質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.08%

DynamoDBでTableのデータを取得したい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 297

souta-haruran

score 84

目的

こちらに書かれているgetItemメソッドを呼び出し、定義しているデータを取得したい。
という目的です。

現状

目的達成のため以下に記す環境やサンプルコードを用意した上で、上記に記したサイト内に書かれているサンプルを引用し、コマンドラインを実行するも期待する値が得られません。

環境情報

環境としては以下のような環境になっています。

  • AWS SAMでローカルにAPI GatewayとLambda Functionを用意しています。
  • dockerでDynamoDBを起動しています。

概要

現在、上記に示した環境と共に、以下に記すサンプルのコードを用意しています。

サンプルコード

※取得したいjsonデータ
★1 [jsonファイル]

{
  "Threads": [
    {
      "PutRequest": {
        "Item": {
          "ThreadTs": {
            "S": "100000"
          },
          "UserId": {
            "S": "000001"
          },
          "ParentText": {
            "S": "text 1"
          },
          "Closed": {
            "BOOL": false
          }
        }
      }
    }
  ]
}


[template.yaml]

AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09'
Transform: AWS::Serverless-2016-10-31
Description: >
  demo

  Sample SAM Template for demo

# More info about Globals: https://github.com/awslabs/serverless-application-model/blob/master/docs/globals.rst
Globals:
  Function:
    Timeout: 3

Resources:
  HelloWorldFunction:
    Type: AWS::Serverless::Function
    Properties:
      CodeUri: hello-world/
      Handler: app.handler
      Runtime: nodejs8.10
      Events:
        HelloWorld:
          Type: Api
          Properties:
            Path: /hello
            Method: get
        Environment:
          Variables:
            PARAM1: "http://localhost:8000"

Outputs:
  HelloWorldApi:
    Description: "API Gateway endpoint URL for Prod stage for Hello World function"
    Value: !Sub "https://${ServerlessRestApi}.execute-api.${AWS::Region}.amazonaws.com/Prod/hello/"
  HelloWorldFunction:
    Description: "Hello World Lambda Function ARN"
    Value: !GetAtt HelloWorldFunction.Arn
  HelloWorldFunctionIamRole:
    Description: "Implicit IAM Role created for Hello World function"
    Value: !GetAtt HelloWorldFunctionRole.Arn

[app.js]

// Load the AWS SDK for Node.js
var AWS = require('aws-sdk');

// Set the region
AWS.config.update({region: 'ap-northeast-1'});

// Create the DynamoDB service object
var ddb = new AWS.DynamoDB({apiVersion: '2012-08-10'});


var params = {
  TableName: 'Threads',
  Key: {
    'ThreadTs': {
      S: '100000'
    }
  }
};

// Call DynamoDB to read the item from the table
ddb.getItem(params, function(err, data) {
  if (err) {
    console.log("Error", err);
  } else {
    console.log("Success", data.Item);
  }
});

コマンドラインで以下を実行したところ、

sh db/setup.sh

以下の値が返ってきました。

{
    "TableDescription": {
        "TableArn": "arn:aws:dynamodb:ddblocal:000000000000:table/Threads", 
        "AttributeDefinitions": [
            {
                "AttributeName": "ThreadTs", 
                "AttributeType": "S"
            }
        ], 
        "ProvisionedThroughput": {
            "NumberOfDecreasesToday": 0, 
            "WriteCapacityUnits": 2, 
            "LastIncreaseDateTime": 0.0, 
            "ReadCapacityUnits": 2, 
            "LastDecreaseDateTime": 0.0
        }, 
        "TableSizeBytes": 0, 
        "TableName": "Threads", 
        "BillingModeSummary": {
            "LastUpdateToPayPerRequestDateTime": 0.0, 
            "BillingMode": "PROVISIONED"
        }, 
        "TableStatus": "ACTIVE", 
        "KeySchema": [
            {
                "KeyType": "HASH", 
                "AttributeName": "ThreadTs"
            }
        ], 
        "ItemCount": 0, 
        "CreationDateTime": 1559375047.868
    }
}
{
    "UnprocessedItems": {}
}

上記を踏まえた上で現状を記します。

現在の状態

コマンドラインで

curl http://localhost:8000/Threads/1


を実行すると以下が返ってきます。

{"__type":"com.amazonaws.dynamodb.v20120810#MissingAuthenticationToken","message":"Request must contain either a valid (registered) AWS access key ID or X.509 cert


さらに、

curl http://localhost:3000/Threads/1


を実行すると以下が返ってきます。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0">
    <title>xxxxx</title>
  </head>
  <body>
    <div id="app"></div>
    <!-- built files will be auto injected -->
    <script type="text/javascript" src="/app.js"></script>
  </body>
</html>


getItemを呼び出した時の返り値として期待する値は「★1」のjsonデータなのですが、実際はそうではなく、上記のような状態です。

そもそも大きな間違いをしているのか、同時にgetItemを呼び出すための実行コマンドが違うのか、調査を重ねるも解決に至りません。

大変恐縮なのですが、どのようにすれば「★1」のjsonデータを取得することができるのかご教示いただけますと幸いです。
よろしくお願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

経験のある人物の協力を得てやれることになりました。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.08%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る