質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.20%

?Rails のモデルについての疑問?

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 166

ts21

score 15

確認したいこと

Railsのモデルについてですが、いろいろ触っているうちに不安になる事柄があったので下記の2点について
認識があっているのか確認していただきたいです。

マイグレーションについて

基本的にマイグレーションを行うタイミングとはどういうタイミングでしょうか?
また、change記法とup-down記法では違いがあるのでしょうか?

モデルに書き込むことについて

一度作り上げたモデルファイルに後から、何か書き加えることはNGですか?
僕の認識では、「モデルはデータベースのテーブルに対する設定」といった感じで、後から書き込むのはOKだと思っています
逆にDBのスキーマに書き込むのはNGだと思っています。(db/schema.rb)
例えば次のようなuser.rbというモデルファイルがあります。

class User < ApplicationRecord

# validates :user_name, presence: true, length: { maximum: 50 }
# VALID_EMAIL_REGEX = /\A[\w+\-.]+@[a-z\d\-.]+\.[a-z]+\z/i
# validates :email, presence: true, length: { maximum: 255 },
#                   format: { with: VALID_EMAIL_REGEX },
#                   uniqueness: { case_sensitive: false }
has_secure_password
validates :password, presence: true, length: { minimum: 6 }, allow_nil: true
  #
  # def User.digest(string)
  # cost = ActiveModel::SecurePassword.min_cost ? BCrypt::Engine::MIN_COST :
  #                                               BCrypt::Engine.cost
  # BCrypt::Password.create(string, cost: cost)
  # end

end


このファイルに対し、下記のような設定を加えてユーザの認証なんかを実装することはNGですか?

 # Returns the hash digest of the given string.
  def User.digest(string)
    cost = ActiveModel::SecurePassword.min_cost ? BCrypt::Engine::MIN_COST :
                                                  BCrypt::Engine.cost
    BCrypt::Password.create(string, cost: cost)
  end

  # Returns a random token.
  def self.new_token
    SecureRandom.urlsafe_base64
  end

  # Remembers a user in the database for use in persistent sessions.
  def remember
    self.remember_token = User.new_token
    update_attribute(:remember_digest, User.digest(remember_token))
  end

  # Returns true if the given token matches the digest.
  def authenticated?(attribute, token)
    digest = send("#{attribute}_digest")
    return false if digest.nil?
    BCrypt::Password.new(digest).is_password?(token)
  end

  # Forgets a user.
  def forget
    update_attribute(:remember_digest, nil)
  end

  # Activates an account.
  def activate
    update_attribute(:activated,    true)
    update_attribute(:activated_at, Time.zone.now)
  end

  # Sends activation email.
  def send_activation_email
    UserMailer.account_activation(self).deliver_now
  end

  # Sets the password reset attributes.
  def create_reset_digest
    self.reset_token = User.new_token
    update_attribute(:reset_digest,  User.digest(reset_token))
    update_attribute(:reset_sent_at, Time.zone.now)
  end

  # Sends password reset email.
  def send_password_reset_email
    UserMailer.password_reset(self).deliver_now
  end

  # Returns true if a password reset has expired.
  def password_reset_expired?
    reset_sent_at < 2.hours.ago
  end

  # Returns a user's status feed.
  def feed
    following_ids = "SELECT followed_id FROM relationships
                     WHERE  follower_id = :user_id"
    Micropost.where("user_id IN (#{following_ids})
                     OR user_id = :user_id", user_id: id)
  end

  # Follows a user.
  def follow(other_user)
    following << other_user
  end

  # Unfollows a user.
  def unfollow(other_user)
    following.delete(other_user)
  end

  # Returns true if the current user is following the other user.
  def following?(other_user)
    following.include?(other_user)
  end

  private

    # Converts email to all lower-case.
    def downcase_email
      self.email = email.downcase
    end

    # Creates and assigns the activation token and digest.
    def create_activation_digest
      self.activation_token  = User.new_token
      self.activation_digest = User.digest(activation_token)
    end
end
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

1)change と up,down
単に前へ進むだけならどちらも同じです。
rollback や VERSION=** で古い状態に戻すときに差がでます。
大体は change で作っても戻れますが、修正の内容によって戻れない場合があります。そういう修正の場合に進むための UP と戻るためのdownを書き分けます

2)一度作り上げたモデルファイルに後から、何か書き加えることはOKです。

3)DBのスキーマに書き込むのはNGです
その行為そのものは通常は何の影響もありませんが、schemaを元にDBを再構築するコマンドがあるので、それを行った時にmigrationと食い違ってしまうのでまずいです

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/11/02 10:42

    ご返答ありがとうございます。
    DBのスキーマに関しての構造が理解できました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.20%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る