コード}
```
バージョンなど :
- 実行環境 : Windows 10 MINGW64
- pandoc : pandoc.exe 2.2.1
- TeX関連 : TeX Live 2018
他に確認が必要な項目があれば修正欄にお願いします。
補足事項 :
LaTeXの使用はマストなのでAtomやVSCodeの拡張機能を使ってMarkdown -> pdfという方法はおそらく使えないと思います。
  • Markdown

    96 questions

    Markdownは、文書の構造、修飾情報を記述するための軽量マークアップ言語です。

  • LaTeX

    60 questions

    LaTeXは、レスリー・ランポートが開発したテキストベースの文書整形システムです。 電子製版ソフトウェアである「TeX」にマクロパッケージを組み込む形で構成されており、 通常のTeXより扱いやすくなっているのが特徴です。

3 わかりやすくするために追記

namnium1125

namnium1125 score 1836

2018/06/09 20:34  投稿

PandocでMarkdownをLaTeXにしたいのですが。。
お世話になっています。
部分的にLaTeXを使いつつ、Markdownでレポートを書きたいと思い、いくつかのサイト(例えば[Markdownで爆速LaTeXレポート - ロボット・IT雑食日記](http://www.yukisako.xyz/entry/2015/12/12/180830)など)を参考にPandocを使用してみたのですが、コードブロックが入ると、`Highlighting`環境や`Shaded`環境、`NormalTok{}`など、未定義のものが入ってきて、dviに変換するときに、pLaTeX、LuaLaTeXともにエラーになってしまいます。
おそらくLaTeXとして出力させず、内部的にLaTeXを使用させてpdfまで自動で変換させる場合は定義されているのでしょうけど、いったいどこに定義があるのかが皆目見当が付きません。
[Pandoc ユーザーズガイド 日本語版 - Japanese Pandoc User's Association pdfを作成する](http://sky-y.github.io/site-pandoc-jp/users-guide#creating-a-pdf)にあるパッケージはエラーが出なかったものに関してはすべて有効化しましたが、この中にも定義はなかったようです。
最後に[Pandoc Markdown -> latex with syntax highlighting](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)というページにたどり着き、この中のコードをコピペして実行してみました。しかし、pLaTeX、LuaLaTeXの両方で試しましたがどちらでも`\fi`の箇所でエラーとなってしまい、うまくいきませんでした。
コピペと言っている時点でお分かりかと思いますが、LaTeXの仕組みについてはほとんど知識がありません。(TeXとLaTeXが違うことを今回の問題で初めて知ったレベルです。)
もし、似たような問題に遭遇した方がおりましたら、回答していただけるとありがたいです。
回答よろしくお願いします。m(_ _)m
#
あまり参考にならない&いろいろと間違っていると考えられる現在用意しているプリアンブル部です。一部は[先ほど載せたURL](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)の完全なコピペです。
```
\\documentclass[autodetect-engine,dvipdfmx-if-dvi,ja=standard]{bxjsarticle}
% [11pt,a4paper]
%
\\usepackage{geometry}
\\geometry{top=30truemm,bottom=30truemm,left=25truemm,right=25truemm}
\\usepackage{here}
\\usepackage{amssymb}
\\usepackage{amsmath}
\\usepackage{ifxetex}
\\usepackage{ifluatex}
\\usepackage{longtable}
\\usepackage{booktabs}
\\usepackage{url}
\\usepackage{graphicx}
\\usepackage{hyperref}
\\usepackage{ulem}
\\ifxetex
 \\usepackage{fontspec,xltxtra,xunicode}
 \\defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
 \\newcommand{\\euro}{€}
\\else
 \\ifluatex
   \\usepackage{fontspec}
   \\defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
   \\newcommand{\\euro}{€}
 \\else
   \\usepackage[utf8]{inputenc}
   \\usepackage{eurosym}
 \\fi
\\fi
\\usepackage{color}
\\usepackage{fancyvrb}
\\DefineShortVerb[commandchars=\\\\\\{\\}]{\\|}
\\DefineVerbatimEnvironment{Highlighting}{Verbatim}{commandchars=\\\\\\{\\}}
% Add ',fontsize=\\small' for more characters per line
\\newenvironment{Shaded}{}{}
\\newcommand{\\KeywordTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{\\textbf{{#1}}}}
\\newcommand{\\DataTypeTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.56,0.13,0.00}{{#1}}}
\\newcommand{\\DecValTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\\newcommand{\\BaseNTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\\newcommand{\\FloatTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\\newcommand{\\CharTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\\newcommand{\\StringTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\\newcommand{\\CommentTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.38,0.63,0.69}{\\textit{{#1}}}}
\\newcommand{\\OtherTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{{#1}}}
\\newcommand{\\AlertTok}[1]{\\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\\textbf{{#1}}}}
\\newcommand{\\FunctionTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.02,0.16,0.49}{{#1}}}
\\newcommand{\\RegionMarkerTok}[1]{{#1}}
\\newcommand{\\ErrorTok}[1]{\\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\\textbf{{#1}}}}
\\newcommand{\\NormalTok}[1]{{#1}}
\\ifxetex
 \\usepackage[setpagesize=false, % page size defined by xetex
             unicode=false, % unicode breaks when used with xetex
             xetex,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\\else
 \\usepackage[unicode=true,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\\fi
\\hypersetup{breaklinks=true, pdfborder={0 0 0}}
\\setlength{\\parindent}{0pt}
\\setlength{\\parskip}{6pt plus 2pt minus 1pt}
\\setlength{\\emergencystretch}{3em} % prevent overfull lines
\\setcounter{secnumdepth}{0}
\\EndDefineVerbatimEnvironment{Highlighting}
\\begin{document}
\\input{main.tex}
\\end{document}
```
main.texの中身(例)です。
main.mdの例です。(`\`は表現上入れましたが実際はありません。)
```md
# main.texの中身
\```python
print("Shaded & Highlight環境")
\```
\```
verbatim環境
\```
`文中コード`
```
Pandocを通した後のmain.texの中身です。
```
\hypertarget{main.texux306eux4e2dux8eab}{%
\section{main.texの中身}\label{main.texux306eux4e2dux8eab}}
\begin{Shaded}
\begin{Highlighting}[]
\BuiltInTok{print}\NormalTok{(}\StringTok{"Shaded & Highlighting環境"}\NormalTok{)}
\end{Highlighting}
\end{Shaded}
\begin{verbatim}
verbatim環境
\end{verbatim}
\texttt{文中コード}
```
バージョンなど :
- 実行環境 : Windows 10 MINGW64
- pandoc : pandoc.exe 2.2.1
- TeX関連 : TeX Live 2018
他に確認が必要な項目があれば修正欄にお願いします。
補足事項 :
LaTeXの使用はマストなのでAtomやVSCodeの拡張機能を使ってMarkdown -> pdfという方法はおそらく使えないと思います。
  • Markdown

    96 questions

    Markdownは、文書の構造、修飾情報を記述するための軽量マークアップ言語です。

  • LaTeX

    60 questions

    LaTeXは、レスリー・ランポートが開発したテキストベースの文書整形システムです。 電子製版ソフトウェアである「TeX」にマクロパッケージを組み込む形で構成されており、 通常のTeXより扱いやすくなっているのが特徴です。

2 URLの編集

namnium1125

namnium1125 score 1836

2018/06/09 20:29  投稿

PandocでMarkdownをLaTeXにしたいのですが。。
お世話になっています。
部分的にLaTeXを使いつつ、Markdownでレポートを書きたいと思い、いくつかのサイト(例えば[Markdownで爆速LaTeXレポート - ロボット・IT雑食日記](http://www.yukisako.xyz/entry/2015/12/12/180830)など)を参考にPandocを使用してみたのですが、コードブロックが入ると、`Highlighting`環境や`Shaded`環境、`NormalTok{}`など、未定義のものが入ってきて、dviに変換するときに、pLaTeX、LuaLaTeXともにエラーになってしまいます。
おそらくLaTeXとして出力させず、内部的にLaTeXを使用させてpdfまで自動で変換させる場合は定義されているのでしょうけど、いったいどこに定義があるのかが皆目見当が付きません。
[Pandoc ユーザーズガイド 日本語版 - Japanese Pandoc User's Association pdfを作成する](http://sky-y.github.io/site-pandoc-jp/users-guide/creating-a-pdf)にあるパッケージはエラーが出なかったものに関してはすべて有効化しましたが、この中にも定義はなかったようです。
[Pandoc ユーザーズガイド 日本語版 - Japanese Pandoc User's Association pdfを作成する](http://sky-y.github.io/site-pandoc-jp/users-guide#creating-a-pdf)にあるパッケージはエラーが出なかったものに関してはすべて有効化しましたが、この中にも定義はなかったようです。
最後に[Pandoc Markdown -> latex with syntax highlighting](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)というページにたどり着き、この中のコードをコピペして実行してみました。しかし、pLaTeX、LuaLaTeXの両方で試しましたがどちらでも`\fi`の箇所でエラーとなってしまい、うまくいきませんでした。
コピペと言っている時点でお分かりかと思いますが、LaTeXの仕組みについてはほとんど知識がありません。(TeXとLaTeXが違うことを今回の問題で初めて知ったレベルです。)
もし、似たような問題に遭遇した方がおりましたら、回答していただけるとありがたいです。
回答よろしくお願いします。m(_ _)m
#
あまり参考にならない&いろいろと間違っていると考えられる現在用意しているプリアンブル部です。一部は[先ほど載せたURL](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)の完全なコピペです。
```
\\documentclass[autodetect-engine,dvipdfmx-if-dvi,ja=standard]{bxjsarticle}
% [11pt,a4paper]
%
\\usepackage{geometry}
\\geometry{top=30truemm,bottom=30truemm,left=25truemm,right=25truemm}
\\usepackage{here}
\\usepackage{amssymb}
\\usepackage{amsmath}
\\usepackage{ifxetex}
\\usepackage{ifluatex}
\\usepackage{longtable}
\\usepackage{booktabs}
\\usepackage{url}
\\usepackage{graphicx}
\\usepackage{hyperref}
\\usepackage{ulem}
\\ifxetex
 \\usepackage{fontspec,xltxtra,xunicode}
 \\defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
 \\newcommand{\\euro}{€}
\\else
 \\ifluatex
   \\usepackage{fontspec}
   \\defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
   \\newcommand{\\euro}{€}
 \\else
   \\usepackage[utf8]{inputenc}
   \\usepackage{eurosym}
 \\fi
\\fi
\\usepackage{color}
\\usepackage{fancyvrb}
\\DefineShortVerb[commandchars=\\\\\\{\\}]{\\|}
\\DefineVerbatimEnvironment{Highlighting}{Verbatim}{commandchars=\\\\\\{\\}}
% Add ',fontsize=\\small' for more characters per line
\\newenvironment{Shaded}{}{}
\\newcommand{\\KeywordTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{\\textbf{{#1}}}}
\\newcommand{\\DataTypeTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.56,0.13,0.00}{{#1}}}
\\newcommand{\\DecValTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\\newcommand{\\BaseNTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\\newcommand{\\FloatTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\\newcommand{\\CharTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\\newcommand{\\StringTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\\newcommand{\\CommentTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.38,0.63,0.69}{\\textit{{#1}}}}
\\newcommand{\\OtherTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{{#1}}}
\\newcommand{\\AlertTok}[1]{\\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\\textbf{{#1}}}}
\\newcommand{\\FunctionTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.02,0.16,0.49}{{#1}}}
\\newcommand{\\RegionMarkerTok}[1]{{#1}}
\\newcommand{\\ErrorTok}[1]{\\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\\textbf{{#1}}}}
\\newcommand{\\NormalTok}[1]{{#1}}
\\ifxetex
 \\usepackage[setpagesize=false, % page size defined by xetex
             unicode=false, % unicode breaks when used with xetex
             xetex,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\\else
 \\usepackage[unicode=true,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\\fi
\\hypersetup{breaklinks=true, pdfborder={0 0 0}}
\\setlength{\\parindent}{0pt}
\\setlength{\\parskip}{6pt plus 2pt minus 1pt}
\\setlength{\\emergencystretch}{3em} % prevent overfull lines
\\setcounter{secnumdepth}{0}
\\EndDefineVerbatimEnvironment{Highlighting}
\\begin{document}
\\input{main.tex}
\\end{document}
```
main.texの中身(例)です。
```
\hypertarget{main.texux306eux4e2dux8eab}{%
\section{main.texの中身}\label{main.texux306eux4e2dux8eab}}
\begin{Shaded}
\begin{Highlighting}[]
\BuiltInTok{print}\NormalTok{(}\StringTok{"Shaded & Highlighting環境"}\NormalTok{)}
\end{Highlighting}
\end{Shaded}
\begin{verbatim}
verbatim環境
\end{verbatim}
\texttt{文中コード}
```
バージョンなど :
- 実行環境 : Windows 10 MINGW64
- pandoc : pandoc.exe 2.2.1
- TeX関連 : TeX Live 2018
他に確認が必要な項目があれば修正欄にお願いします。
補足事項 :
LaTeXの使用はマストなのでAtomやVSCodeの拡張機能を使ってMarkdown -> pdfという方法はおそらく使えないと思います。
  • Markdown

    96 questions

    Markdownは、文書の構造、修飾情報を記述するための軽量マークアップ言語です。

  • LaTeX

    60 questions

    LaTeXは、レスリー・ランポートが開発したテキストベースの文書整形システムです。 電子製版ソフトウェアである「TeX」にマクロパッケージを組み込む形で構成されており、 通常のTeXより扱いやすくなっているのが特徴です。

1 名称の修正

namnium1125

namnium1125 score 1836

2018/06/09 20:25  投稿

PandocでMarkdownをLaTeXにしたいのですが。。
お世話になっています。
部分的にLaTeXを使いつつ、Markdownでレポートを書きたいと思い、いくつかのサイト(例えば[Markdownで爆速LaTeXレポート - ロボット・IT雑食日記](http://www.yukisako.xyz/entry/2015/12/12/180830)など)を参考にPandocを使用してみたのですが、コードブロックが入ると、`Highlight`環境や`Shaded`環境、`NormalTok{}`など、未定義のものが入ってきて、dviに変換するときに、pLaTeX、LuaLaTeXともにエラーになってしまいます。
部分的にLaTeXを使いつつ、Markdownでレポートを書きたいと思い、いくつかのサイト(例えば[Markdownで爆速LaTeXレポート - ロボット・IT雑食日記](http://www.yukisako.xyz/entry/2015/12/12/180830)など)を参考にPandocを使用してみたのですが、コードブロックが入ると、`Highlighting`環境や`Shaded`環境、`NormalTok{}`など、未定義のものが入ってきて、dviに変換するときに、pLaTeX、LuaLaTeXともにエラーになってしまいます。
おそらくLaTeXとして出力させず、内部的にLaTeXを使用させてpdfまで自動で変換させる場合は定義されているのでしょうけど、いったいどこに定義があるのかが皆目見当が付きません。
[Pandoc ユーザーズガイド 日本語版 - Japanese Pandoc User's Association pdfを作成する](http://sky-y.github.io/site-pandoc-jp/users-guide/creating-a-pdf)にあるパッケージはエラーが出なかったものに関してはすべて有効化しましたが、この中にも定義はなかったようです。
最後に[Pandoc Markdown -> latex with syntax highlighting](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)というページにたどり着き、この中のコードをコピペして実行してみました。しかし、pLaTeX、LuaLaTeXの両方で試しましたがどちらでも`\fi`の箇所でエラーとなってしまい、うまくいきませんでした。
コピペと言っている時点でお分かりかと思いますが、LaTeXの仕組みについてはほとんど知識がありません。(TeXとLaTeXが違うことを今回の問題で初めて知ったレベルです。)
もし、似たような問題に遭遇した方がおりましたら、回答していただけるとありがたいです。
回答よろしくお願いします。m(_ _)m
#
あまり参考にならない&いろいろと間違っていると考えられる現在用意しているプリアンブル部です。一部は[先ほど載せたURL](https://gist.github.com/cormacrelf/3760427)の完全なコピペです。
```
\\documentclass[autodetect-engine,dvipdfmx-if-dvi,ja=standard]{bxjsarticle}
% [11pt,a4paper]
%
\\usepackage{geometry}
\\geometry{top=30truemm,bottom=30truemm,left=25truemm,right=25truemm}
\\usepackage{here}
\\usepackage{amssymb}
\\usepackage{amsmath}
\\usepackage{ifxetex}
\\usepackage{ifluatex}
\\usepackage{longtable}
\\usepackage{booktabs}
\\usepackage{url}
\\usepackage{graphicx}
\\usepackage{hyperref}
\\usepackage{ulem}
\\ifxetex
 \\usepackage{fontspec,xltxtra,xunicode}
 \\defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
 \\newcommand{\\euro}{€}
\\else
 \\ifluatex
   \\usepackage{fontspec}
   \\defaultfontfeatures{Mapping=tex-text,Scale=MatchLowercase}
   \\newcommand{\\euro}{€}
 \\else
   \\usepackage[utf8]{inputenc}
   \\usepackage{eurosym}
 \\fi
\\fi
\\usepackage{color}
\\usepackage{fancyvrb}
\\DefineShortVerb[commandchars=\\\\\\{\\}]{\\|}
\\DefineVerbatimEnvironment{Highlighting}{Verbatim}{commandchars=\\\\\\{\\}}
% Add ',fontsize=\\small' for more characters per line
\\newenvironment{Shaded}{}{}
\\newcommand{\\KeywordTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{\\textbf{{#1}}}}
\\newcommand{\\DataTypeTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.56,0.13,0.00}{{#1}}}
\\newcommand{\\DecValTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\\newcommand{\\BaseNTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\\newcommand{\\FloatTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.63,0.44}{{#1}}}
\\newcommand{\\CharTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\\newcommand{\\StringTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.25,0.44,0.63}{{#1}}}
\\newcommand{\\CommentTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.38,0.63,0.69}{\\textit{{#1}}}}
\\newcommand{\\OtherTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.00,0.44,0.13}{{#1}}}
\\newcommand{\\AlertTok}[1]{\\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\\textbf{{#1}}}}
\\newcommand{\\FunctionTok}[1]{\\textcolor[rgb]{0.02,0.16,0.49}{{#1}}}
\\newcommand{\\RegionMarkerTok}[1]{{#1}}
\\newcommand{\\ErrorTok}[1]{\\textcolor[rgb]{1.00,0.00,0.00}{\\textbf{{#1}}}}
\\newcommand{\\NormalTok}[1]{{#1}}
\\ifxetex
 \\usepackage[setpagesize=false, % page size defined by xetex
             unicode=false, % unicode breaks when used with xetex
             xetex,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\\else
 \\usepackage[unicode=true,
             colorlinks=true,
             linkcolor=blue]{hyperref}
\\fi
\\hypersetup{breaklinks=true, pdfborder={0 0 0}}
\\setlength{\\parindent}{0pt}
\\setlength{\\parskip}{6pt plus 2pt minus 1pt}
\\setlength{\\emergencystretch}{3em} % prevent overfull lines
\\setcounter{secnumdepth}{0}
\\EndDefineVerbatimEnvironment{Highlighting}
\\begin{document}
\\input{main.tex}
\\end{document}
```
main.texの中身(例)です。
```
\hypertarget{main.texux306eux4e2dux8eab}{%
\section{main.texの中身}\label{main.texux306eux4e2dux8eab}}
\begin{Shaded}
\begin{Highlighting}[]
\BuiltInTok{print}\NormalTok{(}\StringTok{"Shaded & Highlighting環境"}\NormalTok{)}
\end{Highlighting}
\end{Shaded}
\begin{verbatim}
verbatim環境
\end{verbatim}
\texttt{文中コード}
```
バージョンなど :
- 実行環境 : Windows 10 MINGW64
- pandoc : pandoc.exe 2.2.1
- TeX関連 : TeX Live 2018
他に確認が必要な項目があれば修正欄にお願いします。
補足事項 :
LaTeXの使用はマストなのでAtomやVSCodeの拡張機能を使ってMarkdown -> pdfという方法はおそらく使えないと思います。
  • Markdown

    96 questions

    Markdownは、文書の構造、修飾情報を記述するための軽量マークアップ言語です。

  • LaTeX

    60 questions

    LaTeXは、レスリー・ランポートが開発したテキストベースの文書整形システムです。 電子製版ソフトウェアである「TeX」にマクロパッケージを組み込む形で構成されており、 通常のTeXより扱いやすくなっているのが特徴です。

思考するエンジニアのためのQ&Aサイト「teratail」について詳しく知る