質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.99%

Herokuでは問題ないのに、ローカルサーバー(Docker)でTwitter APIへのリクエストが401エラー

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 558

segawan

score 12

Rails5.2においてTwitterアカウントで会員登録できる機能を作成しようとしています。

Dockerの開発環境ではTwitterの連携承認ページ(アクセストークンの発行直前ページ)へ遷移すると401エラーが発生してTwitter APIへの認証が上手くいきませんでした。

しかし、同アプリをHeorkuにアップロードして試してみたところ、Heroku上では問題なく認証が通りました。
HerokuへはDocker imageではなく、Docker環境で作成したファイルをPushしています。

ひとまず、私が既に確認して(もしくは確試して)みたことは

  • Twitter APIを利用するためのAPI KEYとAPI SECRET KEYの正誤確認(DockerのRails上で該当の環境変数を出力して確認しました)
  • コールバックURLの正誤確認(http://localhost:ポート番号/auth/twitter/callbackだけでなく、http://127.0.0.1:ポート番号/auth/twitter/callbackもCallback URLとして追加しました)
  • Docker上のローカルサーバーをProductionで起動して確認(RAILS_ENVをDockerのRails上で出力してHerokuでの値と同じになっていることを確認しました)
  • Dockerコンテナ(Web)上での時刻がホスト端末とほぼ同じ時刻(JST)になっていることを確認(全く同じ時刻になっているかどうかを確認する方法が分かりませんでした)

といった内容になります。

Docker関連のファイルは以下の通りです。(ローカルサーバーはdevelopmentの状態で起動しています)

Dockerfile

FROM ruby:2.5.3
RUN apt-get update -qq && apt-get install -y build-essential nodejs
RUN mkdir /app
WORKDIR /app
COPY Gemfile /app/Gemfile
COPY Gemfile.lock /app/Gemfile.lock
RUN bundle install
COPY . /app

docker-compose.yml

version: '3'
services:
  web:
    build: .
    command: bundle exec rails s -p 3000 -b '0.0.0.0'
    volumes:
      - .:/app
    ports:
      - 3000:3000
    depends_on:
      - db
    tty: true
    stdin_open: true
    environment:
    - "TZ=Asia/Tokyo"
    - TWITTER_KEY='〜〜〜'
    - TWITTER_SECRET='〜〜〜'
  db:
    image: postgres:10.6
    volumes:
      - db-volume:/var/lib/postgres
volumes:
  db-volume:

認証にはomniauthとomniauth-twitterを利用しています。
deviseは利用していません。

Railsファイルの作成は下記記事に準拠しています。
Railsでomniauth-twitterを使ってTwitter認証をする(2018/10)

Dockerだと上手くいかない理由を探りたいのですが、何が原因か、もしくは何を調べるべきかお分かりになればお教え頂けると幸いです。

よろしくお願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.99%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる