質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.77%

ENOENT: no such file or directory エラー

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 482
退会済みユーザー

退会済みユーザー

centOS7上で
$[vagrant@localhost hubot-study] yo hubot --owner="OWNER <owner@example.com>" --name="TestBot" --description="Test Bot" --adapter=slack(ownerは自分のメールアドレス)
を打ったところ、以下の結果となりました。
ディレクトリ以下に既にpackage.jsonが存在するのに、別のpackage.jsonがないというエラーになっているのか、また、この場合どうすれば解決ができるのか教えていただけないでしょうか。

                     _____________________________  
                    /                             \ 
   //\              |      Extracting input for    |
  ////\    _____    |   self-replication process   |
 //////\  /_____\   \                             / 
 ======= |[^_/\_]|   /----------------------------  
  |   | _|___@@__|__                                
  +===+/  ///     \_\                               
   | |_\ /// HUBOT/\\                             
   |___/\//      /  \\                            
         \      /   +---+                            
          \____/    |   |                            
           | //|    +===+                            
            \//      |xx|                            

identical bin/hubot
identical bin/hubot.cmd
identical Procfile
identical README.md
identical external-scripts.json
identical hubot-scripts.json
identical .gitignore
 conflict package.json
? Overwrite package.json? overwrite
    force package.json
identical scripts/example.coffee
identical .editorconfig
                     _____________________________  
 _____              /                             \ 
 \    \             |   Self-replication process   |
 |    |    _____    |          complete...         |
 |__\\|   /_____\   \     Good luck with that.    / 
   |//+  |[^_/\_]|   /----------------------------  
  |   | _|___@@__|__                                
  +===+/  ///     \_\                               
   | |_\ /// HUBOT/\\                             
   |___/\//      /  \\                            
         \      /   +---+                            
          \____/    |   |                            
           | //|    +===+                            
            \//      |xx|                            

npm ERR! code ENOENT
npm ERR! syscall open
npm ERR! path /home/vagrant/workspace/hubot-study/node_modules/body-parser/node_modules/inherits/package.json.3319719125
npm ERR! errno -2
npm ERR! enoent ENOENT: no such file or directory, open '/home/vagrant/workspace/hubot-study/node_modules/body-parser/node_modules/inherits/package.json.3319719125'
npm ERR! enoent This is related to npm not being able to find a file.
npm ERR! enoent 

npm ERR! A complete log of this run can be found in:
npm ERR!     /home/vagrant/.npm/_logs/2020-12-10T09_10_52_545Z-debug.log

作業中のディレクトリとその中身は以下のとおりです。

[vagrant@localhost hubot-study]$ pwd
/home/vagrant/workspace/hubot-study
[vagrant@localhost hubot-study]$ tree -L 1
.
├── Procfile
├── README.md
├── bin
├── external-scripts.json
├── hubot-scripts.json
├── node_modules
├── package.json
└── scripts

3 directories, 5 files

/home/vagrant/workspace/hubot-study/package.jsonの中身はhubotにより生成されており、中身は以下のとおりです。

{
  "name": "TestBot",
  "version": "0.0.0",
  "private": true,

  "author": "kazu <kazuit@gmail.com>",

  "description": "Test Bot",

  "dependencies": {
  },

  "engines": {
    "node": "0.10.x"
  }
}

それまでにやったことは、yoとgenerator-hubot, coffee-scriptの3つのモジュールのインストールとディレクトリの作成です。ここでは特にエラーは起きませんでした。また、ここまでの操作とyo hubotの実行は参考書通りに進めています。

[vagrant@localhost workspace]$ npm install -g yo@2.0.0
[vagrant@localhost workspace]$ npm install -g generator-hubot
[vagrant@localhost workspace]$ npm install -g coffee-script@1.12.7
[vagrant@localhost workspace]$ mkdir hubot-study
[vagrant@localhost workspace]$ cd hubot-study


以下環境です。
macOS Catalina ver10.15.7
Vagrant 2.2.7
VirtualBox 6.1.14
Node.js v14.15.1
npm 6.14.8

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.77%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る