質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.03%

取得したドメインをサーバ上のwww/html/hogehogeのDocumentRootに設定したい

受付中

回答 4

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,099

akkkkin

score 77

掲題の件でご質問です。

example.comというドメインを取得し、
サーバーの"www/html/hogehoge"内にWordPressを設置しました。

しかし、WordPressのサイトにアクセスするには
example.com/hogehogeとしないとアクセスできません。

設定したいこととしては
example.comで
WordPressのサイトにアクセスできるように設定したいです。

ついてはどのようにDocumentRootを設定すればいいでしょうか?
DNSは設定済みです。

■サーバー:さくらVPS
■ os:centos7

になります。

追記:
現在のhttpd.confのコードです。
↓↓↓↓↓↓↓

中略
#
ServerRoot "/etc/httpd"

#
# Listen: Allows you to bind Apache to specific IP addresses and/or
# ports, instead of the default. See also the <VirtualHost>
# directive.
#
# Change this to Listen on specific IP addresses as shown below to
# prevent Apache from glomming onto all bound IP addresses.
#
#Listen 12.34.56.78:80
Listen 80

#
# Dynamic Shared Object (DSO) Support
#
# To be able to use the functionality of a module which was built as a DSO you
# have to place corresponding `LoadModule' lines at this location so the
# directives contained in it are actually available _before_ they are used.

中略

#
# ServerRoot: The top of the directory tree under which the server's
# configuration, error, and log files are kept.
#
# Do not add a slash at the end of the directory path. If you point
# ServerRoot at a non-local disk, be sure to specify a local disk on the
# Mutex directive, if file-based mutexes are used. If you wish to share the
# same ServerRoot for multiple httpd daemons, you will need to change at
# least PidFile.

#
ServerRoot "/etc/httpd"

#
# Listen: Allows you to bind Apache to specific IP addresses and/or
# ports, instead of the default. See also the <VirtualHost>
# directive.
#
# Change this to Listen on specific IP addresses as shown below to
# prevent Apache from glomming onto all bound IP addresses.
#
#Listen 12.34.56.78:80
Listen 80

中略

Include conf.modules.d/*.conf

#
# If you wish httpd to run as a different user or group, you must run
# httpd as root initially and it will switch.
#
# User/Group: The name (or #number) of the user/group to run httpd as.
# It is usually good practice to create a dedicated user and group for
# running httpd, as with most system services.
#
User apache
Group apache

中略

#
# ServerAdmin: Your address, where problems with the server should be
# e-mailed. This address appears on some server-generated pages, such
# as error documents. e.g. admin@your-domain.com
#
ServerAdmin root@localhost

#
# ServerName gives the name and port that the server uses to identify itself.
# This can often be determined automatically, but we recommend you specify
# it explicitly to prevent problems during startup.
# If your host doesn't have a registered DNS name, enter its IP address here.
#
#ServerName www.example.com:80

#
# Deny access to the entirety of your server's filesystem. You must
# explicitly permit access to web content directories in other
# <Directory> blocks below.
#
<Directory />
  AllowOverride none
  Require all denied
</Directory>

#
# Note that from this point forward you must specifically allow
# particular features to be enabled - so if something's not working as
# you might expect, make sure that you have specifically enabled it
# below.
#

#
# DocumentRoot: The directory out of which you will serve your
# documents. By default, all requests are taken from this directory, but
# symbolic links and aliases may be used to point to other locations.
#
DocumentRoot "/var/www/html"

#
# Relax access to content within /var/www.
#
<Directory "/var/www">
  AllowOverride All
  # Allow open access:
  Require all granted
</Directory>

# Further relax access to the default document root:
DocumentRoot "/var/www/html"
<Directory "/var/www/html">
  # or any combination of:
  # Indexes Includes FollowSymLinks SymLinksifOwnerMatch ExecCGI MultiViews
  #
  # Note that "MultiViews" must be named *explicitly* --- "Options All"
  # doesn't give it to you.
  #
  # The Options directive is both complicated and important. Please see
  # http://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/core.html#options
  # for more information.
  #
  Options Indexes FollowSymLinks

  #
  #
  # AllowOverride controls what directives may be placed in .htaccess files.
  # It can be "All", "None", or any combination of the keywords:
  # Options FileInfo AuthConfig Limit
  #
  AllowOverride All

  #
  # Controls who can get stuff from this server.
  #
  Require all granted
</Directory>

#
# DirectoryIndex: sets the file that Apache will serve if a directory
# is requested.
#
<IfModule dir_module>
  DirectoryIndex index.html
</IfModule>

#
# The following lines prevent .htaccess and .htpasswd files from being
# viewed by Web clients.
#
<Files ".ht*">
  Require all denied
</Files>

中略

LogLevel warn

<IfModule log_config_module>
  #
  # The following directives define some format nicknames for use with
  # a CustomLog directive (see below).
  #
  LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined
  LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b" common

  <IfModule logio_module>
  # You need to enable mod_logio.c to use %I and %O
  LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\" %I %O" combinedio
  </IfModule>

  #
  # The location and format of the access logfile (Common Logfile Format).
  # If you do not define any access logfiles within a <VirtualHost>
  # container, they will be logged here. Contrariwise, if you *do*
  # define per-<VirtualHost> access logfiles, transactions will be
  # logged therein and *not* in this file.
  #
  #CustomLog "logs/access_log" common

  #
  # If you prefer a logfile with access, agent, and referer information
  # (Combined Logfile Format) you can use the following directive.
  #
  CustomLog "logs/access_log" combined
  </IfModule>

  <IfModule alias_module>
  #
  # Redirect: Allows you to tell clients about documents that used to
  # exist in your server's namespace, but do not anymore. The client
  # will make a new request for the document at its new location.
  # Example:
  # Redirect permanent /foo http://www.example.com/bar

  #
  # Alias: Maps web paths into filesystem paths and is used to
  # access content that does not live under the DocumentRoot.
  # Example:
  # Alias /webpath /full/filesystem/path
  #
  # If you include a trailing / on /webpath then the server will
  # require it to be present in the URL. You will also likely
  # need to provide a <Directory> section to allow access to
  # the filesystem path.

中略

  #
<Directory "/var/www/cgi-bin">
  AllowOverride None
  Options None
  Require all granted
</Directory>

<IfModule mime_module>
  #
  # TypesConfig points to the file containing the list of mappings from
  # filename extension to MIME-type.
  #
  TypesConfig /etc/mime.types

  #
  # AddType allows you to add to or override the MIME configuration
  # file specified in TypesConfig for specific file types.
  #
  #AddType application/x-gzip .tgz
  #
  # AddEncoding allows you to have certain browsers uncompress
  # information on the fly. Note: Not all browsers support this.
  #
  #AddEncoding x-compress .Z
  #AddEncoding x-gzip .gz .tgz
  #
  # If the AddEncoding directives above are commented-out, then you
  # probably should define those extensions to indicate media types:
  #
  AddType application/x-compress .Z
  AddType application/x-gzip .gz .tgz

  中略

  # in HTML content to override this choice, comment out this
  # directive:
  #
  AddDefaultCharset UTF-8

  <IfModule mime_magic_module>
  #
  # The mod_mime_magic module allows the server to use various hints from the
  # contents of the file itself to determine its type. The MIMEMagicFile
  # directive tells the module where the hint definitions are located.
  #
  MIMEMagicFile conf/magic
  </IfModule>

 中略

  EnableSendfile on

  # Supplemental configuration
  #
  # Load config files in the "/etc/httpd/conf.d" directory, if any.
  IncludeOptional conf.d/*.conf

以上ご教示いただければありがたいです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • akkkkin

    2016/12/06 13:02

    外部の利用を取りやめました。外部を利用した理由は10000文字以上になってしまい保存ができなかったためです。ですが、コード内に中略をいれ不要な箇所は消すことでコードブロックでたいおうしました。教えて頂きありがとうございます。

    キャンセル

  • 退会済みユーザー

    退会済みユーザー

    2016/12/07 08:35

    #から始まる行はコメント(不要箇所)なので削除してもいい行だったりする

    キャンセル

  • 退会済みユーザー

    退会済みユーザー

    2016/12/07 08:39

    ちなみに LOADMODULEは 削除してはいけない。

    キャンセル

回答 4

+1

過去の質問に同じ質問がありますので、そちらの URL を貼っておきます。

https://teratail.com/questions/56300

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

何故にマイナス評価。。。

そっか、さくらVPSでは httpd.conf では DocumentRootのPATHは変更できなくなったのか(いつ出来なくなったんだろう?)。
この回答は間違いらしいです。

質問者さんの関連質問:Apacheが起動しなくなりました。原因がわかりません。

Webサーバーはapacheですよね?
httpd.conf で DocumentRoot を検索し設定されているPATHを変更すればできると思います。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

apache設定ファイルhttpd.confのDocumentRootを以下のように設定しては如何でしょうか?
DocumentRoot "/www/html/hogehoge"

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/12/06 13:04

    DocumentRoot "/www/html/hogehoge"としているのは
    hogehoge.com/hogehogeというURLで表示させるのではなく、hogehoge.comで表示させたいためです。

    キャンセル

  • 2016/12/06 17:33

    Apacheのドキュメントルートを
    DocumentRoot "/www/html/hogehoge"
    と設定してるのであれば、
    ワードプレスの一般設定のサイトURLを
    example.com
    と設定はされてますか?
    ※ワードプレスURLはいじらないで下さい。ワードプレスへアクセスできなく
    なることがありますので。

    キャンセル

  • 2016/12/07 08:58 編集

    >※ワードプレスURLはいじらないで下さい。ワードプレスへアクセスできなく
    なることがありますので。
    まさにアクセスできない状態になっていたので、DBからの書き換えがわからなく、
    応急処置として、wp-config.phpでdefineで
    define('WP_HOME','http://example.com/hogehoge&#039;);
    define('WP_SITEURL','http://example.com/hogehoge&#039;);
    設定しています。
    上記のように設定すると管理画面に入れましたが、管理画面からの変更ができなくなっております。

    キャンセル

  • 2016/12/07 09:24

    ちなみにドキュメントルートをDocumentRoot "/www/html/hogehoge"と設定すると
    新しくDocumentRoot "/www/html/hogehoge2"とディレクトリを作成し、
    その中にWordPressをインストールしてもアクセスできないのでしょうか?

    キャンセル

0

>新しくDocumentRoot "/www/html/hogehoge2"とディレクトリを作成し、
>その中にWordPressをインストールしてもアクセスできないのでしょうか?
→ Apacheの名前ベースのバーチャルホストの設定をすれば可能です。
↓以下のようになります。
http://hogehoge.com/ → ドキュメントルート/www/html/hogehogeを参照。
http://hogehoge2.com/ → ドキュメントルート/www/html/hogehoge2を参照。

▼ 名前ベースの仮想ホスト
http://www.adminweb.jp/apache/virtual/index2.html

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.03%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる