質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.48%

boolean型のカラムをupdateメソッドを使いfalseからtrueにする方法

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 459

score 5

前提・実現したいこと

railsでポートフォリオを作成しています。
購入の支払いをした後にuserが購入したかしていないかを判断するためにusersテーブルのboolean型のorderカラムを購入後にtrueにしようと思います

発生している問題・エラーメッセージ

購入の支払いをした後にuserが購入したかしていないかを判断するためにusersテーブルのboolean型のorderカラムを購入後にtrueにしようと思います。updateメソッドを使いupdateしたのですが、データベースに変更が反映されません。
@user.updateとしているところがうまく反映されていません。それ以外は問題なく動いています。また、エラーなどは出ていません。

該当のソースコード

   class OrdersController < ApplicationController

  def create
    redirect_to new_card_path and return unless current_user.card.present?

    @price = Price.find(params[:price_id])

    Payjp.api_key = ENV["PAYJP_SECRET_KEY"] 
    customer_token = current_user.card.customer_token 
    Payjp::Charge.create(
    amount: @price.content, 
    customer: customer_token, 
    currency: 'jpy' 
    )

    @room = Room.find(params[:room_id])
    @order = Order.create(price_id: @price.id, room_id: @room.id)
    @message = Message.create(room_id: @room.id, user_id: @room.user.id, content:"#{current_user.nickname}さんから#{@price.content}円が送られました!!", order: true)
    @user = User.find(current_user.id)
    @user.update(order: true)
    ActionCable.server.broadcast 'stanp_channel', content: @message


  end

end
class User < ApplicationRecord
  has_one_attached :image

  devise :database_authenticatable, :registerable,
        :recoverable, :rememberable, :validatable

  validates :nickname, :birthday, presence: true  

  validates :password, format: { with: /\A(?=.*?[a-z])(?=.*?[\d])[a-z\d]+\z/i}

  with_options presence: true, format: { with: /\A[ぁ-んァ-ヶ一-龥々]+\z/ } do
    validates :first_name
    validates :last_name
  end

  with_options presence: true, format: {with:/\A[ァ-ヶ]+\z/} do
    validates :first_name_katakana
    validates :last_name_katakana
  end

  has_many :celebs, through: :rooms
  has_many :rooms, dependent: :destroy
  has_many :messages, dependent: :destroy
  has_one :card, dependent: :destroy
  has_many :likes, dependent: :destroy
end
create_table "users", options: "ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8", force: :cascade do |t|
    t.string "email", default: "", null: false
    t.string "encrypted_password", default: "", null: false
    t.string "nickname", null: false
    t.string "last_name", null: false
    t.string "first_name", null: false
    t.string "first_name_katakana", null: false
    t.string "last_name_katakana", null: false
    t.date "birthday", null: false
    t.boolean "order", default: false
    t.string "reset_password_token"
    t.datetime "reset_password_sent_at"
    t.datetime "remember_created_at"
    t.datetime "created_at", precision: 6, null: false
    t.datetime "updated_at", precision: 6, null: false
    t.boolean "admin", default: false
    t.index ["email"], name: "index_users_on_email", unique: true
    t.index ["reset_password_token"], name: "index_users_on_reset_password_token", unique: true
  end

試したこと

@user = User.find(current_user.id)のあとにbinding.pryを入れて確認してみたところ@userにはしっかりとuserの情報が入っていました

3: def create
4:   redirect_to new_card_path and return unless current_user.card.present?
5: 
6:   @price = Price.find(params[:price_id])
7: 
8:   Payjp.api_key = ENV["PAYJP_SECRET_KEY"] 
9:   customer_token = current_user.card.customer_token 
10:   Payjp::Charge.create(
11:   amount: @price.content, 
12:   customer: customer_token, 
13:   currency: 'jpy' 
14:   )
15: 
16:   @room = Room.find(params[:room_id])
17:   @order = Order.create(price_id: @price.id, room_id: @room.id)
18:   @message = Message.create(room_id: @room.id, user_id: @room.user.id, content:"#{current_user.nickname}さんから#{@price.content}円が送られました!!", order: true)
19:   @user = User.find(current_user.id)
=> 20:   binding.pry
21:   @user.update(order: true)
22:   ActionCable.server.broadcast 'stanp_channel', content: @message
23: 
24: 
25: end

[1] pry(#<OrdersController>)> @user
=> #<User id: 2, email: "q@q", nickname: "sunny1", last_name: "山田", first_name: "太郎", first_name_katakana: "タロウ", last_name_katakana: "ヤマダ", birthday: "1932-03-02", order: false, created_at: "2021-03-03 07:54:04", updated_at: "2021-03-03 07:54:04", admin: false>
[2] pry(#<OrdersController>)> @user.update(order: true)
=> false
[3] pry(#<OrdersController>)> @user.update(order: 1)
=> false
[4] pry(#<OrdersController>)> @user
=> #<User id: 2, email: "q@q", nickname: "sunny1", last_name: "山田", first_name: "太郎", first_name_katakana: "タロウ", last_name_katakana: "ヤマダ", birthday: "1932-03-02", order: true, created_at: "2021-03-03 07:54:04", updated_at: "2021-03-03 07:54:04", admin: false>

こちらがbinding.pryの結果です。
1回目のpryで@userを入力するとorderはfalseで返ってきました。
しかし2回目でupdateアクションを行うとfalseと返って来るのですが4回目ではorderがtrueとなっています。

3: def create
4:   redirect_to new_card_path and return unless current_user.card.present?
5: 
6:   @price = Price.find(params[:price_id])
7: 
8:   Payjp.api_key = ENV["PAYJP_SECRET_KEY"] 
9:   customer_token = current_user.card.customer_token 
10:   Payjp::Charge.create(
11:   amount: @price.content, 
12:   customer: customer_token, 
13:   currency: 'jpy' 
14:   )
15: 
16:   @room = Room.find(params[:room_id])
17:   @order = Order.create(price_id: @price.id, room_id: @room.id)
18:   @message = Message.create(room_id: @room.id, user_id: @room.user.id, content:"#{current_user.nickname}さんから#{@price.content}円が送られました!!", order: true)
19:   @user = User.find(current_user.id)
20:   @user.update(order: true)
=> 21:   binding.pry
22:   ActionCable.server.broadcast 'stanp_channel', content: @message
[1] pry(#<OrdersController>)> @user.errors.full_messages
=> ["パスワードは不正な値です"]

こちらがbinding.pryをして@user.errors.full_messagesを記述した際のものです

こちらが@user.update!にした時のエラー文です
https://i.gyazo.com/2cc0f56667a78a3e3f9f4bcc9bd292a9.png

自分にはこの解決方法がわかりません。
お力添えをしていただけるとありがたいです。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

rails [6.0]を使っています
ここにより詳細な情報を記載してください。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • shinoharat2

    2021/03/03 23:12 編集

    以下4点を質問文に追加してください。

    【1】
    app/models/user.rb のコード

    【2】
    db/schema.rb の users 部分

    【3】
    binding.pry で止めた状態で、「 @user.errors.full_messages 」を実行したときの結果

    【4】
    update ではなく update! したときの例外

    キャンセル

  • so_ma

    2021/03/04 10:23

    コメントありがとうございます!
    編集しましたのでご確認よろしくお願いします🙇‍♂️

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

+1

修正方法

パスワードの検証が常にONになっているのが原因です。
User クラスに以下の修正を加えてください。

app/models/user.rb

-  validates :password, format: { 略 }
+  validates :password, format: { 略 }, allow_nil: true

上記の修正により、「パスワードが nil の場合はバリデーションをスキップする」という動作になります。

解説

疑問なのですがnicknameなどにもpresence: trueをかけているのになぜpasswordのみにバリデーションをスキップするオプションヲッ加えるのでしょうか??

良い質問ですね。password カラムの動作について解説します。

例えば、以下のようなデータを新規作成したとします。

User.create!(nickname: "もっち", email: "aaa@bbb.com", password: "xyz123", ...)

そして、そのデータを find メソッドで取得します。
すると、nickname や email は保存したときの値が取得できるのですが、 password は nil になっています。

# さっき作成したデータを取得
user = User.find(さっきのid)

# 普通は保存したときの値が取得できる。
user.nickname  #=> "もっち"
user.email     #=> "aaa@bbb.com"

# ただし、password は nil になる
user.password  #=> nil

なぜなら、DBに保存されているのは、「password」ではなく「encrypted_password」だからです。
確認してみると、encrypted_passwordカラムには、ハッシュ化されたパスワードが格納されているのがわかります。

user.encrypted_password
=> "...ハッシュ化されたパスワード..."

「password」は「encrypted_password」を作るための一時的な入れ物で、DBと連動しているわけではありません。
なので、DBからロードしたデータの中には「password」が含まれない(nilになる)という形です。

当然、このまま保存を実行すると、

user.nickname  #=> "もっち"
user.email     #=> "aaa@bbb.com"
user.password  #=> nil

の状態でバリデーションされるため、今回のような現象に繋がります。

ちなみに、「password」をわざわざ「encrypted_password」に変換して保存するのは、セキュリティ上の理由です。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2021/03/04 12:45

    しかし、疑問なのですがnicknameなどにもpresence: trueをかけているのになぜpasswordのみにバリデーションをスキップするオプションヲッ加えるのでしょうか??

    キャンセル

  • 2021/03/04 12:46 編集

    > updateの際にもバリデーションがかかるため、allow_nil: trueを追加してpasswordがnilであった場合にバリデーションをスキップするという解釈で間違い無いですか??

    その解釈で間違いないです🙆‍♂️

    > @user.password #=> nilになるのはupdateアクションの際にpasswordを更新していないからそうなるということでしょうか??
    > しかし、疑問なのですがnicknameなどにもpresence: trueをかけているのになぜpasswordのみにバリデーションをスキップするオプションヲッ加えるのでしょうか??

    回答欄に詳しい解説を追記しましたので、またご確認ください。

    キャンセル

  • 2021/03/04 14:18

    とてもわかりやすい解説ありがとうございました!

    これでやっと次に進めそうです!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.48%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る