質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.75%

  • JavaScript

    15249questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

  • API

    1421questions

    APIはApplication Programming Interfaceの略です。APIはプログラムにリクエストされるサービスがどのように動作するかを、デベロッパーが定めたものです。

  • Google Cloud Platform

    114questions

Dialogflow のチュートリアルのFulfillmentの部分がうまくいきません

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 501

 前提・実現したいこと

GoogleのDialogflowのチュートリアルをしているのですが、
Basic Fulfillment and Conversation Setup
のSetup Weather APIの章で詰まってしまったので質問します。

追記2018/04/29
因みにWeather APIはここから持ってきています(おそらく)
Weather API 入手先

 発生している問題・エラーメッセージ

Setup Weather APIの章のチュートリアルの最後の部分で
weather
と入力したあとに
new york
と入力すると
new yorkの天気が出るとあるのですが、
Sorry I don't know the weather
が出てきてしまいます。
SHOW JSONの部分を見ると以下のように表示されます。
(responseID など固有の値は * に置き換えています)

{
  "responseId": "*",
  "queryResult": {
    "queryText": "new york",
    "parameters": {
      "date": "",
      "geo-city": "New York"
    },
    "allRequiredParamsPresent": true,
    "fulfillmentText": "Sorry I don't know the weather",
    "fulfillmentMessages": [
      {
        "text": {
          "text": [
            "Sorry I don't know the weather"
          ]
        }
      }
    ],
    "outputContexts": [
      {
        "name": "*",
        "lifespanCount": 5,
        "parameters": {
          "geo-city": "New York",
          "date.original": "",
          "date": "",
          "geo-city.original": "new york"
        }
      }
    ],
    "intent": {
      "name": "*",
      "displayName": "weather"
    },
    "intentDetectionConfidence": 1,
    "diagnosticInfo": {
      "webhook_latency_ms": 392
    },
    "languageCode": "en"
  },
  "webhookStatus": {
    "code": 13,
    "message": "Webhook call failed. Error: 500 Internal Server Error"
  }
}


Webhook call failed. Error: 500 Internal Server Errorがエラーメッセージぽいのですが、調べてもよくわかりませんでした。

 該当のソースコード

ソースコードはチュートリアルにある通りのものをそのまま使用しています。

// Copyright 2017, Google, Inc.
// Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the 'License');
// you may not use this file except in compliance with the License.
// You may obtain a copy of the License at
//
//    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
//
// Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
// distributed under the License is distributed on an 'AS IS' BASIS,
// WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
// See the License for the specific language governing permissions and
// limitations under the License.

'use strict';
const http = require('http');
const host = 'api.worldweatheronline.com';
const wwoApiKey = '*';
exports.weatherWebhook = (req, res) => {
  // Get the city and date from the request
  let city = req.body.result.parameters['geo-city']; // city is a required param
  // Get the date for the weather forecast (if present)
  let date = '';
  if (req.body.result.parameters['date']) {
    date = req.body.result.parameters['date'];
    console.log('Date: ' + date);
  }
  // Call the weather API
  callWeatherApi(city, date).then((output) => {
    // Return the results of the weather API to Dialogflow
    res.setHeader('Content-Type', 'application/json');
    res.send(JSON.stringify({ 'speech': output, 'displayText': output }));
  }).catch((error) => {
    // If there is an error let the user know
    res.setHeader('Content-Type', 'application/json');
    res.send(JSON.stringify({ 'speech': error, 'displayText': error }));
  });
};
function callWeatherApi (city, date) {
  return new Promise((resolve, reject) => {
    // Create the path for the HTTP request to get the weather
    let path = '/premium/v1/weather.ashx?format=json&num_of_days=1' +
      '&q=' + encodeURIComponent(city) + '&key=' + wwoApiKey + '&date=' + date;
    console.log('API Request: ' + host + path);
    // Make the HTTP request to get the weather
    http.get({host: host, path: path}, (res) => {
      let body = ''; // var to store the response chunks
      res.on('data', (d) => { body += d; }); // store each response chunk
      res.on('end', () => {
        // After all the data has been received parse the JSON for desired data
        let response = JSON.parse(body);
        let forecast = response['data']['weather'][0];
        let location = response['data']['request'][0];
        let conditions = response['data']['current_condition'][0];
        let currentConditions = conditions['weatherDesc'][0]['value'];
        // Create response
        let output = `Current conditions in the ${location['type']} 
        ${location['query']} are ${currentConditions} with a projected high of
        ${forecast['maxtempC']}°C or ${forecast['maxtempF']}°F and a low of 
        ${forecast['mintempC']}°C or ${forecast['mintempF']}°F on 
        ${forecast['date']}.`;
        // Resolve the promise with the output text
        console.log(output);
        resolve(output);
      });
      res.on('error', (error) => {
        reject(error);
      });
    });
  });
}

 試したこと

ここに問題に対して試したことを記載してください。
1つめ
res.send(JSON.stringify({ 'speech': error, 'displayText': error }));
の部分を
res.send(JSON.stringify({'fulfillmentText': response,}));
に変更

// Copyright 2017, Google, Inc.
// Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the 'License');
// you may not use this file except in compliance with the License.
// You may obtain a copy of the License at
//
//    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
//
// Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
// distributed under the License is distributed on an 'AS IS' BASIS,
// WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
// See the License for the specific language governing permissions and
// limitations under the License.

'use strict';
const http = require('http');
const host = 'api.worldweatheronline.com';
const wwoApiKey = '*';
exports.weatherWebhook = (req, res) => {
  // Get the city and date from the request
  let city = req.body.result.parameters['geo-city']; // city is a required param
  // Get the date for the weather forecast (if present)
  let date = '';
  if (req.body.result.parameters['date']) {
    date = req.body.result.parameters['date'];
    console.log('Date: ' + date);
  }
  // Call the weather API
  callWeatherApi(city, date).then((output) => {
    // Return the results of the weather API to Dialogflow
    res.setHeader('Content-Type', 'application/json');
    res.send(JSON.stringify({
      "fulfillmentText": response,
      }
    ));
  }).catch((error) => {
    // If there is an error let the user know
    res.setHeader('Content-Type', 'application/json');
    res.send(JSON.stringify({
      "fulfillmentText": response,
      }
    ));
  });
};
function callWeatherApi (city, date) {
  return new Promise((resolve, reject) => {
    // Create the path for the HTTP request to get the weather
    let path = '/premium/v1/weather.ashx?format=json&num_of_days=1' +
      '&q=' + encodeURIComponent(city) + '&key=' + wwoApiKey + '&date=' + date;
    console.log('API Request: ' + host + path);
    // Make the HTTP request to get the weather
    http.get({host: host, path: path}, (res) => {
      let body = ''; // var to store the response chunks
      res.on('data', (d) => { body += d; }); // store each response chunk
      res.on('end', () => {
        // After all the data has been received parse the JSON for desired data
        let response = JSON.parse(body);
        let forecast = response['data']['weather'][0];
        let location = response['data']['request'][0];
        let conditions = response['data']['current_condition'][0];
        let currentConditions = conditions['weatherDesc'][0]['value'];
        // Create response
        let output = `Current conditions in the ${location['type']} 
        ${location['query']} are ${currentConditions} with a projected high of
        ${forecast['maxtempC']}°C or ${forecast['maxtempF']}°F and a low of 
        ${forecast['mintempC']}°C or ${forecast['mintempF']}°F on 
        ${forecast['date']}.`;
        // Resolve the promise with the output text
        console.log(output);
        resolve(output);
      });
      res.on('error', (error) => {
        reject(error);
      });
    });
  });
}


結果→同じエラーが出る。

2つめ
GoogleCloudPlatformのバケットが
stanging.my-weather~

my-weather~
の二つあったので、
gcloud beta functions deploy weatherWebhook --stage-bucket [BUCKET_NAME] --trigger-http
の[BUCKET_NAME]をそれぞれに変更してコンパイルを行う。

結果→同じエラーが出る

以上です。
考えても検索しても糸口がつかめなかったので、
もしわかる方や、チュートリアルをこうしたらできたよという方がいましたら教えていただきたいです。

 補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

ここにより詳細な情報を記載してください。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.75%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

  • 受付中

    iPhone http 通信

    アプリを起動すると、指定したHTTPにアクセスするiPhoneのサンプルプログラムを教えてください。

  • 解決済

    JSONデータをパースできない

    前提・実現したいこと JSONデータをパースして得られたデータをTextViewに表示させたい。 発生している問題・エラーメッセージ ログにJSONの生データを出力するこ

  • 解決済

    ツイートの投稿

    大学で卒業研究としてTwitterAPIを利用したアプリケーションを開発しています。 その過程で以下のようにツイート投稿のところで行き詰まりました。 同じようなコードでタイムラ

  • 解決済

    Swift Alamofire2.0から3.0においての、コードの修正方法を知りたい

    前提・実現したいこと RSSリーダーアプリを作成しています。 こちらを参考に進めていました。 http://x1.inkenkun.com/archives/909 あ

  • 解決済

    swiftでのapiで取得した情報のクラスオブジェクトでの管理

    前提・実現したいこと swiftでのapiで取得した情報のクラスオブジェクトでの管理 発生している問題・エラーメッセージ 以下のソースコードを書いていたところ、クラスオブ

  • 解決済

    swift3でのサイトのhtml取得

    サイトのhtmlを取得しようと このサイトを目標にこのサイトを見たりしてやってみているのですがどうしてもうまくいきません。 URLSession.shared...の行でエラー

  • 解決済

    swift3.0でAPIを使いたい

    xcode8でswift3.0を勉強している初心者です。 swift3.0のバージョンアップに伴い、既存のテキストやサンプルコードが一部変更され、 もともとのコードもわからない

  • 解決済

    iOSでGoogle Custom Searchを使いたい

    前提・実現したいこと iOSアプリにて、wordImageという名前でOutlet接続したUIImageViewにGoogle Custom Searchエンジンを使用した検索結

同じタグがついた質問を見る

  • JavaScript

    15249questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

  • API

    1421questions

    APIはApplication Programming Interfaceの略です。APIはプログラムにリクエストされるサービスがどのように動作するかを、デベロッパーが定めたものです。

  • Google Cloud Platform

    114questions