質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.88%

【rails】gem 'active_hash'で作った値をdeviseで使用したい

受付中

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 48

kaori_oka

score 126

前提・実現したいこと

deviseにてユーザー登録、管理を実装中です。
ユーザー登録の際に、都道府県を登録させたいと思ってまして、
active_hashを使用して都道府県各種を書いておき、
それをdeviseでのユーザー登録の際に使用したいと思っています。

発生している問題・エラーメッセージ

deviseの登録にて別のテーブルの情報を追加するには、
controllerに値を追加すればいいのかな?とおもったのですが
どのファイルをいじればいいのかというがわからず。
下記のファイルを調整すればいいんでしょうか??
慣れないファイルなので、ビビってます。

/app/controllers/users/registrations_controller.rb

# frozen_string_literal: true

class Users::RegistrationsController < Devise::RegistrationsController
  # before_action :configure_sign_up_params, only: [:create]
  # before_action :configure_account_update_params, only: [:update]

  # GET /resource/sign_up
  def new
    super
    @results = Address.where('prefecture_id IN(?)', params[:prefecture_id])
  end

  # POST /resource
  # def create
  #   super
  # end

  # GET /resource/edit
  # def edit
  #   super
  # end

  # PUT /resource
  # def update
  #   super
  # end

  # DELETE /resource
  # def destroy
  #   super
  # end

  # GET /resource/cancel
  # Forces the session data which is usually expired after sign
  # in to be expired now. This is useful if the user wants to
  # cancel oauth signing in/up in the middle of the process,
  # removing all OAuth session data.
  # def cancel
  #   super
  # end

  # protected

  # If you have extra params to permit, append them to the sanitizer.
  # def configure_sign_up_params
  #   devise_parameter_sanitizer.permit(:sign_up, keys: [:attribute])
  # end

  # If you have extra params to permit, append them to the sanitizer.
  # def configure_account_update_params
  #   devise_parameter_sanitizer.permit(:account_update, keys: [:attribute])
  # end

  # The path used after sign up.
  # def after_sign_up_path_for(resource)
  #   super(resource)
  # end

  # The path used after sign up for inactive accounts.
  # def after_inactive_sign_up_path_for(resource)
  #   super(resource)
  # end
end

試したこと

Railsのgem 'active_hash'で都道府県データを作成してみた
上記の記事をみてアクティブハッシュの設定は完了済みです!

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

0

下記のファイルを調整すればいいんでしょうか??

編集対象はそのファイルで間違いないです。

ただし、super を呼び出した時点で view のレンダリングが実行されるため、super の後にインスタンス変数を定義しても、それを view で使用できないことに注意してください。

自前の処理 → super の順に書くのがオススメです。

  # GET /resource/sign_up
  def new
    @results = Address.where('prefecture_id IN(?)', params[:prefecture_id])

    super  # super の中で "render :new" 的な処理が行われているため、最後に super する。
  end

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.88%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる