質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.71%

【Monaca+Ionic】Android バックグラウンド状態の処理

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 2,219

giwagiwagiwa

score 28

前提・実現したいこと

Monacaを使用してAndroid/iOSアプリを開発しています。

イベントリスナーにdevicemotionを登録し、加速度センサから歩数のカウントを取得し画面に表示しています。
アプリのフォアグラウンド状態では正常に動作します。

ですが、アプリをバックグラウンド状態にするとdevicemotionのイベントが動作しません。

iOSではcordova-plugin-background-fetchを使用すれば動作するかと思いますが
Androidに対応していないみたいなのでdevicemotionのイベントをバックグラウンドで動作させることができません。

何か方法は無いでしょうか。。。

下記のソースにはこだわりません。

該当のソースコード

window.addEventListener('devicemotion', onDeviceMotion);
function onDeviceMotion(e) {
        e.preventDefault();
        // 重力加速度を取得
        var ag = e.accelerationIncludingGravity;
        // 重力加速度ベクトルの大きさを取得
        var acc = Math.sqrt(ag.x*ag.x + ag.y*ag.y + ag.z*ag.z);
        if (_isStep) {
            // 歩行中にしきい値よりも低ければ一歩とみなす
            if (acc < GRAVITY_MIN) {
                _step++;
                _isStep = false;
            }
        } else {
            // しきい値よりも大きければ歩いているとみなす
            if (acc > GRAVITY_MAX) {
                _isStep = true;
                $('#hosu').text(_step);
                console.log(_step + "歩");
            }
        }
    }

試したこと

使ってみたプラグイン
cordova-plugin-background-mode
Device Motion

アプリ設定の
アプリを常に実行を「有効」に

config.xmlに
<preference name="KeepRunning" value="true"/>

ダメそうでした。

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

Android(5.x)で開発を進めています。

追記(2017/08/09)

下記ソースでバックグラウンド時もセンサの値を取得することには成功しました。(おそらく)
ただ、0.2秒ごとにセンサの値を取得して判定するというのはプログラム的にどうなのかという疑問が残ります。。
もっとスマートな方法は無いでしょうか。。。

document.addEventListener('deviceready', onDeviceReady, false);    
function onDeviceReady() {
        // 重力加速度のしきい値
        var GRAVITY_MIN = 9.8;
        var GRAVITY_MAX = 12.00;
        // 歩数
        var _step = 0;
        // 現在歩いているかどうか
        var _isStep = false;

        //センサ取得成功時
        function onSuccess(acceleration) {
            var ag = acceleration;
            // 重力加速度ベクトルの大きさを取得
            var acc = Math.sqrt(ag.x*ag.x + ag.y*ag.y + ag.z*ag.z);
            console.log(acc);
            if (_isStep) {
                // 歩行中にしきい値よりも低ければ一歩とみなす
                if (acc < GRAVITY_MIN) {
                    _step++;
                    _isStep = false;
                }
            } else {
                // しきい値よりも大きければ歩いているとみなす
                if (acc > GRAVITY_MAX) {
                    _isStep = true;
                    $('#hosu').text(_step);
                    console.log(_step + "歩");
                }
            }
        }
        //センサ取得失敗時
        function onError() {
            console.log('watchAcceleration on Error!');
        }

        //0.2sごとにセンサの値を取得
        var options = { frequency: 200 };
        var watchID = navigator.accelerometer.watchAcceleration(onSuccess, onError, options);


        cordova.plugins.backgroundMode.enable();
        cordova.plugins.backgroundMode.on('enable', window.addEventListener('devicemotion', watchID));
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.71%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る