質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.10%

railsチュートリアルのrememberについて

受付中

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,218

score 12

前提・実現したいこと

ここに質問の内容を詳しく書いてください。
railsチュートリアルのrememberについて。以下の箇所の動作についての質問です。

attr_accessor :remember_token
(中略)
def remember
self.remember_token = User.new_token
update_attribute(:remember_digest, User.digest(remember_token))
end

データーベース上には remember_tokenというattributeは存在せず、
Virtual Attributesとして扱うために、attr_acceessorと指定していることはわかります。

しかし、この部分なのですが、User.new_tokenというクラスメソッドを使用して、ランダムな文字列を生成し、それをself.remember_tokenに代入しようとしていることもわかります。そして、selfがなければ、単なる変数の代入になってしまうため、selfの指定が必要ということもわかります。しかし、このVirtual Attributeがどこに所属しているものなのかが掴めません。“クラス名.new”を使って、インスタンスを生成している訳でもなさそうです。User.new_tokenを使って生成された要素は、一体どこにある何のattributeに代入されたのでしょうか?

self.remember_token = User.new_token

また、rememberメソッドでは、最終的に以下のような処理をしていますが、User.new_token をそのままUser.digestを使用してハッシュ化しては駄目なのでしょうか?。なぜ、一度 self.remember_tokenに代入される必要があるのでしょうか。
さらに、self.remember_token に代入したにも関わらず、最終的な処理では、selfが抜け落ちて、User.digest(remember_token)となっていることにも疑問を感じます。

正規のコード
update_attribute(:remember_digest, User.digest(remember_token))

自分の考えているコード
1.update_attribute(:remember_digest, User.digest(User.new_token))

2.update_attribute(:remember_digest, User.digest(self.remember_token))

該当のソースコード

class User < ApplicationRecord
attr_accessor :remember_token
before_save { self.email = email.downcase }
validates :name,  presence: true, length: { maximum: 50 }
VALID_EMAIL_REGEX = /\A[\w+\-.]+@[a-z\d\-.]+\.[a-z]+\z/i
validates :email, presence: true, length: { maximum: 255 },
format: { with: VALID_EMAIL_REGEX },
uniqueness: { case_sensitive: false }
has_secure_password
validates :password, presence: true, length: { minimum: 6 }

渡された文字列のハッシュ値を返す

def User.digest(string)
cost = ActiveModel::SecurePassword.min_cost ? BCrypt::Engine::MIN_COST :
BCrypt::Engine.cost
BCrypt::Password.create(string, cost: cost)
end

ランダムなトークンを返す

def User.new_token
SecureRandom.urlsafe_base64
end

永続セッションのためにユーザーをデータベースに記憶する

def remember
self.remember_token = User.new_token
update_attribute(:remember_digest, User.digest(remember_token))
end
end

試したこと

ここに問題に対して試したことを記載してください。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

ここにより詳細な情報を記載してください。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

+1

しかし、この部分なのですが、User.new_tokenというクラスメソッドを使用して、ランダムな文字列を生成し、それをself.remember_tokenに代入しようとしていることもわかります。そして、selfがなければ、単なる変数の代入になってしまうため、selfの指定が必要ということもわかります。しかし、このVirtual Attributeがどこに所属しているものなのかが掴めません。“クラス名.new”を使って、インスタンスを生成している訳でもなさそうです。User.new_tokenを使って生成された要素は、一体どこにある何のattributeに代入されたのでしょうか?

リスト 9.8: ユーザーを記憶するで使用例があります。
userというインスタンスがあり、user.rememberと呼び出すことでuser.remember_tokenに保存されます。
例として、

user1 = User.new
user1.remeber

user2 = User.new
user2.remember

こうすることで、user1とuser2にそれぞれ違ったremeber_tokenが保存されます。


また、rememberメソッドでは、最終的に以下のような処理をしていますが、User.new_token をそのままUser.digestを使用してハッシュ化しては駄目なのでしょうか?。なぜ、一度 self.remember_tokenに代入される必要があるのでしょうか。

これについてもリスト 9.8: ユーザーを記憶するを見るといいでしょう。

def remember(user)
  user.remember
  cookies.permanent.signed[:user_id] = user.id
  cookies.permanent[:remember_token] = user.remember_token
end

上記のようにuser.rememberで保存した後に、cookieに保存したremember_tokenを代入しています。
このように、後でcookieに代入しなければいけないために、attr_accessorでremember_tokenを定義し保存するわけです。

update_attribute(:remember_digest, User.digest(User.new_token))

のようにしてしまうと、user.rememberの処理の後、作成したtokenを取り出すことができなくなってしまいます。


さらに、self.remember_token に代入したにも関わらず、最終的な処理では、selfが抜け落ちて、User.digest(remember_token)となっていることにも疑問を感じます。

Rubyではセッターメソッドについてはselfを省略してはだめで、それ以外はselfを省略可能という仕様になっています。
ですので、最後の部分はselfを省略して書いてあるというわけです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.10%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る