質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.62%

Firebase functions でセッションデータの追加と取得

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 2,192

yoshito777

score 10

GoogleのFirebaseについての質問

サーバー側の処理(Cloud Functions)で、セッションを使いたいのですが、うまくいきません。
セッションに値を追加して取得しようとすると、undefined になります。
ただし、データベースには次のような感じで値が保存されています。
(セッションのキーをname、値をyamadaで追加した例)
sessions
--Ds-KX6DYOjGiaZ7qkmpH_O_JS1WQbJ8I
--expires: 1549045586962
--sess: "{\"cookie\":{\"originalMaxAge\":null,\"expires\":null,\"httpOnly\":true,\"path\":\"/\"},\"name\":\"yamada\"}" 
--type: "connect-session"
ご存知の方いらっしゃいましたら、ぜひアドバイスをよろしくお願い致します。
開発環境はCloud9です。
参考にしたサイト: https://www.npmjs.com/package/connect-session-firebase

事前に以下をインストールしました。

$ npm install cookie-parser express-session
$ npm install firebase-admin connect-session-firebase --save


コードは以下のとおりです。

/functions/index.js

const functions = require('firebase-functions');
const express = require('express');
const app = express();
const bodyParser = require('body-parser');
const path = require('path');

// session の設定
const cookieParser   = require('cookie-parser');
const session = require('express-session');
const FirebaseStore = require('connect-session-firebase')(session);
const firebase = require('firebase-admin');
const serviceAccount = require('./serviceAccount.json');  // ダウンロードしたFirebase Admin SDK
const ref = firebase.initializeApp({
  credential: firebase.credential.cert(serviceAccount),
  databaseURL: 'https://*****.firebaseio.com'      // ***** は自分のプロジェクトID
});

// ejs の設定
app.set('views', path.join(__dirname, 'views'));
app.set('view engine', 'ejs');

app.use(bodyParser.json());
app.use(bodyParser.urlencoded({extended: true}));

// session の設定
app.use(cookieParser());
app.use(session({
  store: new FirebaseStore({
    database: ref.database()
  }),
  secret: 'secret_key',
  resave: false,
  saveUninitialized: false
}));

// routing
app.get('/', (req, res) => {
  req.session.name = 'yamada';
  res.render('index');
});
app.get('/test', (req, res) => { 
  res.send(`セッションの値: ${req.session.name}`);  
});

exports.app = functions.https.onRequest(app);

/functions/views/index.ejs

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>test</title>
</head>
<body>
<a href="/test">テスト</a>
</body>
</html>


/database.rules.json

{
  "rules": {
    ".read": false,
    ".write": false,
    "sessions": {
      ".read": false,
      ".write": false
    }
  }
}

試してみたこと

次のようにセッションのオプションを追加してみましたが、うまくいきませんでした。

/functions/index.js

// 省略
// オプション追加
const sess = {
  store: new FirebaseStore({
    database: ref.database() 
  }),
  secret: 'secret_key',
  resave: true,
  saveUninitialized: true,
  name: '__session',
  cookie: {
    maxAge: 1000 * 60 * 60,  // 有効期間 1時間
    secure: false,           // true でもダメ
    httpOnly: false
  }  
};

// 省略

app.use(cookieParser());
app.use(session(sess));

// カウンターでテスト(ページ更新ごとにプラス1)
app.get('/', (req, res) => {
  req.session.counter = req.session.hasOwnProperty('counter') ? req.session.counter + 1 : 1;
  res.send(`カウンター: ${req.session.counter} セッションID: ${req.sessionID}`);
});


結果はカウンターの値が1のまま変わらず、セッションIDの値だけが変化します。
以前と同じで、データベースにはセッションの値は保存されるのですが、
ページを更新するたびに新しいセッションが追加されてしまいます。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

念のため、「試してみたこと」で書いたコードでデプロイしたみたところ、名前もカウンターもうまく表示されました。原因は firebase serve(プレビュー)の仕方の間違いだったようです。
Cloud9 の場合、コンソールで firebase serve -o $IP -p 8081
とコマンドを打つと、hosting と functions の二つのアドレスが表示されます。
私はうっかり hosting の方のリンクをクリックしていました。
カウンターの表示ときは、functions のリンクのみ、
名前の表示のときは、functions のリンクをひとまずクリック、そのあと、hosting のリンクをクリックしてそこで確認するとうまくいきました。

追記
firebase だからといって無理に connect-session-firebase や firestore を使わなくても、
下記のようにしてもうまくいきました。
express4 の本来のセッションの使い方に、name: '__session'などのオプションをつけるだけ。

express.cookieParser(), express.session()用のモジュールを次のコマンドでインストール。
npm install cookie-parser express-session
それから、
app.use(cookieParser());
app.use(session({ secret: 'secret_key', resave: true, saveUninitialized: true, name: '__session'}));
こちらだと数行で済みます。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.62%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る