質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.92%

Swift UIImageViewの移動できる範囲を指定する

受付中

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 994

lyzmfeqpxs54

score 204

いつもお世話になっております。
現在以下のようにUIViewのサイズを固定し、その上にUIImageを乗せることで、その範囲内で画像をピンチによって拡大、縮小、ドラッグできるようにしております。
現在のままですと移動範囲が自由なので、画面外に画像をドラッグできてしまい、その後戻せなくなってしまいます。画像の拡大後移動した際に、画像以外の部分が表示されないよう(SCrollViewに大きいサイズのものを入れた場合に動かせるような範囲)にするにはどのようにすればよいのでしょうか。

こういった仕様のカスタムビューについて紹介している記事でも構いませんのでご教示いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

    var contentsImageView:UIView!
    var pinchImageView:UIImageView!

     override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // 画像のサイズを取得
            let viewImge = UIImage(named:  questionArray[imageViewNum]+".png")
            let imageWidth  = viewImge?.size.width
            let imageHeight = viewImge?.size.height
            // コンテンツの高さを算出
            let heightQuestion = imageHeight!*widthQuestion/imageWidth!
            contentsImageView.frame = CGRect(x: scrollBuffer + scWid * 0.1,
                                             y: quesY,
                                             width: widthQuestion,
                                             height: heightQuestion)
            contentsImageView.layer.borderWidth = 1
            contentsImageView.layer.masksToBounds = true
            questionScrollView.addSubview(contentsImageView)

            // 枠と同じサイズImageViewを用意
            pinchImageView = UIImageView()
            pinchImageView.frame = CGRect(x: 0,
                                          y: 0,
                                          width: widthQuestion,
                                          height: heightQuestion)
            pinchImageView.image = viewImge
            contentsImageView.addSubview(pinchImageView)
            // imageViewにジェスチャーレコグナイザを設定する(ピンチ)
            let pinchGesture = UIPinchGestureRecognizer(target: self, action: #selector(pinchAction(sender:)))
            pinchImageView.isUserInteractionEnabled = true
            pinchImageView.addGestureRecognizer(pinchGesture)
            // imageViewにジェスチャーレコグナイザを設定する(ドラッグ)
            let panGesture = UIPanGestureRecognizer(target: self, action: #selector(panAction(gesture:)))
            panGesture.minimumNumberOfTouches = 1
            panGesture.maximumNumberOfTouches = 2
            pinchImageView.addGestureRecognizer(panGesture)
    }

    // 画像の拡大率
    var currentScale:CGFloat = 1.0
    // 画像の拡大縮小時に呼ばれる
    @objc func pinchAction(sender: UIPinchGestureRecognizer) {
        // imageViewを拡大縮小する
        // ピンチ中の拡大率は0.3〜2.5倍、指を離した時の拡大率は0.5〜2.0倍とする
        switch sender.state {
        case .began, .changed:
            // senderのscaleは、指を動かしていない状態が1.0となる
            // 現在の拡大率に、(scaleから1を引いたもの) / 10(補正率)を加算する
            currentScale = currentScale + (sender.scale - 1) / 10
            // 拡大率が基準から外れる場合は、補正する
            if currentScale < 1.0 {
                currentScale = 1.0
            } else if currentScale > 3.0 {
                currentScale = 3.0
            }
            // 計算後の拡大率で、imageViewを拡大縮小する
            pinchImageView.transform = CGAffineTransform(scaleX: currentScale, y: currentScale)
        default:
            // ピンチ中と同様だが、拡大率の範囲が異なる
            if currentScale < 1.0 {
                currentScale = 1.0
            } else if currentScale > 3.0 {
                currentScale = 3.0
            }
            
            // 拡大率が基準から外れている場合、指を離したときにアニメーションで拡大率を補正する
            // 例えば指を離す前に拡大率が0.3だった場合、0.2秒かけて拡大率が0.5に変化する
            UIView.animate(withDuration: 0.2, animations: {
                self.pinchImageView.transform = CGAffineTransform(scaleX: self.currentScale, y: self.currentScale)
            }, completion: nil)
            
        }
    }
    @objc func panAction(gesture: UIPanGestureRecognizer) {
        
        // 現在のtransfromを保存
        let transform = pinchImageView.transform
        
        // imageViewのtransformを初期値に戻す
        // これを入れないと、拡大時のドラッグの移動量が少なくなってしまう
        pinchImageView.transform = CGAffineTransform.identity
        
        // 画像をドラッグした量だけ動かす
        let point: CGPoint = gesture.translation(in: pinchImageView)
        let movedPoint = CGPoint(x: pinchImageView.center.x + point.x,
                                 y: pinchImageView.center.y + point.y)
        pinchImageView.center = movedPoint
        
        // 保存しておいたtransformに戻す
        pinchImageView.transform = transform
        let CGPointZero = CGPoint(x:0, y:0)
        // ドラッグで移動した距離をリセット
        gesture.setTranslation(CGPointZero, in: pinchImageView)
        
    }
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

0

実現したいことをちゃんと理解していないかもしれませんが
UIScrollViewではダメそうですか?
UIScrollViewにはmaximumZoomScaleという便利なものがあります

例えば世にある拡大できるスライドイメージのほとんどはUIScrollViewを使っています

例 https://qiita.com/shift_option_k/items/eea52a662ae64258fb6f

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.92%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る