質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.59%

onCreateがoverrideできない

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 803

Y.Y

score 14

現在、参考書に沿って、フラグメントを使用したスライドショーのアプリを作成しています。
以下のソースで実行することで、左右スワイプで画像を切り替えられる状態になるはずだったのですが、
・'onCreate' overrides nothing    
・Unresolved reference: onCreate    
・Unresolved reference: setContentView    
・Unresolved reference. None of the following candidates is applicable because of receiver type mismatch:
public val Activity.pager: ViewPager! defined in kotlinx.android.synthetic.main.activity_main
public val Dialog.pager: ViewPager! defined in kotlinx.android.synthetic.main.activity_main
public val android.app.Fragment.pager: ViewPager! defined in kotlinx.android.synthetic.main.activity_main
public val androidx.fragment.app.Fragment.pager: ViewPager! defined in kotlinx.android.synthetic.main.activity_main    
・Unresolved reference: supportFragmentManager

以上の5つのエラーが出てきます。
エラーが全部固まっているので、一番上のonCreateが起因しているのだと推測していますが、原因が分かりません。
検索で出てきた「Bundleの後ろの?の有無」を試してみましたが、解決しませんでした。

お力添えをお願いいたします。

package com.example.myslideshow

import androidx.appcompat.app.AppCompatActivity
import android.os.Bundle
import androidx.fragment.app.Fragment
import androidx.fragment.app.FragmentManager
import androidx.fragment.app.FragmentPagerAdapter
import kotlinx.android.synthetic.main.activity_main.*

class MainActivity : AppCompatActivity() {

    class MyAdapter(fm: FragmentManager) : FragmentPagerAdapter(fm) { //FragmentPagerAdapterを継承したクラスMyAdapterを作成
        //クラスの中に入ったクラスのことを「ネストしたクラス」と呼ぶ。MyAdapterがMainActivity専用のクラスだとわかりやすくするため。
        private val resources = listOf( //フラグメントに表示する画像10枚を保持するためのInt型のリスト
            R.drawable.slide00, R.drawable.slide01,
            R.drawable.slide02, R.drawable.slide03,
            R.drawable.slide04, R.drawable.slide05,
            R.drawable.slide06, R.drawable.slide07,
            R.drawable.slide08, R.drawable.slide09
        )

        override fun getCount(): Int { //getCountは総ページ数、ここでは画像の総数を返す
            return resources.size //sizeはリストが保持している要素数
        }

        override fun getItem(position: Int): Fragment { //引数でページ番号を受け取り、対応するフラグメントを戻り値として返す
            return ImageFragment.newInstance(resources[position])
        }

        override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
            super.onCreate(savedInstanceState)
            setContentView(R.layout.activity_main)
            pager.adapter = MyAdapter(supportFragmentManager) //ViewPager(ページの表示を管理)とViewAdapter(ページの内容を管理)を関連付ける
        }
    }
}
package com.example.myslideshow


import android.os.Bundle
import androidx.fragment.app.Fragment
import android.view.LayoutInflater
import android.view.View
import android.view.ViewGroup
import kotlinx.android.synthetic.main.fragment_image.*

/**
 * A simple [Fragment] subclass.
 */

val IMG_RES_ID = "IMG_RES_ID"

class ImageFragment : Fragment() {

    override fun onCreateView(
        inflater: LayoutInflater, container: ViewGroup?,
        savedInstanceState: Bundle?
    ): View? {
        // Inflate the layout for this fragment
        return inflater.inflate(R.layout.fragment_image, container, false)
    }

    companion object { //companion objectにすることで、このオブジェクト内のメソッドはこのクラスのインスタンスを作らずに使用できる。
        fun newInstance(imageResourceId: Int): ImageFragment { //newInstanceメソッドは、引数にImageViewに表示する画像のリソースIDを持つ。ImageFragmentがこの関数の戻り値
            val bundle =
                Bundle() //アーギュメンツ(Fragmentの途中状態を保存しておくとこ)に保存するデータはBundleクラスのインスタンスだから、それを作成。
            bundle.putInt(
                IMG_RES_ID,
                imageResourceId
            ) //先に宣言したキーを使い、画像リソースIDをBundleに格納 putInt(キー文字列, 格納するInt型の値)
            val imageFragment = ImageFragment() //インスタンスを生成
            imageFragment.arguments = bundle //アーギュメントへの書き込み
            return imageFragment
        }
    }

    private var imgResId: Int? = null //アーギュメンツから取り出した画像リソースIDを保持する変数

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) { //開始時、再作成時に呼び出されるようonCreate
        super.onCreate(savedInstanceState)
        arguments?.let {
            //?によりnull安全。letによりargumentsを以下itにできる。
            imgResId = it.getInt(IMG_RES_ID) //getIntの引数はキー
        }
    }

    override fun onActivityCreated(savedInstanceState: Bundle?) { //onActivityCreatedは、onCreatedが完了した後に呼び出される
        super.onActivityCreated(savedInstanceState)
        imgResId?.let {
            imageView.setImageResource(it)
        }
    }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

onCreateがMyAdapterの中にあるのが原因ですね。
onCreateはAppCompatActivityのメソッドなので。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/11/16 21:46

    ありがとうございます。できました!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.59%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る