質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.12%
ARKit

ARKitは、iPhone/iPad向けのARアプリ用フレームワーク。iOS11以降に標準搭載されています。これを用いたARアプリは、特殊なデバイスがなくてもiPhone/iPadの単眼カメラを使用して動作することが可能です。

Swift

Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

受付中

オブジェクトが押された時画面遷移したい Swift RealityKit UITapGesture

hrk_sgymm1193
hrk_sgymm1193

総合スコア1

ARKit

ARKitは、iPhone/iPad向けのARアプリ用フレームワーク。iOS11以降に標準搭載されています。これを用いたARアプリは、特殊なデバイスがなくてもiPhone/iPadの単眼カメラを使用して動作することが可能です。

Swift

Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

0回答

0リアクション

0クリップ

843閲覧

投稿2021/12/20 04:09

swift初心者です。UIKitのコードベースでARのアプリ開発を行なっています。

https://qiita.com/john-rocky/items/77dd077a5778c7ca9369#17realitykit%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%86%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88

こちらの記事を参考にオブジェクトがタップされた際に画面遷移を行いたいのですが、オブジェクトのタップ自体が検出されず実装できていません。RealityKItにお詳しい方ご指導の方よろしくお願いいたします。

ARViewContoroller

import UIKit import ARKit import RealityKit import Combine class ARViewController: UIViewController, ARCoachingOverlayViewDelegate { let userView_Button = UIButton() private var arView: ARView! private let coachingOverlay = ARCoachingOverlayView() private var animationEnd: Cancellable! private var go = true private var pin:Entity! private var moveFoward = false override func viewDidLoad() { super.viewDidLoad() arView = ARView(frame: view.bounds) view.addSubview(arView) UISetup() view.backgroundColor = .darkGray navigationItem.title = "AR" let tap = UITapGestureRecognizer(target: self, action:#selector(onTap(_:)) ) arView.addGestureRecognizer(tap) } @objc func onTap(_ sender: UITapGestureRecognizer? = nil) { guard let touchInView = sender?.location(in: self.arView) else { return } guard self.arView.entity( at: touchInView) != nil else { return } print("pbject tapped") let PIVC = PostInfoViewController() self.present(PIVC, animated: true) } @objc func UserViewPressed(_ sender: UIButton) { print("pushed!!!!!") let MenuVC = MenuViewController() let MenuNVC = UINavigationController(rootViewController: MenuVC) if #available(iOS 15.0, *) { if let sheet = MenuNVC.sheetPresentationController { sheet.detents = [.medium(), .large()] sheet.prefersGrabberVisible = true sheet.preferredCornerRadius = 23 sheet.largestUndimmedDetentIdentifier = .medium sheet.prefersScrollingExpandsWhenScrolledToEdge = false } } else { // Fallback on earlier versions } self.present(MenuNVC, animated: true) } override func viewWillAppear(_ animated: Bool) { super.viewWillAppear(animated) let config = ARWorldTrackingConfiguration() config.planeDetection = [.horizontal] config.environmentTexturing = .automatic arView.environment.sceneUnderstanding.options = [.occlusion] arView.session.run(config, options: []) coachingOverlay.goal = .horizontalPlane coachingOverlay.activatesAutomatically = false coachingOverlay.session = arView.session coachingOverlay.delegate = self coachingOverlay.frame = arView.bounds arView.addSubview(coachingOverlay) placepins() } override func viewWillDisappear(_ animated: Bool) { animationEnd.cancel() super.viewWillDisappear(animated) arView.session.pause() } override func viewDidDisappear(_ animated: Bool) { super.viewDidDisappear(animated) } private func placepins() { guard let pin = try? Entity.load(named: "teapot") else { return } self.pin = pin let anchor = AnchorEntity() anchor.addChild(pin) arView.scene.addAnchor(anchor) pin.position = [0,0,-60] pin.setScale([100,100,100], relativeTo: pin) } }

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.12%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

ARKit

ARKitは、iPhone/iPad向けのARアプリ用フレームワーク。iOS11以降に標準搭載されています。これを用いたARアプリは、特殊なデバイスがなくてもiPhone/iPadの単眼カメラを使用して動作することが可能です。

Swift

Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています