Milkcocoaを介して受け取る値がnullになってしまう

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 407

hama1185

score 13

 前提・実現したいこと

arduinoからMilkcocoaを介してsendされた値を受け取って処理する
{key : playern, value : x}
nやxには数字が入りxはint型
下記のエラーはarduinoからsendされたときにlogcatから出力されたためonSendは発生してると考えた
milkcocoaのサーバー上ではvalueが数字であることを確認したため受け取った値はnullではないはず

 発生している問題・エラーメッセージ

V/センサーデータ: player1 : null player2 :null
I/System.out: Connection to lost!MqttException (0) - java.lang.NumberFormatException: null

 該当のソースコード

//Arduino側の処理
#include <Milkcocoa.h>
#include <WiFi.h>

#define MILKCOCOA_APP_ID      "dogjkn9fo6y"
#define MILKCOCOA_SERVERPORT  1883
#define MILKCOCOA_DATASTORE   "esp32"

#define ssid      "3468959E5ED0"
#define password  "2211586074966"

#define SWITCH_NUMBER         16     //マットスイッチ総数
#define PLAYER_NUMBER         "player1"

const char MQTT_SERVER[] PROGMEM    = MILKCOCOA_APP_ID ".mlkcca.com";
const char MQTT_CLIENTID[] PROGMEM  = __TIME__ MILKCOCOA_APP_ID;

WiFiClient client;
Milkcocoa milkcocoa = Milkcocoa(&client, MQTT_SERVER, MILKCOCOA_SERVERPORT, MILKCOCOA_APP_ID, MQTT_CLIENTID);

//// データ格納用のオブジェクト
//DataElement elem = DataElement();

//MUX control pins
const int s0 = 12;
const int s1 = 14;
const int s2 = 27;
const int s3 = 26;

//MUX in "SIG" pin
const int SIGPin = 32;

//4bitで接続するチャネルを設定
const int muxChannel[16][4] = {
  {0, 0, 0, 0}, //channel  0
  {1, 0, 0, 0}, //channel  1
  {0, 1, 0, 0}, //channel  2
  {1, 1, 0, 0}, //channel  3
  {0, 0, 1, 0}, //channel  4
  {1, 0, 1, 0}, //channel  5
  {0, 1, 1, 0}, //channel  6
  {1, 1, 1, 0}, //channel  7
  {0, 0, 0, 1}, //channel  8
  {1, 0, 0, 1}, //channel  9
  {0, 1, 0, 1}, //channel 10
  {1, 1, 0, 1}, //channel 11
  {0, 0, 1, 1}, //channel 12
  {1, 0, 1, 1}, //channel 13
  {0, 1, 1, 1}, //channel 14
  {1, 1, 1, 1}  //channel 15
};

void setup() {
  Serial.begin(115200);
  delay(10);

  // We start by connecting to a WiFi network

  Serial.println();
  Serial.println();
  Serial.print("Connecting to ");
  Serial.println(ssid);

  WiFi.begin(ssid, password);

  while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
    delay(500);
    Serial.print(".");
  }

  Serial.println("");
  Serial.println("WiFi connected");
  Serial.println("IP address: ");
  Serial.println(WiFi.localIP());

  pinMode(s0, OUTPUT);
  pinMode(s1, OUTPUT);
  pinMode(s2, OUTPUT);
  pinMode(s3, OUTPUT);

  pinMode(SIGPin, INPUT);

  digitalWrite(s0, LOW);
  digitalWrite(s1, LOW);
  digitalWrite(s2, LOW);
  digitalWrite(s3, LOW);

//  milkcocoa->on(MILKCOCOA_DATASTORE, "send", onsend);
}

void loop() {
  // データ格納用のオブジェクト
  DataElement elem = DataElement();

  // 以下をloopの中で必ず実行します
  milkcocoa.loop();

  for (int i = 0; i < SWITCH_NUMBER; i++) {
    static int lastValue = 100;
    if ((readMux(i) < 4000) && (i != lastValue)) {
      lastValue = i;
      // データストア名を指定して、データをpushもしくはsendします
      elem.setValue(PLAYER_NUMBER, i);
      Serial.println(i);
      milkcocoa.send(MILKCOCOA_DATASTORE, &elem);
      delay(1000);
    }
  }
}

//指定されたチャネルのrockの接続状況を読み取る
int readMux(int channel) {
  int controlPin[] = {s0, s1, s2, s3};
  //loop through the 4 sig
  for (int i = 0; i < 4; i++) {
    digitalWrite(controlPin[i], muxChannel[channel][i]);
  }
  //read the value at the SIG pin
  int val = analogRead(SIGPin);
  return val;
}

//void onsend(DataElement *elem) {
//  Serial.println(elem.getInt(PLAYER_NUMBER));
//}
        milkcocoa = MilkCocoa(app_id)
        dataStore = milkcocoa?.dataStore(key)
        dataStore?.addDataStoreEventListener(this)
        dataStore?.on("send")

     override fun onSended(p0: DataElement?) {

        var p1_current  = p0?.getValue("player1")
        var p2_current  = p0?.getValue("player2")

        var test : String = "センサーデータ"

        Log.v(test, "player1 : "+ p1_current +"player2 :" + p2_current)

        var p1_num = Integer.parseInt(p1_current)
        var p2_num = Integer.parseInt(p2_current)

        var decidePattern : DecidePattern? = DecidePattern()

        var pattern : Int? = decidePattern?.returnpattern(p1_num, p2_num)


        decision = pattern

        if(timer != null){
            timer?.cancel()
        }
        if(pattern == 0){
            decideVib = DecideVib(this , handler, pattern, flag[0])

            for(i in 0..9){
                flag[i] = 0
            }
            i = 0
            flag[i] = 1

            timer = Timer(true)
            timer?.schedule(decideVib, time_pattern[i])
        }
        if(pattern == 1){
            decideVib = DecideVib(this , handler, pattern, flag[1])
            for(i in 0..9){
                flag[i] = 0
            }
            i = 1
            flag[i] = 1

            timer = Timer(true)
            timer?.schedule(decideVib, time_pattern[i])
        }
        if(pattern == 2){
            decideVib = DecideVib(this , handler, pattern, flag[2])
            for(i in 0..9){
                flag[i] = 0
            }
            i = 2
            flag[i] = 1

            timer = Timer(true)
            timer?.schedule(decideVib, time_pattern[i])
        }
        if(pattern == 4){
            decideVib = DecideVib(this , handler, pattern, flag[3])
            for(i in 0..9){
                flag[i] = 0
            }
            i = 3
            flag[i] = 1

            timer = Timer(true)
            timer?.schedule(decideVib, time_pattern[i])
        }
        if(pattern == 5){
            decideVib = DecideVib(this , handler, pattern, flag[4])
            for(i in 0..9){
                flag[i] = 0
            }
            i = 4
            flag[i] = 1

            timer = Timer(true)
            timer?.schedule(decideVib, time_pattern[i])
        }
        if(pattern == 8){
            decideVib = DecideVib(this , handler, pattern, flag[5])
            for(i in 0..9){
                flag[i] = 0
            }
            i = 5
            flag[i] = 1

            timer = Timer(true)
            timer?.schedule(decideVib, time_pattern[i])
        }
        if(pattern == 9){
            decideVib = DecideVib(this , handler, pattern, flag[6])
            for(i in 0..9){
                flag[i] = 0
            }
            i = 6
            flag[i] = 1

            timer = Timer(true)
            timer?.schedule(decideVib, time_pattern[i])
        }
        if(pattern == 10){
            decideVib = DecideVib(this , handler, pattern, flag[7])
            for(i in 0..9){
                flag[i] = 0
            }
            i = 7
            flag[i] = 1

            timer = Timer(true)
            timer?.schedule(decideVib, time_pattern[i])
        }
        if(pattern == 13){
            decideVib = DecideVib(this , handler, pattern, flag[8])
            for(i in 0..9){
                flag[i] = 0
            }
            i = 8
            flag[i] = 1

            timer = Timer(true)
            timer?.schedule(decideVib, time_pattern[i])
        }
        if(pattern == 18){
            decideVib = DecideVib(this , handler, pattern, flag[9])
            for(i in 0..9){
                flag[i] = 0
            }
            i = 9
            flag[i] = 1

            timer = Timer(true)
            timer?.schedule(decideVib, time_pattern[i])
        }

    }
     
    

 試したこと

Logを発生させようと思い記載したらそれぞれの値がnullになったarduino側でdelay1秒いれたがnullのままだった

 補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

AndroidStudio3.14を使用しています

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • y_waiwai

    2018/08/26 07:30

    arduino側のソースも提示してください

    キャンセル

  • hama1185

    2018/08/26 13:57

    コメントありがとうございます 提示しましたのでよろしくお願いします

    キャンセル

回答 2

check解決した方法

0

lib内に入れる.jarが古いものだった

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

milkcocoa.send(MILKCOCOA_DATASTORE, &elem);

ここの&は必要ないのではないでしょうか?

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/08/28 21:57

    &を外すと
    Arduino:1.8.5 (Windows 10), ボード:"ESP32 Dev Module, Disabled, Default, QIO, 80MHz, 4MB (32Mb), 921600, None"

    警告:ライブラリMozziのカテゴリ「Audio」は有効ではありません。「Uncategorized」に設定します。
    C:\Users\09013\Documents\Arduino\kishinDenshin\kishinDenshin.ino: In function 'void loop()':

    kishinDenshin:149: error: no matching function for call to 'Milkcocoa::send(const char [6], DataElement&)'

    milkcocoa.send(MILKCOCOA_DATASTORE, elem);

    ^

    In file included from C:\Users\09013\Documents\Arduino\kishinDenshin\kishinDenshin.ino:28:0:

    C:\Users\09013\Documents\Arduino\libraries\Milkcocoa_ESP8266_SDK-master/Milkcocoa.h:73:8: note: candidate: bool Milkcocoa::send(const char*, DataElement*)

    bool send(const char *path, DataElement *pdataelement);

    ^

    C:\Users\09013\Documents\Arduino\libraries\Milkcocoa_ESP8266_SDK-master/Milkcocoa.h:73:8: note: no known conversion for argument 2 from 'DataElement' to 'DataElement*'

    「WiFi.h」に対して複数のライブラリが見つかりました
    使用済:C:\Users\09013\AppData\Local\Arduino15\packages\esp32\hardware\esp32\1.0.0\libraries\WiFi
    未使用:C:\Program Files (x86)\Arduino\libraries\WiFi
    exit status 1
    no matching function for call to 'Milkcocoa::send(const char [6], DataElement&)'

    「ファイル」メニューの「環境設定」から
    「より詳細な情報を表示する:コンパイル」を有効にすると
    より詳しい情報が表示されます。
    とでます Arduinoだとデータの受け取りもできるのでAndroid側の処理だと思います

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.21%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる