has_many throughの中間テーブルの値をポップアップウィンドウで選び、fields_forで編集する方法について

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,141

KoukoMatsumoto

score 47

has_many throughの関係にある中間テーブルの、fields_forのフォームに埋め込む内容を、新規ウィンドウのポップアップで選択した値を反映させたいと思っております。

こういった実装なので、ポップアップから戻ってくると親ウィンドウのグローバル変数は空になってしまうため、上手く連携できません。
form_tagで親モデルとは切り離した実装にするしかないでしょうか。
できるだけfields_forを用いたいと思ってます。
また、チェックボックスで別窓で選んだ値をちゃんと、@post.usersで呼び出せるようにするためには、どのタイミングでどういった記述が必要でしょうか。

問題点:
・中間テーブルのidを選ばせるだけでなく、中間テーブルにmemoというテキスト要素があり、こちらも編集の必要があるため、collection_check_boxesやnested_form等、IDだけを選ばせるものが利用できない
・ポップアップから戻って来る際に、親ウィンドウ側のform_forのf変数は空っぽになるので、f.fields_forができない

不明点:
・紐づけたいusers_posts の値を削除、追加する場合、@post.usersでDB保存前の要素をチェックボックで選択したものにどのタイミングで挿入させることができるのか?
・create, updateの @post.save!で、今回追加・削除するusers_posts関連テーブルのバリデーションチェックも一度に行えるか?

※以下は参考までにこんな感じ、で書いているソースなので細かいエラーがあったらスミマセン…

model
# 所持カラム
# id, titie, contents ...
class Post < ActiveRecord::Base
  has_many :posts_users
  has_many :authors, :through => :posts_users
  validates :title, presence: true
  accepts_nested_attributes_for :users
end
# 所持カラム
# id, name, email
class User < ActiveRecord::Base
  has_many :posts_users
  has_many :posts, :through => :posts_users
end

# 所持カラム
# user_id, post_id, memo
class UsersPost < ActiveRecord::Base
  belongs_to :post
  belongs_to :user
  validates :memo, presence: true
end
メインの選択部分
view
app/views/posts/_form.html.erb
<%= form_for(@post) do |f| %>
  <%= f.text_field :title %>
    .....
  <%= render "form_posts", f: f %>
  ....
  <%= f.submit "登録" %>  
<% end %>
メイン選択部分で別ウィンドウで選んだ中間テーブルの結果と、中間テーブルのmemo要素を更新するフォーム(ajax対応)
app/views/posts/_form_posts.html.erb
# locals f
<div id="_posts">
  # ここの@postと、f が、別ウィンドウから選択して戻ったときに消えてしまう
  # @post.usersで、選択した中間テーブルの内容を呼べる方法が分からない
  <% @post.users.each do |user| %>
    <%= f.fields_for :users, user do |user_field| %>
      <%= user.name %> /
      <%= author_field.text_field :memo %>
    <% end %>
  <% end %>
</div>
<%= link_to "検索", select_users_posts_path, :target => "_blank" %>

別ウィンドウの中間テーブルID選択部分の表示部
app/views/posts/select_users.html.erb
<%= form_for(url: set_users_posts_path) %>
  <% @users.each do |user| %>
    <% check_box_tag "check_user_id[]", user.id  %>
  <% end %>
  <%= submit_tag "送信" %>
<% end %>

jsファイル
app/views/set_users.js.erb
$('#_posts').html('<%= j( render( 'form_posts' ) ) %>');

controller
app/controllers/posts_controller.rb
before_action :set_post, only: [:edit, :update]

def new
  @post = Post.new
end

def edit
  @post = Post.find(params[:id])
end

def create
  @post = Post.new(post_params)
  begin
    # ここの処理で、Postのみでなく、UsersPostのバリデーションも一括でチェックしたい
    @post.save!
  rescue
     render "new"
  end
end

def update
  @post.attribute = post_params
  begin
    @post.save!
  rescue
     render "edit"
  end
end

def select_users
  @users = User.all
end

def set_users
  @users = User.where(id: params[:check_user_id])
  # ここで、チェックボックスで選択した中間テーブルを@post.usersで保存無しで呼べるような処理を書きたい
end

private
  def set_post
    @post = Post.find(params[:id])
  end

  def post_params
    params.require(:post).permit(:title, :msg, authors_attributes: [:memo])
  end


  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.22%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる