質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.34%

node.js + Express + passport + Mysqlを使用したログイン認証機能

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 986

ctrnn

score 5

前提・実現したいこと

プログラミング初心者です。
node.jsでログイン認証画面を作成することになり、色々調べているうちにpassportというモジュールが有用そうなので使用することにしました。簡単なログイン画面まではサンプルを参考に作成できたのですが、データベースを参照しての書き方にどうしてもたどり着けませんでした。

下記
username:test
password:test
とハードコーディングしてある部分です。この部分をデータベースを参照してログインできるようにしたいです。できればサンプルコードをお願いします。

データベース情報
host: localhost
user: root
password: ''
database: testdatabase

table名: userdata
フィールド/値: 
username/testuser
password/0

情報、文章が拙い部分多々ありますがよろしくお願いします。

発生している問題・エラーメッセージ

エラーメッセージ

該当のソースコード

var createError = require('http-errors');
var express = require('express');
var path = require('path');
var cookieParser = require('cookie-parser');
var logger = require('morgan');

var passport = require('passport');
var LocalStrategy = require('passport-local').Strategy;
var session = require('express-session');
var mysql = require('mysql'); //mysqlモジュール追加

var indexRouter = require('./routes/index');
var usersRouter = require('./routes/users');

var app = express();

// view engine setup
app.set('views', path.join(__dirname, 'views'));
app.set('view engine', 'jade');

app.use(logger('dev'));
app.use(express.json());
app.use(express.urlencoded({ extended: false }));
app.use(cookieParser());
app.use(express.static(path.join(__dirname, 'public')));

app.use(session({ resave:false, saveUninitialized:false, secret:'passport test' }));

app.use(passport.initialize());
app.use(passport.session());
var LocalStrategy = require('passport-local').Strategy;
passport.use(new LocalStrategy({
  usernameField: 'username',
  passwordField: 'password',
  passReqToCallback: true,
  session: false,
}, function(req, username, password, done) {
  process.nextTick(function() {
    if(username === 'test' && password === 'test') {
      return done(null, username)
    } else {
      console.log("login error")
      return done(null, false, { message: 'パスワードが正しくありません。'})
    }
  })
}));

passport.serializeUser(function (user, done) {
  done(null, user);
});

passport.deserializeUser(function(user, done) {
  done(null, user);
});

app.use('/', indexRouter);
app.use('/users', usersRouter);

// catch 404 and forward to error handler
app.use(function(req, res, next) {
  next(createError(404));
});

// error handler
app.use(function(err, req, res, next) {
  // set locals, only providing error in development
  res.locals.message = err.message;
  res.locals.error = req.app.get('env') === 'development' ? err : {};

  // render the error page
  res.status(err.status || 500);
  res.render('error');
});

module.exports = app;

試したこと

ここに問題に対して試したことを記載してください。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

ここにより詳細な情報を記載してください。 

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.34%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る