質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.10%

Class'API'の認証のコードの書き方

受付中

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,181

score 13

下記の様なコード,/examplesフォルダ内にconfig.phpとindex.php、画像.jpgを同じフォルダ内に入れ、APIで判定テストを行おうとしています。
しかしindex.phpを開いたところ、以下の様なエラーが出ます。
Fatal error: Class 'RecognizeImAPI' not found in 

Classの書き方にミスがある様なのですがなかなか解決ができず・・・
御指南いただけますと幸いです。
よろしくお願いします。

以下がファイルの内容です。
config.php

<?php
\RecognizeImAPI::init(array(
    'URL'       => $url,
    'CLIENT_ID' => $client_id,
    'API_KEY'   => $api_key,
    'CLAPI_KEY' => $clapi_key
));

return array(
    'URL'         => 'http://clapi.itraff.pl/',
    'CLIENT_ID' => '45341',
    'API_KEY'     => '7246059af7',
    'CLAPI_KEY'    => '75257528c5ea5f08088b536c99b217a9',
);
?>


index.php

<?php

//RecognizeImAPI::imageDelete(); die;

$imagePath = 'test.jpg';
$mode = 'single';
RecognizeImAPI::init(array(
    'URL'       => $url,
    'CLIENT_ID' => $client_id,
    'API_KEY'   => $api_key,
    'CLAPI_KEY' => $clapi_key
));

return array(
    'URL'         => 'http://clapi.itraff.pl/',
    'CLIENT_ID' => '45341',
    'API_KEY'     => '7246059af7',
    'CLAPI_KEY'    => '75257528c5ea5f08088b536c99b217a9',
);
?>
if (RecognizeImAPI::checkImageLimits($imagePath, $mode)) {
    $singleOneResult = RecognizeImAPI::recognize(file_get_contents($imagePath), $mode);
    $singleAllResults = RecognizeImAPI::recognize(file_get_contents($imagePath), $mode, TRUE);
    echo $singleOneResult, "\n", $singleAllResults, "\n";
    if ($singleOneResult->isOK()) {
        $im = $singleOneResult->drawFrames(file_get_contents($imagePath));
        file_put_contents('frames.jpg', $im);
    }
} else {
    echo "Image does not fulfill the requirements.\n";
}
//$imageList = RecognizeImAPI::imageList();
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

0

Fatal error: Class 'RecognizeImAPI' not found in
「"RecognizeImAPI"クラスが見当たりません」
というメッセージのとおりです。

https://github.com/RecognizeIm/php-client/tree/master/lib
ここにあるphpファイルが全て必要だと思います。

その上で、requireやincludeなどでクラスを読み込む必要があります。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.10%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る