質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.78%

【JavaScript】Promiseについて

解決済

回答 4

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 656

hirosnow

score 10

超初歩的な質問をさせていただきます。
非同期処理の勉強をしておりまして、Promise関数のところで混乱しております。
自分なりの解釈をしてみたのですが、あっているかどうか教えていただけますと幸いです。
(勉強になるページ等教えていただければそちらを参考にして勉強します。)

混乱しているところ

promiseについての記事を読んでいて

var taskA = new Promise(function(resolve, reject) {
  setTimeout(function () {
    console.log('taskA');
    resolve(); //なんで実行されんねん
  }, 16);
});


4行目のresolveが実行される意味が分からない
→なんで'resolve'という関数が定義されとんねん
というところで混乱しております。

自分なりの解釈

例えば

(function(){
  const result = function(a,b,num) {
    if(num > 0 ){
      a();
    }else{
      b();
    }
  }

  const a = function(){
    console.log('aだよー');
  }

  const b = function(){
    console.log('bだよー');
  }

  result(a, b, 10);//結果は'aだよー'

}())


といった関数を考えてみると
1.'result'という関数を定義する
2.'a'と'b'という関数を定義する
3.'result'という関数を実行する
という順番になります。
これを少し書き換えると

(function(){
  const result = function(resolve, reject) {
    setTimeout(function () {
      resolve();
    }, 16);
  }

  const resolve = function(){
    console.log('aだよー');
  }

  const reject = function(){
    console.log('bだよー');
  }

  result(resolve, reject);//結果は'aだよー'

}())


という構文が出来上がりました。
ここで先ほどの'Promise'関数に当てはめてみると

Promise(function(resolve, reject) {
  setTimeout(function () {
    console.log('taskA');
    resolve();
  }, 16);
});

//と書かれた文は

function Promise(func){

  const result = func();
  /**
    const result = function(resolve, reject) {
      setTimeout(function () {
        console.log('taskA');
        resolve();
      }, 16);
    }
  **/

  const resolve = function(){
    //処理内容
  }

  const reject = function(){
    //処理内容
  } 

  result(resolve, reject);

}


と書き換えることができる
だから実行することができるのだ
と解釈しております。

いかがでしょうか。
皆様のご意見頂けますと嬉しいです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 4

checkベストアンサー

+3

JavaScript Promiseの本という
有名なサイト(無料の電子書籍)がありますので
こちらを読めばご理解いただけるかと思います。
http://azu.github.io/promises-book/

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/05/23 13:15

    このようなサイトを探しておりました!
    教えていただきありがとうございます。

    キャンセル

+3

result(a, b, 10);//結果は'aだよー'

resultとa,bの位置が逆です。
問題のコードでは、関数resultに実引数がありません。


Promiseを使わないコードを書けば、自ずと分かります。

function promiseCallback (resolve, reject) {
   setTimeout(function () {
     console.log('taskA');
     resolve(); //なんで実行されんねん
   }
}

function resolve () {
  console.log('success');
}

function reject {
  console.log('error');
}

// Promiseを使わない場合
promiseCallback(resolve, reject);

// Promiseを使う場合
new Promise(promiseCallback).then(resolve).catch(reject);

Promiseはコールバック関数を駆使して、完了(then)を検知しています。
正確に理解するには、PromiseのPolyfillコードを想定する必要がありますが、Promiseを使わないコールバック関数型コードを組んでみることである程度は理解が進むのではないかと思います。

Re: hirosnow さん

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/05/23 13:18

    コールバック関数が肝となっているのですね。
    理解していたつもりですが、教えていただいた内容を見ても分からない箇所があるので
    参考となるサイトを見ながら、組んでみて理解度を深めたいと思います。
    ありがとうございました。

    キャンセル

  • 2019/05/23 18:59

    https://azu.github.io/promises-book/ のようなサイトを探していた、ということですが、『JavaScript Promiseの本』はPromiseの内部動作までは説明していませんので、質問者さんの求める答えは得られないと思います。
    質問内容と解決内容が対応していないように思います。知りたかったのは「なぜ動くのか」ではなく、「どうやって使うのか」だったのでしょうか。

