質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.78%

wifi-directを利用したP2P通信における1対多通信の実装について(androidアプリケーション)

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,579

Mustard

score 11

P2P通信により周囲にある複数のandroid端末に画像を送信するアプリケーションを開発したいと思っています。
wifi-directによる1対1通信での画像の送信はwifidirectdemoにより紹介されていた実装を実機で試し、確認しています。これを拡張することで1対多での送信を実装できると考えていたのですが実装方法の検討が付きません。
調べたところPigeon Messengerというアプリが1対多通信に対応しているようなのですが、膨大なソースの中から最低限何を実装すればよいのか理解が及びませんでした。

参考になる記事や例の紹介、実装の考案に関してご助力いただけないでしょうか?

お忙しいところ大変申し訳無いのですが回答のほどお待ちしております。

(追記)
Pigeon Messengerはandroid.net.wifi.p2p.nsd.WifiP2pDnsSdServiceRequestやWifiP2pDnsSdServiceInfo等のWiFiサービスを利用することで1対多通信を実現していることがわかりました。
そこでSDKサンプルのWiFiDirectServiceDiscoveryを試してみたところ、Pigeon Messengerと異なりこちらは1対1の通信が確立した後に3台目の端末から接続要求を出しても受理されないようでした。
この差を理解できれば実装のヒントになりそうなのですが現状把握できていません。
WiFiDirectServiceDiscoveryのコードに何を書き加えることで複数接続が実装できるのでしょうか。

(追記2)
先に接続している2台のうちグループオーナーになった端末に対し3台目が接続要求を行ったところ接続が形成されました。
グループオーナーである端末は他2台からのメッセージを受信できました。
一方でグループオーナーからのメッセージはクライアント端末の2台のうち後から接続した方にのみ送信されたことを確認しました。

このことからグループオーナーとなった端末が全てのクライアント端末に送信処理を行うことで双方向の1対多通信が実現できると考えているのですがどうでしょうか。

確認に用いた端末はMOTOROLA moto g4 plus(androidバージョン 7.0)です。
またWiFiDirectServiceDiscoveryをそのままビルドしたところエラーが生じたため以下のようにWiFiChatFragment.javaに一文追加しました。

@Override
    public View onCreateView(LayoutInflater inflater, ViewGroup container,
                             Bundle savedInstanceState) {
       ----(略)----
        view.findViewById(R.id.button1).setOnClickListener(
                new View.OnClickListener() {

                    @Override
                    public void onClick(View arg0) {
                        if (chatManager != null) {
                        //追加したコード
                            StrictMode.setThreadPolicy(new StrictMode.ThreadPolicy.Builder().permitAll().build());
                       //   
                 chatManager.write(chatLine.getText().toString().getBytes());
                            pushMessage("Me: " + chatLine.getText().toString());
                            chatLine.setText("");
                            chatLine.clearFocus();
                        }
                    }
                });
        return view;
    }
  ----(略)----
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.78%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る