質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.06%

TypeScriptコンパイル設定の差について

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 462

score 20

概要

以下のイベント関連のサンプルを自分のWebPackのプロジェクトにまとめようとしました。ソースのTypeScriptファイルをコンパイルしたJavaScriptファイルをHTMLファイルから読みこんでブラウザで実行しましたが各モジュールの中身が未定義になってしまいます。もちろん参考元の公開サンプルは正しく動作します

参考元

TypescriptでEventDispatcher作ってみた- Qiita
(コード公開先GitHUB

やろうとしたこと

このサンプルを以下のような構成でWebpackのプロジェクトにまとめようとしました
イメージ説明

発生している問題と質問

1../src/app.ts内で参照しているEventDispathcer.tsのeventsモジュールが未定義になる
('events' is not defined.eslint(no-undef))
イメージ説明
2../dist/index.html内で読み込んでいる./js/app.entry.jsのモジュール’sample’や./js/lib.entry.jsのモジュール’events’が未定義になる
イメージ説明

ESLintのエラーは実際に’events’の定義が同ファイル内にないのででていると思うのですが(いずれ設定を変え対処予定)いろいろみていると自分のWebpack(TypeScript)の設定でのコンパイルでは参考にしているサイトで配布されているコンパイル済みファイルのようになっていないことに気がつきました。たとえば./src/ts/app.tsからコンパイルし生成さるJavaScriptファイルであるapp.entry.js(Webpackでコンパイル)とMain.js(元サンプルの公開のもの)の差分を見ると実際のモジュール処理部分については同じですがモジュールのES5環境へのロード処理部分が大きく違っていました。どうやらTypeScriptの設定が間違っているようなのですがどのように修正すれば元サンプルのように出力されるでしょうか?

webpack.config.json

const path = require('path')
module.exports = {
  mode: 'development',
  entry: {
    app: './src/ts/app.ts',
    lib: './src/ts/EventDispathcer.ts',
  },
  output: {
    path: path.join(__dirname, 'dist/js'),
    filename: '[name].entry.js',
  },
  devtool: 'source-map',
  module: {
    rules: [
      {
        test: /\.ts$/,
        use: 'ts-loader',
      },
    ],
  },
  resolve: {
    extensions: ['.ts'],
  },
}

tsconfig.js

{
  "compilerOptions": {
    "target": "es6",
    "module": "commonjs",
    "strict": true,
    "strictNullChecks": true,
    "esModuleInterop": true,
    "sourceMap": true,
    "outDir": "./dist/js/" /* Redirect output structure to the directory. */,
    "rootDir": "./src/ts/",
    "lib": ["es6", "dom", "es2018"],
    "typeRoots": ["./typings"],
    // "strictFunctionTypes": false,
  },
}

コンパイル済みファイル同士の比較

Main.js(元サンプルの公開のもの=正しく動作する)

var __extends = this.__extends || function (d, b) {
    for (var p in b) if (b.hasOwnProperty(p)) d[p] = b[p];
    function __() { this.constructor = d; }
    __.prototype = b.prototype;
    d.prototype = new __();
};
/// <reference path="EventDispatcher.ts"/>
var sample;
(function (sample) {
//以下略


app.entry.js(Webpackでコンパイル=HTMLからモジュール’sample’が見えない)

/// <reference path="EventDispathcer.ts" />
var __extends = (this && this.__extends) || (function () {
    var extendStatics = function (d, b) {
        extendStatics = Object.setPrototypeOf ||
            ({ __proto__: [] } instanceof Array && function (d, b) { d.__proto__ = b; }) ||
            function (d, b) { for (var p in b) if (b.hasOwnProperty(p)) d[p] = b[p]; };
        return extendStatics(d, b);
    };
    return function (d, b) {
        extendStatics(d, b);
        function __() { this.constructor = d; }
        d.prototype = b === null ? Object.create(b) : (__.prototype = b.prototype, new __());
    };
})();
var sample;
(function (sample) {
//以下略

自分のプロジェクト公開先

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.06%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る