質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.97%

GASで指定した2枚のシートをPDFで出力する方法を知りたい

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 116

bassmyryo

score 3

前提・実現したいこと

GASを触り始めて1週間の初心者ですのでお手柔らかに教えていただければ幸いです。

顧客に送付する請求書と申込書を自動でPDF化するスクリプトを作りたいです。

1ボタンのクリックで

**
1.案件名 様申込書.pdf のPDFを作成
2.案件名 様請求書.pdf のPDFを作成
**
というのが理想です。

現状

下記のソースコードで一枚のシートのPDF化には成功しています。
ただ2つのシートをPDF化する部分で躓いています。

function myFunction(){

// PDFの保存先となるフォルダID https://drive.google.com/drive/u/0/folders/ "1J2Cw2zO-8NyqsWhGS7wQWsLAqH-zdzVB" ここの部分
  var folderid = "1JvR2CQzO-85yqsWhGS7wxsLAqH-zdzVB";


  ////////////////////////////////////////
  // IDで指定したスプレッドシートをPDF化したい場合//
  ///////////////////////////////////////

  // 現在開いているスプレッドシートを取得
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();

  // 現在開いているスプレッドシートのIDを取得
  var ssid = ss.getId();
  // シートID(gid)を指定
  var sheetid = "2103348336";
  var sheetid2 = "1899146493";

  // 指定したスプレッドシートを開く
  var ss = SpreadsheetApp.openById(ssid);

  // ファイル名に使用する名前を取得
  var customer_name = ss.getRange("A5").getValue();
  // ここで例として使用しているスプレッドシートのA5に顧客の名前が入っているため、それをファイル名用に取得。

  // ファイル名に使用するタイムスタンプを取得
  var timestamp = getTimestamp();

  // PDF作成関数
  createPDF( folderid, ssid, sheetid, customer_name + "_" + timestamp );

}

// PDF作成関数 引数は(folderid:保存先フォルダID, ssid:PDF化するスプレッドシートID, sheetid:PDF化するシートID, filename:PDFの名前)
function createPDF(folderid, ssid, sheetid, filename){

  // PDFファイルの保存先となるフォルダをフォルダIDで指定
  var folder = DriveApp.getFolderById(folderid);

  // スプレッドシートをPDFにエクスポートするためのURL。このURLに色々なオプションを付けてPDFを作成
  var url = "https://docs.google.com/spreadsheets/d/SSID/export?".replace("SSID", ssid);

  // PDF作成のオプションを指定
  var opts = {
    exportFormat: "pdf",    // ファイル形式の指定 pdf / csv / xls / xlsx
    format:       "pdf",    // ファイル形式の指定 pdf / csv / xls / xlsx
    size:         "A4",     // 用紙サイズの指定 legal / letter / A4
    portrait:     "true",   // true → 縦向き、false → 横向き
    fitw:         "true",   // 幅を用紙に合わせるか
    sheetnames:   "false",  // シート名をPDF上部に表示するか
    printtitle:   "false",  // スプレッドシート名をPDF上部に表示するか
    pagenumbers:  "false",  // ページ番号の有無
    gridlines:    "false",  // グリッドラインの表示有無
    fzr:          "false",  // 固定行の表示有無
    gid:          sheetid   // シートIDを指定 sheetidは引数で取得
  };

  var url_ext = [];

  // 上記のoptsのオプション名と値を「=」で繋げて配列url_extに格納
  for( optName in opts ){
    url_ext.push( optName + "=" + opts[optName] );
  }

  // url_extの各要素を「&」で繋げる
  var options = url_ext.join("&");

  // optionsは以下のように作成しても同じです。
  // var ptions = 'exportFormat=pdf&format=pdf'
  // + '&size=A4'                       
  // + '&portrait=true'                    
  // + '&sheetnames=false&printtitle=false' 
  // + '&pagenumbers=false&gridlines=false' 
  // + '&fzr=false'                         
  // + '&gid=' + sheetid;

  // API使用のためのOAuth認証
  var token = ScriptApp.getOAuthToken();

    // PDF作成
    var response = UrlFetchApp.fetch(url + options, {
      headers: {
        'Authorization': 'Bearer ' +  token
      }
    });

    // 
    var blob = response.getBlob().setName( filename + '.pdf');

  //}

  // PDFを指定したフォルダに保存
  folder.createFile(blob);

}

 // タイムスタンプを返す関数
  function getTimestamp () {
    var now = new Date();
    var year = now.getYear();
    var month = now.getMonth() + 1;
    var day = now.getDate();
    var hour = now.getHours();
    var min =now.getMinutes();

    // var sec = now.getSeconds();

    return year + "" + month + "" + day + "" + hour + "" + min;
 }

// スプレッドシートのメニューからPDF作成用の関数を実行出来るように、「スクリプト」というメニューを追加。
function onOpen() {
    var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
    var entries = [       
        {
            name : "Create PDF",
            functionName : "myFunction"
        }
        ];
    sheet.addMenu("スクリプト", entries);
};

参照先
https://www.virment.com/create-pdf-google-apps-script/

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

ゴリ押しでなんとか上記の形は実装できました。
ただなんかスマートじゃないような気がしていてもしもっといいスクリプトがあれば教えて下さい。

function myFunction(){

// PDFの保存先となるフォルダID https://drive.google.com/drive/u/0/folders/ "1JvR2CwzO-8NyqsWhGS7wxsLAqH-zdzVB" ここの部分
  var folderid = "1JvR2CwzO-8NyqsWhGS7wxsLAqH-zdzVB";


  ////////////////////////////////////////
  // IDで指定したスプレッドシートをPDF化したい場合//
  ///////////////////////////////////////

  // 現在開いているスプレッドシートを取得
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();

  // 現在開いているスプレッドシートのIDを取得
  var ssid = ss.getId();
  // シートID(gid)を指定
  var sheetid = "2103348336";
  var sheetid2 = "1899146493";

  // 指定したスプレッドシートを開く
  var ss = SpreadsheetApp.openById(ssid);

  // ファイル名に使用する名前を取得
  var customer_name = ss.getRange("A5").getValue();
  var customer_name2 = ss.getRange("A7").getValue();
  // ここで例として使用しているスプレッドシートのA2に顧客の名前が入っているため、それをファイル名用に取得。

  // ファイル名に使用するタイムスタンプを取得
  var timestamp = getTimestamp();

  // PDF作成関数
  createPDF( folderid, ssid, sheetid, customer_name + "_" + timestamp );
  createPDF( folderid, ssid, sheetid2, customer_name2 + "_" + timestamp );

}

// PDF作成関数 引数は(folderid:保存先フォルダID, ssid:PDF化するスプレッドシートID, sheetid:PDF化するシートID, filename:PDFの名前)
function createPDF(folderid, ssid, sheetid, filename){

  // PDFファイルの保存先となるフォルダをフォルダIDで指定
  var folder = DriveApp.getFolderById(folderid);

  // スプレッドシートをPDFにエクスポートするためのURL。このURLに色々なオプションを付けてPDFを作成
  var url = "https://docs.google.com/spreadsheets/d/SSID/export?".replace("SSID", ssid);

  // PDF作成のオプションを指定
  var opts = {
    exportFormat: "pdf",    // ファイル形式の指定 pdf / csv / xls / xlsx
    format:       "pdf",    // ファイル形式の指定 pdf / csv / xls / xlsx
    size:         "A4",     // 用紙サイズの指定 legal / letter / A4
    portrait:     "true",   // true → 縦向き、false → 横向き
    fitw:         "true",   // 幅を用紙に合わせるか
    sheetnames:   "false",  // シート名をPDF上部に表示するか
    printtitle:   "false",  // スプレッドシート名をPDF上部に表示するか
    pagenumbers:  "false",  // ページ番号の有無
    gridlines:    "false",  // グリッドラインの表示有無
    fzr:          "false",  // 固定行の表示有無
    gid:          sheetid   // シートIDを指定 sheetidは引数で取得
  };

  var url_ext = [];

  // 上記のoptsのオプション名と値を「=」で繋げて配列url_extに格納
  for( optName in opts ){
    url_ext.push( optName + "=" + opts[optName] );
  }

  // url_extの各要素を「&」で繋げる
  var options = url_ext.join("&");

  // optionsは以下のように作成しても同じです。
  // var ptions = 'exportFormat=pdf&format=pdf'
  // + '&size=A4'                       
  // + '&portrait=true'                    
  // + '&sheetnames=false&printtitle=false' 
  // + '&pagenumbers=false&gridlines=false' 
  // + '&fzr=false'                         
  // + '&gid=' + sheetid;

  // API使用のためのOAuth認証
  var token = ScriptApp.getOAuthToken();

    // PDF作成
    var response = UrlFetchApp.fetch(url + options, {
      headers: {
        'Authorization': 'Bearer ' +  token
      }
    });

    // 
    var blob = response.getBlob().setName( filename + '.pdf');

  //}

  // PDFを指定したフォルダに保存
  folder.createFile(blob);

}

 // タイムスタンプを返す関数
  function getTimestamp () {
    var now = new Date();
    var year = now.getYear();
    var month = now.getMonth() + 1;
    var day = now.getDate();
    var hour = now.getHours();
    var min =now.getMinutes();

    // var sec = now.getSeconds();

    return year + "" + month + "" + day + "" + hour + "" + min;
 }

// スプレッドシートのメニューからPDF作成用の関数を実行出来るように、「スクリプト」というメニューを追加。
function onOpen() {
    var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
    var entries = [       
        {
            name : "Create PDF",
            functionName : "myFunction"
        }
        ];
    sheet.addMenu("スクリプト", entries);
};

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.97%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる