質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.79%

dockerでの環境構築(myslq)

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,228

score 86

spring bootにてwebアプリを開発する上でdockerでmysqlの環境を作成しようと思いました。

以下githubを参考に進めました。
サンプル
サンプルを調べていたところ下図右側のgradleTask?(名前がよくわかりません...)の
spring-boot-doma2-sample
┗spring-boot-doma2-sample
□┗Tasks
□□┗docker
□□□┗composeUp

を実行すると環境が構築されるとありましたので言われるがままにコマンドを実行しました。
データベースの名前とユーザ情報は「docker-compose.yml」に定義されていました。
データベースもテーブルも以下画面下部のように作成できていてその情報はsample-domainプロジェクトにまとめられていました。
イメージ説明

質問したいこと

上図composeUpには色々な命令群が入っていて初期処理(テーブル作成等)を呼び出している?と思うのですが、こちらのcomposeUpの中身はどこに記述されているのでしょうか??

■docker-compose upというコマンドがあり、それをググった際は「"docker-compose up" コマンドを実行してdocker-compose.yml で定義したコンテナを開始します」という内容でしたが、このサンプルプロジェクトのdocker-compose.ymlは上図のようになっておりましてテーブル初期化等の命令は入っていないように見受けられます。
docker-compose upコマンドと上図右側のcomposeUpは全く同じことをしているのでしょうか?

もし、自分でタスクを作成し右側のgradleTaskとして出しているのだとしたらこの中身を参考に自分で環境を作成したいと思っております。
今までdockerを触ったことがないので有識者の方ご教授いただけると幸いでございます。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

gradleタスクが定義されているファイルは build.gradleというファイルです。一般的にはプロジェクトフォルダに保存されていてEclipseのgradleタスクに表示されるコマンドはこのファイルの中身を表示していることになります。

したがって、build.gradleを確認していただけるとよいのですがcomposeUpタスクの中に docker-compose コマンドを実行するような記述があるのだと思います。

spring-boot-doma2-sample/build.gradle

apply plugin: "docker-compose"

dockerCompose {
    useComposeFiles = ["docker/docker-compose.yml"]
}


したがってdockerで自分の環境を構築するのであれば docker-compose.yml ファイルを修正することになります。

データベースの初期設定は以下にあるように flywayというライブラリが行っているようです。

spring-boot-doma2-sample/sample-domain/build.gradle

 compile "org.flywaydb:flyway-core"

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/01/21 20:22

    ありがとうございます。とてもわかりやすかったです。
    flyway...データベースのバージョン管理ですか。初めて聞きました。
    また1つ2つ勉強になりました。ありがとうございます。

    キャンセル

  • 2019/01/21 20:44

    flywayは、リリース後継続的にアップデートあるような開発には向きますがそうでなければ開発中にどうしても必要になるようなものでは無いと思います。個人的な感想ですが

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.79%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る