    それから、『JavaScript Promiseの本』は掲示されていた https://qiita.com/toshihirock/items/e49b66f8685a8510bd76 からリングされていましたので、ご存じないとは思っていませんでした。

    キャンセル

  • 2019/05/27 13:39

    コメント遅くなってしまい申し訳ございません。

    >質問内容と解決内容が対応していないように思います。知りたかったのは「なぜ動くのか」ではなく、「どうやって使うのか」だったのでしょうか。
    「なぜ動くのか」というのが、知りたかったです。
    ただ、その前にpromiseの使い方やコールバック関数について総合的に記述されているサイトも同時に知りたかったです。
    (Promiseやコールバック関数についての理解が浅いためか、誤解を招くような書き方をしてしまい申し訳ありません。)

    >それから、『JavaScript Promiseの本』は掲示されていた https://qiita.com/toshihirock/items/e49b66f8685a8510bd76 からリングされていましたので、ご存じないとは思っていませんでした。
    見落としておりました。
    これからはきちんと確認をしてから、こちらへ質問をするよう気を付けます。

    ご丁寧にコメントをいただきましてありがとうございました。

    キャンセル

+2

Promiseの実装です
https://github.com/then/promise/blob/master/src/core.js

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/05/23 13:15

    サイトを教えていただき、ありがとうございます。
    実装を確認して、挙動を理解できるように勉強したいと思います。

    キャンセル

+2

単純にPromiseのコールバックの第1引数に与えた変数名を実行することで
非同期処理の同期作業ルーチンに進むというだけでは?

仮に

var taskA = new Promise(function(resolve, reject) {
  setTimeout(function () {
    console.log("doing A");
    resolve("done A");
  }, 30);
});
var taskB = new Promise(function(resolve, reject) {
  setTimeout(function () {
    console.log("doing B");
    resolve("done B");
  }, 10);
});
var taskC = new Promise(function(resolve, reject) {
  setTimeout(function () {
    console.log("doing C");
    resolve("done C");
  }, 20);
});
(async function(){
console.log('start');
await Promise.all([taskA,taskB,taskC]).then(function(ret){
  console.log(ret);
});
console.log('end');
})()


を実行すると、結果

start
doing B
doing C
doing A
Array(3) [ "done A", "done B", "done C" ]
end


となりますが、上記仮にresolve("done C")をコメントアウトすると
後ろに流れないので

start
doing B
doing C
doing A


までで処理が止まってしまいます

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/05/23 12:25

    イメージ的にはaddEventListenerのコールバックの第1引数が
    イベントを渡すような感じですかね・・・むしろわかりにくいか

    キャンセル

  • 2019/05/23 13:09

    ソースまで書いていただき、ありがとうございます。
    私の質問の意図としては'resolve'はどこも渡していないのに、どうして実行されるのだろう
    といった点です。(日本語がおかしいかもしれませんが・・・)

    イメージ的には何となく理解できました。
    しっかり理解できるように他の方のサイトも参考にして勉強を進めたいと思います。
    ありがとうございました。

    キャンセル

  • 2019/05/23 13:23

    > 'resolve'はどこも渡していないのに、どうして実行されるのだろう

    むしろ逆ですね、resolveは任意に実行しないとpromiseが完了しない
    resolveという名前はPromiseの第1引数で渡す
    という話です。
    正確にはリゾルバとリジェクタなのでresolver,rejectorと書いた方が
    より認識しやすいでしょう(逆にhoge,fugaでもなんでもいい)

    キャンセル

  • 2019/05/23 13:31

    ありがとうございます!
    すごい腹落ちしました!

    >むしろ逆ですね、resolveは任意に実行しないとpromiseが完了しない
    実行しないとpromiseが完了しないという考え方がありませんでした。
    本当にありがとうございます。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.78%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る