質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.35%

  • Swift

    9412questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • Xcode

    5293questions

    Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。

  • Swift 2

    1345questions

    Swift 2は、Apple社が独自に開発を行っている言語「Swift」のアップグレード版です。iOSやOS X、さらにLinuxにも対応可能です。また、throws-catchベースのエラーハンドリングが追加されています。

An App ID with Identifier '' is not available. Please enter a different stringとエラーが出てしまう

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 9,389

funkyfrea

score 80

お世話になっております。

昨日、アプリをiTunesConnectにアップロードしました。
そして、今日になってアプリを修正するためにxcodeで実機にビルドしようとしたところ、以下のようにエラーになってしまいます。

Code Sign error: No matching provisioning profiles found: No provisioning profiles with a valid signing identity (i.e. certificate and private key pair) matching the bundle identifier “inc.teamTSUBAKI.TSUBAKI” were found.


Fix issueを選択すると、

An App ID with Identifier 'inc.teamTSUBAKI.TSUBAKI' is not available. Please enter a different string.


というメッセージが出ます。

なお、Bundle IdentifierはAppIDのBundle IDに合わせるために、アップロードする前の時点でinc.teamTSUBAKI.TSUBAKIに変更してあるという状況です。

どのようにすれば修正できますでしょうか。
よろしくお願いします。

追記させていただきます。

昨日より前の時点では、正常に実機に書き出せていましたか?
正常に書き出せていました。

その時のBundle Identifierは「inc.teamTSUBAKI.TSUBAKI」ではないものですか?

その時は違うBundle Identifierでした。昨日、アップロードする際に変更しました。

・昨日と今日で何か変えた部分はありますか?(プロジェクト内容の変更以外にも、違うMacを使っている、Macへのログインユーザーが違うなど)

・変更したことは、Bundle Identifierを変更するために試行錯誤する中で、ProductNameをTSUBAKIに変更しました。
その他、TARGET->identity->Bundle IdentifierのところやTarget->Build setting->Product Bundle Identifierもいじったかもしれませんが、記憶が曖昧になってしまっています。
・アップロードするために、Build setting->code signingのcode signing identityやProvisioning Profileを設定しました。
・Macやログインユーザーなどは変わっていません。

よろしくお願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • sakura_hana

    2016/02/04 17:27

    ・昨日より前の時点では、正常に実機に書き出せていましたか? その時のBundle Identifierは「inc.teamTSUBAKI.TSUBAKI」ではないものですか?
    ・昨日と今日で何か変えた部分はありますか?(プロジェクト内容の変更以外にも、違うMacを使っている、Macへのログインユーザーが違うなど)

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

+1

追記ありがとうございます。
推測するに諸々変更する間に、BundleIDと証明書の紐付けが切れてしまったのではないかと思います。

・XcodeのPreference>AccountsでAppleIDが正しく設定されているか
・XcodeのDevicesで実機にプロビショニングファイルが入っているか(既に存在している場合、一度削除してみる)
・キーチェーンアクセスで有効な証明書やプロビショニングファイルが1つだけ入っているか(複数入っているとエラーが起こります)
・Build setting->code signingを「iOS Developer」に設定してみる

この辺りを確認して、どうしても動かないようなら証明書の再発行や、実機テスト用のプロビショニングファイルを再生成してテストするしかないかと思います。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/02/05 19:29

    実機用のプロビショニングファイルを再生成してもうまくいかず、Devicesのプロビショニングファイルを確認したところダウンロードというボタンが出ていたので、ダウンロードしたらうまくいくようになりました!
    正直、よくわかっていない部分もありますが、1日悩んでいたので本当に助かりました。おかげさまで解決できました。ありがとうございます!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.35%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • Swift

    9412questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • Xcode

    5293questions

    Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。

  • Swift 2

    1345questions

    Swift 2は、Apple社が独自に開発を行っている言語「Swift」のアップグレード版です。iOSやOS X、さらにLinuxにも対応可能です。また、throws-catchベースのエラーハンドリングが追加されています。