質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.34%

rbenvでruby1.9.3のインストールに失敗する

受付中

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,697

begginer

score 8

前提・実現したいこと

Mac上でvagrantを使ってCentOS6.7を立ち上げています。
その中で、rbenvを使ってruby1.9.3をインストールしたいのですが、エラーになってしまいました。

発生している問題・エラーメッセージ

$ rbenv install 1.9.3-p194
Downloading yaml-0.1.6.tar.gz...
-> https://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/7da6971b4bd08a986dd2a61353bc422362bd0edcc67d7ebaac68c95f74182749
Installing yaml-0.1.6...
Installed yaml-0.1.6 to /home/vagrant/.rbenv/versions/1.9.3-p194

Downloading ruby-1.9.3-p194.tar.bz2...
-> https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-p194.tar.bz2
error: failed to download ruby-1.9.3-p194.tar.bz2

BUILD FAILED (CentOS release 6.7 (Final) using ruby-build 20160130-6-g9e57fb0)

Inspect or clean up the working tree at /tmp/ruby-build.20160214075629.21100
Results logged to /tmp/ruby-build.20160214075629.21100.log

Last 10 log lines:
curl performs SSL certificate verification by default, using a "bundle"
 of Certificate Authority (CA) public keys (CA certs). If the default
 bundle file isn't adequate, you can specify an alternate file
 using the --cacert option.
If this HTTPS server uses a certificate signed by a CA represented in
 the bundle, the certificate verification probably failed due to a
 problem with the certificate (it might be expired, or the name might
 not match the domain name in the URL).
If you'd like to turn off curl's verification of the certificate, use
 the -k (or --insecure) option.

解決のために実行した内容

以下のコマンドを試しましたが、解決に至っていません。

sudo yum -y install openssl-devel
rbenv rehash
yum clean all
rbenv install 1.9.3-p194 -k
rbenv install 1.9.3-p125

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

  • rbenv 1.0.0-16-gd6ab394
    CentOS. rubyについてこれから勉強しようと思っている初学者のため、可能でしたら解決策をご説明していただけると大変助かります。

参考にさせていただいたリンク

Ruby 2.2.0をrbenvとruby-buildでインストール
サーバのSSL CA(認証局)証明書が古くてcurl がエラーになる件
yum clean コマンドでキャッシュ削除・アップデートのチェックと実行 〜 CentOS6

質問投降後、試したこと

なぜかCentOS上の時間が過去になっていたので、修正しました。
vagrantfile内に

config.vm.provider :virtualbox do |vb|
  vb.customize ["setextradata", :id, "VBoxInternal/Devices/VMMDev/0/Config/GetHostTimeDisabled", 0]
end


を記述しました。
参考)vagrantで時刻がおかしい場合の対処法

その後、別のエラーメッセージが表示されました。

$ rbenv install 1.9.3-p194
Downloading yaml-0.1.6.tar.gz...
-> https://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/7da6971b4bd08a986dd2a61353bc422362bd0edcc67d7ebaac68c95f74182749
Installing yaml-0.1.6...
Installed yaml-0.1.6 to /home/vagrant/.rbenv/versions/1.9.3-p194

Downloading ruby-1.9.3-p194.tar.bz2...
-> https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-p194.tar.bz2
Installing ruby-1.9.3-p194...

BUILD FAILED (CentOS release 6.7 (Final) using ruby-build 20160130-6-g9e57fb0)

Inspect or clean up the working tree at /tmp/ruby-build.20160226194420.31997
Results logged to /tmp/ruby-build.20160226194420.31997.log

Last 10 log lines:
ossl_pkey_ec.c:761: 警告: implicit declaration of function ‘EC_GF2m_simple_method’
ossl_pkey_ec.c:761: 警告: assignment makes pointer from integer without a cast
ossl_pkey_ec.c:816: error: ‘EC_GROUP_new_curve_GF2m’ undeclared (first use in this function)
ossl_pkey_ec.c:816: error: (Each undeclared identifier is reported only once
ossl_pkey_ec.c:816: error: for each function it appears in.)
make[2]: *** [ossl_pkey_ec.o] エラー 1
make[2]: ディレクトリ `/tmp/ruby-build.20160226194420.31997/ruby-1.9.3-p194/ext/openssl' から出ます
make[1]: *** [ext/openssl/all] エラー 2
make[1]: ディレクトリ `/tmp/ruby-build.20160226194420.31997/ruby-1.9.3-p194' から出ます
make: *** [build-ext] エラー 2

rbenv を利用した ruby のインストール中にエラーとなる場合の対応を参考に、

curl -fsSL "https://github.com/ruby/ruby/commit/0d58bb55985e787364b0235e5e69278d0f0ad4b0.patch"


を実行後再びインストールをしようとしたところ、

Downloading yaml-0.1.6.tar.gz...
-> https://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/7da6971b4bd08a986dd2a61353bc422362bd0edcc67d7ebaac68c95f74182749
Installing yaml-0.1.6...
Installed yaml-0.1.6 to /home/vagrant/.rbenv/versions/1.9.3-p194

Downloading ruby-1.9.3-p194.tar.bz2...
-> https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-p194.tar.bz2
Installing ruby-1.9.3-p194...


この状態で止まってしまっています。
このまま待ち続けたほうが良いのか、それとも別の解決法があるのか、ご存知の方がいらっしゃったら教えていただけると幸いです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

0

CentOSの場合、「ca-certificates」というパッケージにルート証明書が入っています。こちらを更新して試してみてはいかがでしょうか。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/02/26 17:53 編集

    ご回答ありがとうございます。

    sudo yum list ca-certificates

    というコマンドを試してみましたが、インストールできませんでした。

    キャンセル

  • 2016/02/28 13:17

    インストールなら、次のコマンドではないでしょうか。

    sudo yum install ca-certificates

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.34%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る