質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.53%

React Native(Expo)で複数画像をFirebase StorageとFirestoreで管理する

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 117

sheckwes

score 5

実現したいこと

複数の画像をカメラロールから選択、Firebase Storageへアップロード(メルカリの出品する際の画像選択)のイメージです。

現状

画像を1枚選んでアップロードする場合は下記のコードでできています。

流れとしては、
①画像を選択する時にonPressAdd()が始まる
②uploadPostImg()の処理でFirebase Storageへの画像のアップロード
③画像のダウンロードURLがstateに書き込まれる

items collectionのドキュメントの中のphraseというフィールドとurlというフィールドにstorageのurlが入るようになっています。

画像を5枚まで選択できるようにしたいので、

ドキュメント items 
フィールド phrase, url1(1枚目の画像のurl), url2(2枚目の画像のurl), url3, url4, url5

このようにしたいです。
ご教示いただけると幸いです。

コード

export default class Register extends Component<Props> {
  constructor(props) {
      super(props);
      this.state = {
        imgUrl: '',
        phrase: '',
        addedPost: [],
      };
  }

  // 投稿時の処理
  async onPressAdd() {
    await this.uploadPostImg();
    const { imgUrl, phrase, postIndex } = await this.state;
    this.uploadPost(imgUrl, phrase, postIndex);
    this.setState(
      {
        addedPost: [
          {
            imgUrl,
            phrase,
            postIndex,
          },
        ],
      }
    );
  }

  onAddImagePressed = async () => {
    const { status } = await Permissions.askAsync(Permissions.CAMERA_ROLL);
    if (status === 'granted') {
      const result = await ImagePicker.launchImageLibraryAsync({
        allowsEditing: true,
        mediaTypes: ImagePicker.MediaTypeOptions.Images,
      });
      if (!result.cancelled) {
        // ImageManipulatorでリサイズ処理
        const actions = [];
        actions.push({ resize: { width: 350 } });
        const manipulatorResult = await ImageManipulator.manipulateAsync(
          result.uri,
          actions,
          {
            compress: 0.4,
          },
        );
        this.setState({
          imgUrl: manipulatorResult.uri,
        });
      }
    }
  };

  uploadPostImg = async () => {
    const metadata = {
      contentType: 'image/jpeg',
    };
    const postIndex = Date.now().toString();
    const storage = firebase.storage();
    const imgURI = this.state.imgUrl;
    const response = await fetch(imgURI);
    const blob = await response.blob();
    const uploadRef = storage.ref('images').child(`${postIndex}`);

    // storageに画像を保存
    await uploadRef.put(blob, metadata).catch(() => {
      alert('画像の保存に失敗しました');
    });

    // storageのダウンロードURLをsetStateする
    await uploadRef
      .getDownloadURL()
      .then(url => {
        this.setState({
          imgUrl: url,
          postIndex,
        });
      })
      .catch(() => {
        alert('失敗しました');
      });
  };

  // stateに入っているダウンロードURLなどをFirestoreに記述する
  uploadPost(url, phrase, postIndex) {
    Fire.shared.uploadPost({
      url,
      phrase,
      postIndex,
    });
  }

  render() {
    return (
     <TouchableWithoutFeedback onPress={() => Keyboard.dismiss()}>
      <Container>
        <Header>
          <Left />
          <Body>
            <Title>商品登録</Title>
          </Body>
          <Right />
        </Header>
        <View>
          <TouchableOpacity
            onPress={() => this.onAddImagePressed()}
          >
            {this.state.imgUrl ? (
              <Image source={{ uri: this.state.imgUrl }} style={{ width: 100, height: 100, alignSelf: 'center' }} />
            ) : (
              <Icon
                name="camera-retro"
                type="font-awesome"
                size={50}
                color="gray"
              />
            )}
          </TouchableOpacity>
          <Item>
            <Input
              placeholder='phrase'
              autoCapitalize={'none'}
              onChangeText={phrase=> this.setState({ phrase })}
              required
              onPress={Keyboard.dismiss}
            />
          </Item>
          <Button
            title="追加"
            onPress={() => this.onPressAdd()}
          />
        </View>
      </Container>
      </TouchableWithoutFeedback>
    );
  }
}

書き換えているコード(途中まで)

export default class Register extends Component<Props> {
  constructor(props) {
      super(props);
      this.state = {
        imgUrl1: '',
        imgUrl2: '',
        phrase: '',
        addedPost: [],
      };
  }

  // 投稿時の処理
  async onPressAdd() {
    await this.uploadPostImg();
    const { imgUrl1, imgUrl2, phrase, postIndex } = await this.state;
    this.uploadPost(imgUrl1, imgUrl2, phrase, postIndex);
    this.setState(
      {
        addedPost: [
          {
            imgUrl,
            phrase,
            postIndex,
          },
        ],
      }
    );
  }

  onAddImagePressed = async () => {
    const { status } = await Permissions.askAsync(Permissions.CAMERA_ROLL);
    if (status === 'granted') {
      const result = await ImagePicker.launchImageLibraryAsync({
        allowsEditing: true,
        mediaTypes: ImagePicker.MediaTypeOptions.Images,
      });
      if (!result.cancelled) {
        // ImageManipulatorでリサイズ処理
        const actions = [];
        actions.push({ resize: { width: 350 } });
        const manipulatorResult = await ImageManipulator.manipulateAsync(
          result.uri,
          actions,
          {
            compress: 0.4,
          },
        );
        this.setState({
          imgUrl: manipulatorResult.uri,
        });
      }
    }
  };

  uploadPostImg = async () => {
    const metadata = {
      contentType: 'image/jpeg',
    };
    const postIndex = Date.now().toString();
    const storage = firebase.storage();
    const imgURI = this.state.imgUrl;
    const response = await fetch(imgURI);
    const blob = await response.blob();
    const uploadRef = storage.ref('images').child(`${postIndex}`);

    // storageに画像を保存
    await uploadRef.put(blob, metadata).catch(() => {
      alert('画像の保存に失敗しました');
    });

    // storageのダウンロードURLをsetStateする
    await uploadRef
      .getDownloadURL()
      .then(url => {
        this.setState({
          imgUrl: url,
          postIndex,
        });
      })
      .catch(() => {
        alert('失敗しました');
      });
  };

  // stateに入っているダウンロードURLなどをFirestoreに記述する
  uploadPost(url, phrase, postIndex) {
    Fire.shared.uploadPost({
      url1,
      url2,
      phrase,
      postIndex,
    });
  }

  render() {
    return (
     <TouchableWithoutFeedback onPress={() => Keyboard.dismiss()}>
      <Container>
        <Header>
          <Left />
          <Body>
            <Title>商品登録</Title>
          </Body>
          <Right />
        </Header>
        <View>
          <TouchableOpacity
            onPress={() => this.onAddImagePressed()}
          >
            {this.state.imgUrl1 ? (
              <Image source={{ uri: this.state.imgUrl1 }} style={{ width: 100, height: 100, alignSelf: 'center' }} />
            ) : (
              <Icon
                name="camera-retro"
                type="font-awesome"
                size={50}
                color="gray"
              />
            )}
          </TouchableOpacity>
          <TouchableOpacity
            onPress={() => this.onAddImagePressed()}
          >
            {this.state.imgUrl2 ? (
              <Image source={{ uri: this.state.imgUrl2 }} style={{ width: 100, height: 100, alignSelf: 'center' }} />
            ) : (
              <Icon
                name="camera-retro"
                type="font-awesome"
                size={50}
                color="gray"
              />
            )}
          </TouchableOpacity>
          <Item>
            <Input
              placeholder='phrase'
              autoCapitalize={'none'}
              onChangeText={phrase=> this.setState({ phrase })}
              required
              onPress={Keyboard.dismiss}
            />
          </Item>
          <Button
            title="追加"
            onPress={() => this.onPressAdd()}
          />
        </View>
      </Container>
      </TouchableWithoutFeedback>
    );
  }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.53%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる