質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.92%

Auth::user() に hasMany 関係のtableの値を入れたい

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 3,849

score 161

Laravel5.6 でユーザーとコミュニティが多対多の関係を持つアプリを制作しています。
認証をカスタマイズしているのですが、アプリをけっこう作り込んでから困った事になっています。

table設計

users

ユーザーはユニークIDを持つ

community_users

中間tableでユニークIDと userと community のIDを持つ

community_user_status

上記中間tableと1対1で紐付いた ユーザーのcomuunity内でのステータス情報を持つ

community

コミュニティ毎のユーザーの情報を持つ(管理権限等)

ユーザーはコミュニティ毎に異なるユーザーステータスを保持しています。
当初は以下のサイトを参考に、認証時に複数のtableを Join をした値を取得し、値を保持することには成功しました。

Laravel 5.2 Auth::user() に他テーブルのJOINしたデータを追加する。

これで以下の様な方法で値を取得し処理を書いていました。

Auth::user()->role == "Admin"


しかし、いざユーザーが二つ目のコミュニティにログインしようとする時点で詰まってしまいました。
ログイン認証が行われる際以下の処理が走ります。
app\Http\Controllers\Auth\LoginController.php

    public function authenticate(Request $request)
    {

        $credentials  = array(
            'unique_name' => $request->unique_name,
            'password' => $request->password,
        );
        // 'community_user.id' => $community_user_id,

        // 認証許可
        if (Auth::attempt($credentials)) {
           //認証済み後の処理等
        ]
    }


上記のAuth::attempt($credentials)の処理が走る際、以下に書いた処理が走り、 Auth::user()に取得した値が入る事になっています。

app\Providers\AuthUserProvider.php

namespace App\Providers;

use Illuminate\Auth\EloquentUserProvider;
use Illuminate\Support\Facades\Log;

class AuthUserProvider extends EloquentUserProvider
{
    public function retrieveById($identifier) {
        $result = $this->createModel()->newQuery()
            ->Join('community_user', 省略)
            ->Join('communities_users_statuses', 省略)
            ->Join('roles', 省略)
            ->select([
                'users.*',
                'community_user.*',
                'roles.*',
            ])
            ->where('community_user.id', $identifier);
        return $result;
    }
}


しかしこのメソッドの引数 $identifierに入るのはIDは users tableのユニークIDであり、本来取得に必要な中間table(community_user)のユニークIDにはならない為、ユーザーが複数のコミュニティに登録してしまうと。このクエリビルダだと、複数のレコードが存在した場合、どのレコードを拾うべきか判断がつかないのです。

そこで認証の際に使うModelを呼び出しの時点でリレーションが出来上がったモデル読み込む等して解決できないか?とか悩んでいます。
config\auth.php

    'providers' => [
        'users' => [
            'driver' => 'auth_ex',
            'model' => App\User::class,
        ],


上記の呼び出し対象は 最初からある User Authenticatableですが、ここと、呼び出し先のModelに上手い書き方をして、結合した状態のモデルを呼び出せればいいのですが、やり方がわかりません。app\User.phpに上手い書き方をすれば解決する様な気もするのですが…。

また、別の方法として、上記のモデルを CommunityUser 等に切り替えて、認証に使ってみましたが、 ユーザーのユニークな値を保持していない為一意の情報を取得できず認証できませんでした。

また、認証の拡張での方法も探ってみたのですが、理解が追い付かずです。
Laravel 5.dev フレームワークの拡張

上記ページの 認証 の部分を見て、これをどこに書き、中に何を入れるべきなのかが理解できませんでした。

Auth::extend('riak', function($app)
{
    // Return implementation of Illuminate\Contracts\Auth\UserProvider
});

また、UserProviderにある以下のメソッドもapp\Providers\AuthUserProvider.phpにて、retrieveById($identifier)と、併用または代用として使ってみましたが、やはりうまくいきません。
public function retrieveByCredentials(array $credentials);

こいつはapp\Providers\AuthUserProvider.phpに書けば認証時にオーバーライドされて処理が走る所までは掴み、 認証時の呼び出しModelを変えて色々試しましたがやはり駄目でした。

という事でこの辺のうまい解決方法やヒント等を頂けると大変助かります。
単純に Auth::user() に値を追加する等も方法でもあればいいのですが…。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

ユーザが参加しているコミュニティIDやロール(何のロールか不明ですが)をAuth::user()に入れておきたいということですね?

本来取得に必要な中間table(community_user)のユニークIDにはならない

まず、中間テーブルのidは関係ないのではないでしょうか。
community_usersテーブルはusersテーブルとcommunityテーブルの関係を定義しているわけですよね?
だったら、usersとcommunityのそれぞれの外部キーを持っているはずです。
たとえば下のように。

id user_id community_id
1 1 1
2 1 2
3 2 1

ということで、retrieveById()のwhereはusers.idかcommunity_users.user_idでいいでしょう。

複数のレコードが存在した場合、どのレコードを拾うべきか判断がつかないのです。

ユーザテーブルを他のテーブルとjoinして複数レコードを取得するとAuth::user()がオブジェクト配列になってしまうということですね。
元のEloquentUserProvider::retrieveById()を見ると、first()で1レコードだけ取得しています。
当然ですが、ユーザIDに対応するのは1人(1レコード)だけということでしょう。

Illuminate\Auth\EloquentUserProvider.php

class EloquentUserProvider implements UserProvider
{
    public function retrieveById($identifier)
    {
        $model = $this->createModel();

        return $model->newQuery()
            ->where($model->getAuthIdentifierName(), $identifier)
            ->first();
    }

取得するusersレコードは1つだけにし、community_usersやrolesは別に取得して$resultにくっつけるというのはどうでしょうか。

app\Providers\AuthUserProvider.php

namespace App\Providers;

use Illuminate\Auth\EloquentUserProvider;
use Illuminate\Support\Facades\Log;

class AuthUserProvider extends EloquentUserProvider
{
    public function retrieveById($identifier) {
        $result = $this->createModel()->newQuery()
            ->select([
                'users.*',
            ])
            ->where('users.id', $identifier)
            ->first();

        $result->community_users = \App\CommunityUser::where('user_id', $identifier)->get();

        //rolesは省略

        return $result;
    }
}

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/11/12 00:44

    回答ありがとうございます。
    $result に一度値を入れてから、
    $result->community_users
    と定義して、さらに値を追加できるものなんですね。まったく基礎的な事を把握していなかったので、とても良いヒントになりました。

    また、joinする際にもこれまでは一意の値にこだわって中間tableのIDを頼りに取得したいと考えていましたが、逆にご提案してくださった様な方法でユーザーが加入している複数のコミュニティの値全て取得してしまった方が、アプリの仕様や実装上もなにかと都合が良いかもしれません。
    おかげ様でここ数日悩んでいたことが突破できそうです。
    とても良いヒントをくださってありがとうございます!!
    この方法で早速試してみます。

    キャンセル

  • 2018/11/12 03:32

    その後試してみて値が無事取得できました。よくよく考えると、Model等で取得できるデータはクエリのレコードというだけじゃなく、JavaScript等でも使うオブジェクトなのは当たり前で、あとから自由に要素を追加したり外したりが出来るわけですものね。恥ずかしながらこの辺の事柄をあまり意識せずLaravelを使ってました。
    しかしこの辺を生かしてミドルウェア等にユーザーが現在閲覧中のコミュニティの値だけに絞り込む処理を書いて、他の処理がスムーズに書ける様なようなものを組み立ててみます。
    繰り返しになりますが、大変良いアドバイスをありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.92%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る