質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.34%

  • Ruby on Rails

    7717questions

    Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

  • Ruby on Rails 4

    2466questions

    Ruby on Rails4はRubyによって書かれたオープンソースのウェブフレームワークです。 Ruby on Railsは「設定より規約」の原則に従っており、効率的に作業を行うために再開発を行う必要をなくしてくれます。

Ruby on Rails 4.2(第三版) 10章 演習について

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 443

TK0107

score 3

Ruby on Railsの10章の演習についてですが…
リスト10.57 10.58 10.59 
に黄色にハイライトされた行を変更して行うものなのでしょうか?

すみません、あまりにも質問が曖昧すぎました
具体的なコードを教えていただけますでしょうか、よろしくお願いします。 

1、以下のコードの一番下にあるtest "expired token" doを修正して、期限切れのパスワード再設定のブランチの統合テストを作成せよ、という演習です
assert_match /FILL_IN/i, response.body のFILL_INを期限と比較する旨のコードを記述すると思ったのですが、どのように書けばいいかわからないです

#test/integration/password_resets_test.rb
require 'test_helper'

class PasswordResetsTest < ActionDispatch::IntegrationTest
  def setup
    ActionMailer::Base.deliveries.clear
    @user = users(:michael)
  end

  test "password resets" do
    get new_password_reset_path
    assert_template 'password_resets/new'
    # メールアドレスが無効
    post password_resets_path, password_reset: { email: "" }
    assert_not flash.empty?
    assert_template 'password_resets/new'
    # メールアドレスが有効
    post password_resets_path, password_reset: { email: @user.email }
    assert_not_equal @user.reset_digest, @user.reload.reset_digest
    assert_equal 1, ActionMailer::Base.deliveries.size
    assert_not flash.empty?
    assert_redirected_to root_url
    # パスワード再設定用フォーム
    user = assigns(:user)
    # メールアドレスが無効
    get edit_password_reset_path(user.reset_token, email: "")
    assert_redirected_to root_url
    # 無効なユーザー
    user.toggle!(:activated)
    get edit_password_reset_path(user.reset_token, email: user.email)
    assert_redirected_to root_url
    user.toggle!(:activated)
    # メールアドレスが正しく、トークンが無効
    get edit_password_reset_path('wrong token', email: user.email)
    assert_redirected_to root_url
    # メールアドレスもトークンも有効
    get edit_password_reset_path(user.reset_token, email: user.email)
    assert_template 'password_resets/edit'
    assert_select "input[name=email][type=hidden][value=?]", user.email
    # 無効なパスワードと確認
    patch password_reset_path(user.reset_token),
          email: user.email,
          user: { password:              "foobaz",
                  password_confirmation: "barquux" }
    assert_select 'div#error_explanation'
    # パスワードが空
    patch password_reset_path(user.reset_token),
          email: user.email,
          user: { password:              "",
                  password_confirmation: "" }
    assert_select 'div#error_explanation'
    # 有効なパスワードと確認
    patch password_reset_path(user.reset_token),
          email: user.email,
          user: { password:              "foobaz",
                  password_confirmation: "foobaz" }
    assert is_logged_in?
    assert_not flash.empty?
    assert_redirected_to user

   test "expired token" do
    get new_password_reset_path
    post password_resets_path, password_reset: { email: @user.email }

    @user = assigns(:user)
    @user.update_attribute(:reset_sent_at, 3.hours.ago)
    patch password_reset_path(@user.reset_token),
          email: @user.email,
          user: { password:              "foobar",
                  password_confirmation: "foobar" }
    assert_response :redirect
    follow_redirect!
    assert_match /FILL_IN/i, response.body
  end
end

2、以下のindexとshowを修正して有効なユーザーのみを表示するようにせよ、という問題です
indexはUser.where(activated: FILL_IN)のFILL_INをtureにすればいいと思いました
showは「空(nil)でない限り、indexを返す」という解釈でいいのでしょうか?

#app/controllers/users_controller.rb

class UsersController < ApplicationController

  def index
    @users = User.where(activated: FILL_IN).paginate(page: params[:page])
  end

  def show
    @user = User.find(params[:id])
    redirect_to root_url and return unless FILL_IN
  end

end

3、activateメソッドとcreate_reset_digestメソッドの両方でupdate_attributeを呼び出しており、それぞれのアクセスによってデータベーストランザクションが個別に発生してしまう 以下のコードを埋めて、個別のupdate_attribute呼び出しを単一のupdate_columns呼び出しに統合し、データベースアクセスが1回で済むようにせよ、という問題です
activeのFILL_INにそれぞれ、trueと登録した日時(専用に呼び出す関数あり?)が入ると思います 
create_reset_digestの1つ目のFILL_INは記憶トークン、2つ目にはメールを送信した日時が入ると考えています

class User < ActiveRecord::Base
  attr_accessor :remember_token, :activation_token, :reset_token
  before_save   :downcase_email
  before_create :create_activation_digest

  # アカウントを有効にする
  def activate
    update_columns(activated: FILL_IN, activated_at: FILL_IN)
  end

  # 有効化用のメールを送信する
  def send_activation_email
    UserMailer.account_activation(self).deliver_now
  end

  # パスワード再設定の属性を設定する
  def create_reset_digest
    self.reset_token = User.new_token
    update_columns(reset_digest:  FILL_IN,
                   reset_sent_at: FILL_IN)
  end
end
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正の依頼

  • ikedas

    2017/01/14 23:49

    書籍の該当箇所をきちんと引用して下さい。あと、引用するときは書誌情報 (著者名、書籍のタイトル、出版社、引用した文章が載っているページ) を正確に書いて下さい。

    キャンセル

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.34%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • Ruby on Rails

    7717questions

    Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

  • Ruby on Rails 4

    2466questions

    Ruby on Rails4はRubyによって書かれたオープンソースのウェブフレームワークです。 Ruby on Railsは「設定より規約」の原則に従っており、効率的に作業を行うために再開発を行う必要をなくしてくれます。