質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.99%

Androidアプリでクリックリスナーは動くのですが、タッチイベントが動かないです

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,075

katushirou_p

score 5

前提・実現したいこと

ここに質問したいことを詳細に書いてください
(例)Androidプログラミング初心者です。
一番古いNEXUS7(Android6.0.1)にてカメラアプリを作成しております。
カメラアプリでタップした箇所にオートフォーカスをするようにしているのですが
ついでに、タップした箇所のx座標、y座標をとり、画面に表示したくプログラムを下記の用にしてみましたが
オートフォーカス機能は動いても、座標はとってくれませんでした。何か間違っている点ありましたらご教示して
いただけると幸いです。また、このようなサイトを利用するのは初めてなので、不手際があったらもうしわありません。

package com.example.sample;

import java.io.ByteArrayOutputStream;
import java.util.List;

import android.app.Activity;
import android.graphics.Bitmap;
import android.graphics.BitmapFactory;
import android.graphics.ImageFormat;
import android.graphics.Matrix;
import android.graphics.Rect;
import android.graphics.YuvImage;
import android.hardware.Camera;
import android.os.Bundle;
import android.provider.MediaStore;
import android.util.Log;
import android.view.Menu;
import android.view.MenuItem;
import android.view.MotionEvent;
import android.view.SurfaceHolder;
import android.view.SurfaceView;
import android.view.View;
import android.widget.TextView;

public class MainActivity extends Activity {

    private SurfaceView mySurfaceView;
    private Camera myCamera;



    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_view);


        //SurfaceView
        mySurfaceView = (SurfaceView)findViewById(R.id.mySurfaceVIew);
        //リスナ追加
      mySurfaceView.setOnClickListener(onSurfaceClickListener);

        //SurfaceHolder(SVの制御に使うInterface)
        SurfaceHolder holder = mySurfaceView.getHolder();
        //コールバックを設定
        holder.addCallback(callback);
    }

    //コールバック
    private SurfaceHolder.Callback callback = new SurfaceHolder.Callback() {
        @Override
        public void surfaceCreated(SurfaceHolder surfaceHolder) {

            //CameraOpen
            myCamera = Camera.open();

            //Portrait対応
            myCamera.setDisplayOrientation(90);

            //出力をSurfaceViewに設定
            try{
                myCamera.setPreviewDisplay(surfaceHolder);
            }catch(Exception e){
                e.printStackTrace();
            }
        }

        @Override
        public void surfaceChanged(SurfaceHolder surfaceHolder, int i, int w, int h) {

            //最適サイズを取得
            Camera.Parameters params = myCamera.getParameters();
            List<Camera.Size> sizes = params.getSupportedPreviewSizes();
            Camera.Size optimalSize = getOptimalPreviewSize(sizes,w,h);
            params.setPreviewSize(optimalSize.width,optimalSize.height);
            myCamera.setParameters(params);

            //プレビュースタート(Changedは最初にも1度は呼ばれる)
            myCamera.startPreview();
        }

        @Override
        public void surfaceDestroyed(SurfaceHolder surfaceHolder) {

            //片付け
            myCamera.release();
            myCamera = null;
        }
    };





    public boolean onTouchEvent(MotionEvent event)
    {
        //X軸の取得
        float pointX = event.getX();

        //Y軸の取得
        float pointY = event.getY();

        //取得した内容をログに表示
        Log.d("TouchEvent", "X:" + pointX + ",Y:" + pointY);
        TextView tv = (TextView)findViewById(R.id.textView2);
        tv.setText(Float.toString(pointX));


        return true


}

    //Surfaceをクリックした時
    private View.OnClickListener onSurfaceClickListener = new View.OnClickListener(){
        @Override
        public void onClick(View view){
            if(myCamera != null){
                //AutoFocusを実行
                myCamera.autoFocus(autoFocusCallback);   
            }
        }
    };

    //AutoFocusした時
    private Camera.AutoFocusCallback autoFocusCallback = new Camera.AutoFocusCallback(){
        @Override
        public void onAutoFocus(boolean b, Camera camera) {

            //ただ写真を撮るだけならここにtakePicture()を入れても良い
            //しかし、Pixelを弄りたいのでもうワンクッション(画像処理やバーコード処理をしたいので)
            //Previewを1枚切り取る(そしてイベント発生)
            camera.setOneShotPreviewCallback(previewCallback);
        }
    };

    //切り取った時(ここで撮影、各種画像処理を行う)
    private Camera.PreviewCallback previewCallback = new Camera.PreviewCallback(){

        //OnShotPreview時のbyte[]が渡ってくる
        @Override
        public void onPreviewFrame(byte[] bytes, Camera camera) {

            //プレビューのフォーマットはYUVなので、YUVをBmpに変換する必要がある(ややこしい)
            int w = camera.getParameters().getPreviewSize().width;
            int h = camera.getParameters().getPreviewSize().height;

            //切り取った画像を保存
            Bitmap bmp = getBitmapImageFromYUV(bytes, w, h);

            //回転
            Matrix m = new Matrix();
            m.setRotate(90);

            //保存用 bitmap生成
            Bitmap rotated_bmp = Bitmap.createBitmap(bmp,0,0,bmp.getWidth(),bmp.getHeight(),m,true);
            Bitmap save_bmp =  Bitmap.createScaledBitmap(rotated_bmp, Init.pixelWidth, Init.pixelHeight, false);

            //保存
           String res = MediaStore.Images.Media.insertImage(getContentResolver(),save_bmp,"",null);
            Log.v("tama","res="+res);

            Access acc = new Access(save_bmp);
            Thread t = new Thread(acc);
            t.start();
         }
    };


    //YUVをBitmapに変換する関数(参照:http://tech.thecoolblogs.com/2013/02/get-bitmap-image-from-yuv-in-android.html)
    public static Bitmap getBitmapImageFromYUV(byte[] data, int width, int height) {
        YuvImage yuvimage = new YuvImage(data, ImageFormat.NV21, width, height, null);
        ByteArrayOutputStream baos = new ByteArrayOutputStream();
        yuvimage.compressToJpeg(new Rect(0, 0, width, height), 80, baos);
        byte[] jdata = baos.toByteArray();
        BitmapFactory.Options bitmapFatoryOptions = new BitmapFactory.Options();
        bitmapFatoryOptions.inPreferredConfig = Bitmap.Config.RGB_565;
        Bitmap bmp = BitmapFactory.decodeByteArray(jdata, 0, jdata.length, bitmapFatoryOptions);
        return bmp;
    }

    //ApiDemoでよく使うgetOptimalPreviewSize
    private Camera.Size getOptimalPreviewSize(List<Camera.Size> sizes, int w, int h) {

        final double ASPECT_TOLERANCE = 0.1;
        double targetRatio=(double)h / w;

        if (sizes == null) return null;

        Camera.Size optimalSize = null;
        double minDiff = Double.MAX_VALUE;

        int targetHeight = h;

        for (Camera.Size size : sizes) {
            double ratio = (double) size.width / size.height;
            if (Math.abs(ratio - targetRatio) > ASPECT_TOLERANCE) continue;
            if (Math.abs(size.height - targetHeight) < minDiff) {
                optimalSize = size;
                minDiff = Math.abs(size.height - targetHeight);
            }
        }

        if (optimalSize == null) {
            minDiff = Double.MAX_VALUE;
            for (Camera.Size size : sizes) {
                if (Math.abs(size.height - targetHeight) < minDiff) {
                    optimalSize = size;
                    minDiff = Math.abs(size.height - targetHeight);
                }
            }
        }
        return optimalSize;
    }

    @Override
    public boolean onCreateOptionsMenu(Menu menu) {
        // Inflate the menu; this adds items to the action bar if it is present.
        getMenuInflater().inflate(R.menu.main, menu);
        return true;
    }

    @Override
    public boolean onOptionsItemSelected(MenuItem item) {
        // Handle action bar item clicks here. The action bar will
        // automatically handle clicks on the Home/Up button, so long
        // as you specify a parent activity in AndroidManifest.xml.
        int id = item.getItemId();
        if (id == R.id.action_settings) {
            return true;
        }
        return super.onOptionsItemSelected(item);
    }


}


アプローチとして各場所を

試したこと

課題に対してアプローチしたことを記載してください

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

より詳細な情報

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

メソッドに@overrideをつけてみてください。onTouchEventはViewのメソッドなのでエラーになるはずです。
View#setOnTouchListenerを使い、OnTouchListnenerを渡す必要があります。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.99%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる