質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.64%

Angular + STSでのAPI呼び出し

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 698

manz

score 16

http://localhost:4200/XXXというページから、API「http://localhost:8080/api/xxx.api」をPOSTで呼び出した際に、

Access to XMLHttpRequest at 'http://localhost:8080/api/xxx.api' from origin 'http://localhost:4200' has been blocked by CORS policy: Response to preflight request doesn't pass access control check: It does not have HTTP ok status.


というエラーが発生し、httpステータスコード【401】が返却されてしまいました。

下記のとおりに、実装しているのですが、Java側で設定すべきhttpレスポンスヘッダー情報がまだ漏れているのでしょうか。

実装

    this.http.post(this.url + "/XXX.api", body,{headers:{'Content-Type': 'application/json'}})
//コントローラでの受け取り方
       @RequestMapping(value = "/xxx.api", method = RequestMethod.POST)
       public ResponseEntity<?> hoge(@RequestBody XxxRequest request) {
            System.out.println(request);

            return new ResponseEntity<>(new ResponseContent<>(
                    xxxService.xxx(request)), HttpStatus.OK);
       }

//レスポンスヘッダーの設定箇所
        HttpServletResponse httpResponse = (HttpServletResponse) response;
        httpResponse.setHeader("Access-Control-Allow-Origin","http://localhost:4200");
        httpResponse.setHeader("Allow","GET, POST, OPTIONS");
        httpResponse.setHeader("Access-Control-Allow-Headers", "Content-Type");
        httpResponse.setHeader("Cache-Control", "no-store, no-cache, must-revalidate, max-age=0");
        httpResponse.setHeader("Content-type", MediaType.APPLICATION_JSON_VALUE);
        httpResponse.setDateHeader("Expires", 0);
        httpResponse.setHeader("Pragma", "No-cache");

実際のrequestとresponseヘッダー情報

Provisional headers are shown
Access-Control-Request-Headers: content-type
Access-Control-Request-Method: POST
Origin: http://localhost:4200
Referer: http://localhost:4200/XXX
User-Agent: Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/72.0.3626.119 Safari/537.36
Access-Control-Allow-Credentials: true
Access-Control-Allow-Headers: content-type
Access-Control-Allow-Methods: POST
Access-Control-Allow-Origin: http://localhost:4200
Allow: GET, HEAD, POST, PUT, DELETE, TRACE, OPTIONS, PATCH
Cache-Control: no-cache, no-store, max-age=0, must-revalidate
Content-Length: 0
Date: Tue, 26 Feb 2019 14:26:56 GMT
Expires: 0
Pragma: no-cache
Vary: Origin, Access-Control-Request-Method, Access-Control-Request-Headers
WWW-Authenticate: Basic realm="Realm"
X-Content-Type-Options: nosniff
X-Frame-Options: DENY
X-XSS-Protection: 1; mode=block

この設定で正しく動作した実績もあるのですが、急に動作しなくなったりでキャッシュを消去して試してみても操作しないままでした。
何か不備がありましたらご教授をお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

プリフライトに失敗しているようですね。
一度公式に案内されている方法で対応してみてください。

https://spring.io/guides/gs/rest-service-cors/

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.64%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる