質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.02%

fluentdでbufferファイルのデータを復旧させる方法を教えてください。

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 4,244

usakoyama

score 9

お世話になります。

IoT機器を使ってログデータをTreasureDataへfluentdで送信しています。
エラーとなり、bufferファイルに書き込まれた続ける状態になってしまったのですが
・このバッファファイルのデータをTreasureDataへ送信する方法(復旧方法)。
・今後のエラー対策として、設定にアドバイスあれば
ご教授願いたく。
よろしくお願いいたします。

設定ファイルは以下のような感じです。

<source>
type tail
format json
path /etc/config/fluent/fluent-log
pos_file /etc/config/fluent/tail.pos
tag td.hoge.opelog_data
</source>

<match td.*.*>
type tdlog
apikey myapikey
buffer_type file
buffer_path /etc/config/fluent/myapp.*.buffer
flush_interval 10s
use_ssl true
</match>

エラーログは以下のような感じです。

2016-02-19 02:13:09 +0000 [warn]: temporarily failed to flush the buffer. next_retry=2016-02-19 11:31:40 +0000 error_class="RuntimeError" error="Failed to upload to Treasure Data 'hoge.opelog_data' table: #<SocketError: getaddrinfo: Name or service not known (https://api-import.treasuredata.com:443)> (1457 bytes; 0.542692391 seconds)" plugin_id="object:149370"
  2016-02-19 02:13:09 +0000 [warn]: suppressed same stacktrace

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

こんにちは。

下記のエラー自体が常に出る状態でなければ、一時的なネットワークの問題で、名前解決ができずに失敗してしまっているようです。

getaddrinfo: Name or service not known

fluentd自体はこうしたエラー時に自動でリトライを行いますので、この後にログ内にretry succeededと表示されていれば問題ありません。

下記がFluentdの障害時の動作について詳しく説明が記載されていますので参考になるかと思います。
http://ogibayashi.github.io/blog/2014/06/04/how-fluentd-works-in-case-of-failures/

また、Fluentdでバッファに溜まってしまったデータを強制的にFlushさせる方法としては、下記のコマンドを実行するとよいです。参考:https://docs.treasuredata.com/articles/td-agent#confirm-data-upload

$ kill -USR1 `cat /var/run/td-agent/td-agent.pid`

今回のデータソースとしては、Jsonファイルになっていますので、仮にFluentdがリトライの失敗を続けて、
リトライやキューの上限を超えたとしても、Treasuredata上のデータを確認してどのレコードまで入っているかを確認して、その部分からJsonファイルを読み直せばデータロストは防げるかと思います。

out_td pluginを利用して、またエラーもTreasureDataに関連していますので、TreasureDataのサポートまで問い合わせていただくと同様の問題の際には対応できますので、お気軽にサポートまでお声がけください。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/02/25 14:24

    ありがとうございます!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.02%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる