質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.54%

ハッシュパーティションについて

受付中

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 848
退会済みユーザー

退会済みユーザー

ハッシュパーティションについての質問です。
「達人に学ぶDB設計徹底指南書」という本で勉強しているのですが、ハッシュパーティションについて以下のような記述があります。
「ハッシュ関数でパーティションキーの値を分散させます。これは名前の通り、ハッシュ関数でパーティションキーの値を分散させます。したがって、一般的にはパーティションの数がいくつになるかを事前にユーザー側が指定しない使い方をします。」
調べてみても、よくわからなかったのですが、本の記述によれば、レンジパーティションとリストパーティションではパーティションをいくつにするかということはユーザー側が指定するわけですが、なぜハッシュパーティションではそのようにはなっていないのでしょうか?
それは、すなわち勝手にDBMSが判断するということになると思うのですが、なぜでしょうか?
普通に考えると、パーティションをいくつにするか、という情報はユーザー側で与えてやらないと、適切なパーティションの数が用意できないように思えるからです。
お分かりの方、回答お願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

0

パーティションの中にサブパーティションとしてハッシュ・パーティションを使うことでI/O分散を図る、など大規模なDBではよく使います。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

まだクローズされてないみたいなので推測交じりで回答してみます。

まず前提としてリストパーティション、レンジパーティションの2つと、
ハッシュパーティションの違いは理解できてますでしょうか。

一応違い云々については、
参考までにこちらも合わせて読んでみて下さい。(PostgreSQLのやつですが・・・)

ここで言う「ユーザー」って誰?

さてここから本題です。
実の所ハッシュパーティションを用いる場合もテーブル数は指定可能です。
(Oracleのようにハッシュアルゴリズムの選択はできないので2の累乗にしないとメリットの教授が行えないDBMSもあれば、
ハッシュアルゴリズムは指定したパーティション数に応じて決定するDBMSもありますが。)

ではここでいうユーザが指定できないっていうのは嘘じゃないって話に思われますが、
当方の解釈ではここのユーザーというのは、
「DBMSを直接扱う開発者」ではなく「システムを利用するユーザー、またはシステム運用チーム」を指すのではないかなと思われます。(これは推測で筆者様ではないので本当の意図は分かりませんが・・・)

ここから先は上記を前提で話を展開します。

事前に数を決める・決められないって何?

さてここから本題ですが、
パーティションの数が決められる・決められないという何かについて説明してみます。

パーティション数が決められる。
つまりこれはシステム利用ユーザーや運用チームとの要件決定時点でパーティション数を確定することが可能なことを表していると思われます。

例えばレンジパーティションであれば、
年月単位でパーティション化する方針となれば年内で「12」個必要なのが確定しますよね?
(例えば大量データから1月分の集計を高速化したいなどの要望があれば年月単位のパーティションが有効です。)

次にリストパーティションですが、
こちらは日本の地域単位でパーティション化する方針となれば「8」必要なのが確定しますよね?
(地域数はWikiの八地方区分を参考として決定してみました。この分け方は大量のデータから地方ごとの集計が多い場合に有効です。)

つまり上記のパーティション方法での数というのは、
システム都合で数を決定するのでなく要件に合わせて数を決定するということが重要となることが多いわけです。

上記に対してハッシュパーティションはどうでしょうか?
これはOrlofskyさんのおっしゃる通りI/O分散がパーティション化する目的であって、
意味ごとの分類や期間による分類と勝手が違い他のパーティション方法と比較すると数の持つ重要性は希薄化します。

ハッシュパーティションで重要なのは、
「負荷の分散」ということであって意味ごとの分類ではないことに注意してください。

つまり十分に負荷分散の要件を満たしおり、
データ格納量も1テーブルごとにある程度抑えられるのであれば、
数というのはシステム利用ユーザー側・運用チームにはあまり関係ないわけです。

そのため要件定義段階でも、
「システム上問題ないレベルの数ならいいのでは?」という話にしかならないでしょう。

そういう意味も込められて、
書籍では事前に数を決められる・決められないを述べているのかなと勝手に解釈しています。

あくまで個人的な考えなのでご参考程度に留めておいて下さいね^^;

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.54%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる