質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.91%

rails 4.2から5.0に変更したらエラーが出るようになりました。

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,184

TakumaN

score 120

今まで[*Rails*] deviseの使い方を参考にして、rails 4.2でdeviseのセッティングをしていました。

そして、rails 5.0に変更したところ、以前と同じコードを書くと下記のエラーが出るようになりました。

おそらくrailsのバージョンアップによって仕様が変更されたためだと思うのですが、どのように書き直せばよいでしょうか?

エラー内容

ArgumentError in Devise::RegistrationsController#new

wrong number of arguments (given 2, expected 0..1)

def self.new_with_session(params, session)
        if session["devise.user_attributes"]
            new(session["devise.user_attributes"], without_protection: true) do |user|
                user.attributes = params
                user.valid?
            end

コードはリンク先と全く同じですが、念のため下に二つ載せておきます。
あと一番下に試したことを書きました!

app/controllers/omniauth_callbacks_controller.rb

class OmniauthCallbacksController < Devise::OmniauthCallbacksController
    def twitter
        @user = User.from_omniauth(request.env["omniauth.auth"].except("extra"))

        if @user.persisted?
            flash.notice = "ログインしました!"
            sign_in_and_redirect @user
        else
            session["devise.user_attributes"] = @user.attributes
            redirect_to new_user_registration_url
        end
    end
end

app/models/user.rb

class User < ActiveRecord::Base
  # Include default devise modules. Others available are:
  # :confirmable, :lockable, :timeoutable and :omniauthable
  devise :database_authenticatable, :registerable,
         :recoverable, :rememberable, :trackable, :validatable,
         :confirmable, :lockable, :timeoutable, :omniauthable, omniauth_providers: [:twitter]

    def self.from_omniauth(auth)
        where(provider: auth["provider"], uid: auth["uid"]).first_or_create do |user|
            user.provider = auth["provider"]
            user.uid = auth["uid"]
            user.username = auth["info"]["nickname"]
        end
    end

    def self.new_with_session(params, session)
        if session["devise.user_attributes"]
            new(session["devise.user_attributes"], without_protection: true) do |user|
                user.attributes = params
                user.valid?
            end
        else
            super
        end
    end
end

試したこと

http://stackoverflow.com/questions/17105112/argumenterror-in-deviseregistrationscontrollernew-wrong-number-of-argumentsを参考にして、Userモデル内のnew(session["devise.user_attributes"], without_protection: true) do |user|を

new session["devise.user_attributes"] do |user|


としたところ、sign_upページはちゃんと表示されるようになったが、常時(一度もsubmitを押していないのに)エラーメッセージが出てしまう。(rails 4.2ではこんなことなかった)

<%= f.text_field :name %>
<span class="error"><%= @user.errors.messages[:name][0] %></span>

#初めてsign_upページを訪れた時にもpresenceがfalseの時のエラーメッセージが表示されてしまう。
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.91%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る