質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.36%

画面間のデータの受け渡しと受け取ったデータの取り出し方について

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 317

default-nuko

score 3

前提・実現したいこと

AndroidStudio(開発言語はKotlin)で時間割の画面を作成しています。
入力したい箇所のボタンを押すと登録画面に移動します。...⓵
そこで内容入力して登録というボタンを押します。
登録のボタンを押すと時間割の画面に再び移動し、移動した際、入力した内容の一部(科目名)を⓵のボタンに表示させる
というものです

発生している問題・エラーメッセージ

表示したい内容を入力してボタンを押し画面遷移しても入力した内容がボタンに表示されません

言語...Kotlin


入力画面のソースコード(追加した画面)

package com.example.timeschedule

import androidx.appcompat.app.AppCompatActivity
import android.os.Bundle
import androidx.core.content.edit
import androidx.preference.PreferenceManager
import kotlinx.android.synthetic.main.activity_add_subject.*
import java.io.Serializable


class addSubject : AppCompatActivity() {

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_add_subject)
        backButton.setOnClickListener {
            finish()
        }

        addButton.setOnClickListener {
            intent.putExtra("TEXT_KEY",subjectName.text)
            finish()
        }

    }

}

時間割の画面のソースコード(メイン画面)
package com.example.timeschedule

import android.content.Intent
import androidx.appcompat.app.AppCompatActivity
import android.os.Bundle
import android.view.View
import kotlinx.android.synthetic.main.activity_main.*

class MainActivity : AppCompatActivity() {
![イメージ説明](77f27c012e306e23cdd0bf8a74318793.png)
    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_main)

        val gettext = intent.getStringExtra("TEXT_KEY")
        mon_12button.text = gettext//mon12buttonは今回入力した内容を表示させたいボタン
        mon_12button.setOnClickListener {
            val intent = Intent(this, addSubject::class.java)
            startActivity(intent)

        }

    }

試したこと

PreferenceManager・Serializable・PutExtra
下に時間割の画面(メイン画面)と入力画面(遷移先の画面)の画像を載せておきますイメージ説明

イメージ説明

読み込み・書き込みの処理を書いてみましたが、保存されていませんでした。
LessonDataの中身も載せておきます。
イメージ説明
イメージ説明
イメージ説明
W
/ツールのバージョンなど
AndroidStudioのバージョンは4.0

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

finish()で戻ったActivityに対してIntentで情報を送るには、遷移元はstartActivityForResult()で遷移先のActivityを呼び、遷移先ではsetResult()で送り返す情報をセットし、戻った遷移元ではonActivityResult()でそれを受け取るという手順を踏む必要があります。

具体的には次のような感じになるのではないでしょうか。

class MainActivity : AppCompatActivity() {

    companion object {
        const val REQUEST_CODE = 1000
    }

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_main)

        mon_12button.setOnClickListener {
            val intent = Intent(this, addsubject::class.java)
            startActivityForResult(intent, REQUEST_CODE)
        }
    }

    // 結果を受け取るメソッド
    override fun onActivityResult(requestCode: Int, resultCode: Int, data: Intent?) {
        super.onActivityResult(requestCode, resultCode, data)

        if (requestCode == REQUEST_CODE && resultCode == Activity.RESULT_OK) {
            // RESULT_OKで戻ってきたならばボタンのテキストを更新
            mon_12button.text = data?.getStringExtra("TEXT_KEY")
        }
    }
}
class addsubject : AppCompatActivity() {
    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_add_subject)

        backButton.setOnClickListener {
            finish()
        }

        addButton.setOnClickListener {
            val intent = Intent() // Intentは新たに生成する
            intent.putExtra("TEXT_KEY", subjectName.text.toString()) // 戻す情報をintentにセットする
            setResult(Activity.RESULT_OK, intent) // 結果コードとintentをセットする
            finish()
        }
    }
}

subjectNameは恐らくEditTextではないかと思ったので上記のように記しています。EditTextへの入力をString型で得るには、toString()も呼び出す必要があります。


少量の情報を端末内に保存するには、SharedPreferencesを用いるのが簡単でしょう。

使い方のサンプルとしては、

        val prefs = PreferenceManager.getDefaultSharedPreferences(this)

        // 読み込み
        val name = prefs.getString("NAME", "") // 名前
        val subject = prefs.getString("SUBJECT", "") // 科目
        val room = prefs.getString("ROOM", "") // 受講部屋
        val times = prefs.getInt("TIMES", 0) // 回数
        val enable = prefs.getBoolean("ENABLE", false) // 可否

        // 書き込み
        val editor = prefs.edit()
        editor.putString("NAME", name)
        editor.putString("SUBJECT", subject)
        editor.putString("ROOM", room)
        editor.putInt("TIMES", times)
        editor.putBoolean("ENABLE", enable)
        editor.apply() // 最後にapply()を呼び出す

このような感じになります。getInt()/putInt()、getBoolean()/putBoolean()はおまけで使用例だけ示しましたが、他にもputLong()/getLong()、putFloat()/getFloat()などもあります。

get系の関数は、第1引数がキー名、第2引数がそのキー名に対応するデータが無かったときの初期値です。
put系の関数は、第1引数がキー名、第2引数が書き込みたいデータです。

キー名の対応(特に大文字小文字の違いなど)を間違えないようにしましょう。

なお、従来のPreferenceManagerがAPIレベル29で非推奨になっているため、そのまま記述すると取り消し線が引かれてしまうかもしれません。それに対応するために、build.gradle(:app)のdependenciesブロックに

dependencies {
    (中略)
    implementation 'androidx.preference:preference:1.1.1'
}

という記述を追加して、PreferenceManagerを用いるクラスでは

//import android.preference.PreferenceManager // これは消す
import androidx.preference.PreferenceManager // これを追加


というimport文を追加してください。


SharedPreferencesへのアクセス用クラスのサンプルです。LessonData.ktとでもファイルを新規作成して、

package <自分のパッケージ名>

import android.content.Context
import androidx.preference.PreferenceManager

class LessonData(context: Context) {
    private val prefs = PreferenceManager.getDefaultSharedPreferences(context)

    var name: String?
        get() = prefs.getString("NAME", "")
        set(value) = prefs.edit().putString("NAME", value).apply()

    var subject: String?
        get() = prefs.getString("SUBJECT", "")
        set(value) = prefs.edit().putString("SUBJECT", value).apply()

    var room: String?
        get() = prefs.getString("ROOM", "")
        set(value) = prefs.edit().putString("ROOM", value).apply()
}

こんな感じで作ればいいのではないでしょうか。他にも要素が必要なら、同じ要領で追加していけば良いです。

使い方としては、

読み込み

        val lesson = LessonData(this)
        val name = lesson.name
        val subject = lesson.subject
        val room = lesson.room


書き込み

        val lesson = LessonData(this)
        lesson.name = "書き込みたいデータ"
        lesson.subject = "書き込みたいデータ"
        lesson.room = "書き込みたいデータ"

のようにして使えます。MainActivityでもaddsubjectでも任意の箇所で利用可能でしょう。これならば、SharedPreferencesへのアクセスの記述が一箇所にまとまるので、読みやすくもなるでしょう。

(参考)SharedPreferences を使ったデータアクセス部分を Kotlin のカスタムアクセサ で実装する | Y.A.M の 雑記帳


(8/15 14:27)サンプルを少し修正しました。デフォルト値はnullではない方がいいですね。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/08/17 00:48

    返信ありがとうございます
    読み込みの際、変数を宣言しただけで表示するプログラムを書くのを忘れていました。申し訳ございませんでした。
    addSubject側のEdittext(planetext)に入力した内容を読み込ませたいのですが、試して見てもエラーになってしまいます。読み込みをした後Edittextに読み込んだ内容を表示することはできないのでしょうか?

    キャンセル

  • 2020/08/17 18:56

    試してみたのなら試したコードを質問への加筆で示してください。こちらには何がうまくいかなかったのかが伝わりませんし、どこにミスがあるのかもわかりません。

    想像なんですが、

    subjectName.text = "表示したい文字列"

    のような記述をされていませんか。これだと赤波線が引かれてエラーになるでしょう。EditTextの場合はちょっと特殊で、

    subjectName.setText("表示したい文字列")

    のようにする必要があります。

    キャンセル

  • 2020/08/17 23:48

    返信ありがとうございます。
    試した内容の加筆を忘れていました。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。今後は気をつけていきたいと思います。
    数々の質問に答えてくださり、ありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.36%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る