質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.64%

デプロイ実行をした際にunicornの起動に関するエラーの解決方法を教えて頂けないでしょうか。

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 865

koume

score 164

Capistrano3でRailsアプリをデプロイしていますが、以下のようなエラー?が出ていてます。
サイトで調べてみるとunicournの起動に関するエラーのようなのですが、解決方法がわからずに困っています。
どなたか教えていただけないでしょうか?

エラーの内容です。

 [8b35d5a9] Command: cd /usr/share/nginx/html/current && ( export RBENV_ROOT="/home/kinoko/.rbenv" RBENV_VERSION="" RAILS_ENV="production" ; /home/kinoko/.rbenv/bin/rbenv exec bundle exec unicorn -c /usr/share/nginx/html/current/config/unicorn/production.rb -E deployment -D  )

[32a85f10]       master failed to start, check stderr log for details
(Backtrace restricted to imported tasks)
cap aborted!
SSHKit::Runner::ExecuteError: Exception while executing as XXX.XXX.XXX.XX: bundle exit status: 1
bundle stdout: master failed to start, check stderr log for details
bundle stderr: Nothing written


Caused by:
SSHKit::Command::Failed: bundle exit status: 1
bundle stdout: master failed to start, check stderr log for details
bundle stderr: Nothing written

Tasks: TOP => unicorn:start
(See full trace by running task with --trace)
The deploy has failed with an error: Exception while executing as XXX.XXX.XXX.XX: bundle exit status: 1
bundle stdout: master failed to start, check stderr log for details
bundle stderr: Nothing written


ログは以下です。

log/unicorn.log

I, [2019-04-19T11:26:47.131042 #16286]  INFO -- : Refreshing Gem list
I, [2019-04-19T11:26:57.560723 #16286]  INFO -- : unlinking existing socket=/home/vagrant/chibi/chibi/tmp/unicorn.sock
I, [2019-04-19T11:26:57.561137 #16286]  INFO -- : listening on addr=/home/vagrant/chibi/chibi/tmp/unicorn.sock fd=17
I, [2019-04-19T11:26:58.510835 #16295]  INFO -- : worker=0 ready
I, [2019-04-19T11:26:58.515917 #16286]  INFO -- : master process ready
I, [2019-04-19T11:26:58.528829 #16297]  INFO -- : worker=1 ready
I, [2019-04-19T11:26:58.551438 #16300]  INFO -- : worker=2 ready


unicornの設定ファイルは見よう見まねで以下のようにしています。

lib/capistrano/tasks/unicorn.rb

#unicornのpidファイル、設定ファイルのディレクトリを指定
namespace :unicorn do
  task :environment do
    set :unicorn_pid,    "#{current_path}/tmp/pids/unicorn.pid"
    set :unicorn_config, "#{current_path}/config/unicorn/production.rb"
  end

#unicornをスタートさせるメソッド
  def start_unicorn
    within current_path do
      execute :bundle, :exec, :unicorn, "-c #{fetch(:unicorn_config)} -E #{fetch(:rails_env)} -D"
    end
  end

#unicornを停止させるメソッド
  def stop_unicorn
    execute :kill, "-s QUIT $(< #{fetch(:unicorn_pid)})"
  end

#unicornを再起動するメソッド
  def reload_unicorn
    execute :kill, "-s USR2 $(< #{fetch(:unicorn_pid)})"
  end

#unicronを強制終了するメソッド
  def force_stop_unicorn
    execute :kill, "$(< #{fetch(:unicorn_pid)})"
  end

#unicornをスタートさせるtask
  desc "Start unicorn server"
  task start: :environment do
    on roles(:app) do
      start_unicorn
    end
  end

#unicornを停止させるtask
  desc "Stop unicorn server gracefully"
  task stop: :environment do
    on roles(:app) do
      stop_unicorn
    end
  end

#既にunicornが起動している場合再起動を、まだの場合起動を行うtask
  desc "Restart unicorn server gracefully"
  task restart: :environment do
    on roles(:app) do
      if test("[ -f #{fetch(:unicorn_pid)} ]")
        reload_unicorn
      else
        start_unicorn
      end
    end
  end

#unicornを強制終了させるtask 
  desc "Stop unicorn server immediately"
  task force_stop: :environment do
    on roles(:app) do
      force_stop_unicorn
    end
  end
end
config/unicorn/production.rb

#ワーカーの数。後述
  $worker  = 2
#何秒経過すればワーカーを削除するのかを決める
  $timeout = 30
#自分のアプリケーション名、currentがつくことに注意。
  $app_dir = "/usr/share/nginx/html/current"
#リクエストを受け取るポート番号を指定。後述
  $listen  = File.expand_path 'tmp/sockets/.unicorn.sock', $app_dir
#PIDの管理ファイルディレクトリ
  $pid     = File.expand_path 'tmp/pids/unicorn.pid', $app_dir
#エラーログを吐き出すファイルのディレクトリ
  $std_log = File.expand_path 'log/unicorn.log', $app_dir

# 上記で設定したものが適応されるよう定義
  worker_processes  $worker
  working_directory $app_dir
  stderr_path $std_log
  stdout_path $std_log
  timeout $timeout
  listen  $listen
  pid $pid

#ホットデプロイをするかしないかを設定
  preload_app true

#fork前に行うことを定義。後述
  before_fork do |server, worker|
    defined?(ActiveRecord::Base) and ActiveRecord::Base.connection.disconnect!
    old_pid = "#{server.config[:pid]}.oldbin"
    if old_pid != server.pid
      begin
        Process.kill "QUIT", File.read(old_pid).to_i
      rescue Errno::ENOENT, Errno::ESRCH
      end
    end
  end

#fork後に行うことを定義。後述
  after_fork do |server, worker|
    defined?(ActiveRecord::Base) and ActiveRecord::Base.establish_connection
  end


宜しくお願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

-1

回答が得られないので質問を取り下げます。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.64%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • トップ
  • nginxに関する質問
  • デプロイ実行をした際にunicornの起動に関するエラーの解決方法を教えて頂けないでしょうか。