質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.64%

他のViewControllerからTableViewにセルを追加したい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 779

y_ina

score 12

私は今iphoneアプリの作成の勉強をしています。「本気で始めるiPhoneアプリ作り Xcode 9.x + Swift4.x対応」という書籍にTableviewを用いたTodoリストアプリのサンプルがありました。サンプルでは右上の+ボタンを押すとAlertが現れて、そこに文字列を入力することでToDoを登録するという方式をとっていました。これをアラートではなく、次の画面に遷移して、次の画面のtextFieldに文字を入力して登録ボタンを押すことによってTodoを登録できるようにしたかったのですが、Fatal errorが出てアプリが落ちてしまいました。どうしたらいいですか?
イメージ説明

import UIKit

class NextViewController: UIViewController {

    @IBOutlet weak var textBox: UITextField!
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        // Do any additional setup after loading the view.
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }

    @IBAction func tapButton(_ sender: Any) {
        let myTodo = MyTodo()
        myTodo.todoTitle = textBox.text!
        let firstVC = self.storyboard?.instantiateViewController(withIdentifier: "firstView") as! ViewController
        firstVC.todoList.insert(myTodo, at: 0)
        // テーブルに行が追加されたことをテーブルに通知
        firstVC.tableView.insertRows(at: [IndexPath(row: 0, section: 0)], with: UITableViewRowAnimation.right)

    }
}
import UIKit

class ViewController: UIViewController, UITableViewDataSource, UITableViewDelegate {

    // ToDoを格納した配列
    var todoList = [MyTodo]()

    @IBOutlet weak var tableView: UITableView!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
        // 保存しているToDoの読み込み処理
        let userDefaults = UserDefaults.standard
        if let storedTodoList = userDefaults.object(forKey: "todoList") as? Data {
            if let unarchiveTodlList = NSKeyedUnarchiver.unarchiveObject(with: storedTodoList) as? [MyTodo] {
                todoList.append(contentsOf: unarchiveTodlList)
            }
        }
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }

    // もともとの+ボタンを押した際の処理
//    @IBAction func tapAddButton(_ sender: Any) {
//        // アラートダイアログを生成
//        let alertController = UIAlertController(title: "TODO追加", message: "TODOを入力してください", preferredStyle: UIAlertControllerStyle.alert)
//        // テキストエリアを追加
//        alertController.addTextField(configurationHandler: nil)
//
//        // OKボタンがタップされた時の処理
//        let okAction = UIAlertAction(title: "OK", style: UIAlertActionStyle.default) { (action: UIAlertAction) in
//            // OKボタンがタップされた時の処理
//            if let textField = alertController.textFields?.first {
//                // ToDoの配列に入力値を挿入。先頭に挿入する
//                let myTodo = MyTodo()
//                myTodo.todoTitle = textField.text!
//                self.todoList.insert(myTodo, at: 0)
//
//                // テーブルに行が追加されたことをテーブルに通知
//                self.tableView.insertRows(at: [IndexPath(row: 0, section: 0)], with: UITableViewRowAnimation.right)
//
//                // ToDoの保存処理
//                let userDefaults = UserDefaults.standard
//                // Data型にシリアライズする
//                let data = NSKeyedArchiver.archivedData(withRootObject: self.todoList)
//                userDefaults.set(data, forKey: "todoList")
//                userDefaults.synchronize()
//            }
//        }
//
//        // OKボタンを追加
//        alertController.addAction(okAction)
//
//        // CANCELボタンがタップされた時の処理
//        let cancelButton = UIAlertAction(title: "CANCEL", style: UIAlertActionStyle.cancel, handler: nil)
//        // CANCELボタンを追加
//        alertController.addAction(cancelButton)
//
//        // アラートダイアログを表示
//        present(alertController, animated: true, completion: nil)
//    }

    // テーブルの行数を返却する
    func tableView(_ tableView: UITableView, numberOfRowsInSection section: Int) -> Int {
        // ToDoの配列の長さを返却する
        return todoList.count
    }

    // テーブルの行ごとのセルを返却する
    func tableView(_ tableView: UITableView, cellForRowAt indexPath: IndexPath) -> UITableViewCell {
        // Storyboardで指定したtodoCell識別子を利用して再利用可能なセルを取得する
        let cell = tableView.dequeueReusableCell(withIdentifier: "todoCell", for: indexPath)

        // 行番号に合ったToDoの情報を取得
        let myTodo = todoList[indexPath.row]
        // セルのラベルにToDoのタイトルをセット
        cell.textLabel?.text = myTodo.todoTitle
        // セルのチェックマーク状態をセット
        if myTodo.todoDone {
            // チェックあり
            cell.accessoryType = UITableViewCellAccessoryType.checkmark
        } else {
            // チェックなし
            cell.accessoryType = UITableViewCellAccessoryType.none
        }
        return cell
    }

    // セルをタップした時の処理
    func tableView(_ tableView: UITableView, didSelectRowAt indexPath: IndexPath) {
        let myTodo = todoList[indexPath.row]
        if myTodo.todoDone {
            // 完了済みの場合は未完了に変更
            myTodo.todoDone = false
        } else {
            // 未完の場合は完了済みに変更
            myTodo.todoDone = true
        }

        // セルの状態を変更
        tableView.reloadRows(at: [indexPath], with: UITableViewRowAnimation.fade)
        // データ保存。Data型にシリアライズする
        let data: Data = NSKeyedArchiver.archivedData(withRootObject: todoList)
        // UserDefautlsに保存
        let userDefaults = UserDefaults.standard
        userDefaults.set(data, forKey: "todoList")
        userDefaults.synchronize()
    }

    // セルが編集可能であるかどうかを返却する
    func tableView(_ tableView: UITableView, canEditRowAt indexPath: IndexPath) -> Bool {
        return true
    }

    // セルを削除した時の処理
    func tableView(_ tableView: UITableView, commit editingStyle: UITableViewCellEditingStyle, forRowAt indexPath: IndexPath) {
        // 削除処理かどうか
        if editingStyle == UITableViewCellEditingStyle.delete {
            // ToDoリストから削除
            todoList.remove(at: indexPath.row)
            // セルを削除
            tableView.deleteRows(at: [indexPath], with: UITableViewRowAnimation.fade)
            // データ保存。Data型にシリアライズする
            let data: Data = NSKeyedArchiver.archivedData(withRootObject: todoList)
            // UserDefautlsに保存
            let userDefaults = UserDefaults.standard
            userDefaults.set(data, forKey: "todoList")
            userDefaults.synchronize()
        }
    }
}

// 独自クラスをシリアライズする際には、NSObjectを継承し
// NSCodingプロトコルに準拠する必要がある
class MyTodo: NSObject, NSCoding {
    // ToDoのタイトル
    var todoTitle: String?
    // ToDoを完了したかどうかを表すフラグ
    var todoDone: Bool = false
    // コンストラクタ
    override init() {

    }

    // NSCodingプロトコルに宣言されているデシリアライズ処理。デコード処理とも呼ばれる
    required init?(coder aDecoder: NSCoder) {
        todoTitle = aDecoder.decodeObject(forKey: "todoTitle") as? String
        todoDone = aDecoder.decodeBool(forKey: "todoDone")
    }

    // NSCodingプロトコルに宣言されているシリアライズ処理。エンコード処理とも呼ばれる
    func encode(with aCoder: NSCoder) {
        aCoder.encode(todoTitle, forKey: "todoTitle")
        aCoder.encode(todoDone, forKey: "todoDone")
    }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

View間で他のViewのテーブルを操作するのではなく、
登録画面で、UserDefaultに追加を終えてしまい、
View移動させる、
移動が完了したら、一覧ビューを更新、
という流れの方がすぐ動かせると思いますし、簡単だと思います。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2018/03/16 15:21

    回答ありがとうございます
    とりあえず以下のようにNextViewControllerのtapButtonメソッドを書き換えてみました。
    tableViewの更新やViewの遷移についてはまだ実装していませんが、これでアプリを実行して文字を入力してボタンを押してアプリを閉じてもう一回開きなおすととりあえず文字が入ってることが確認できました。しかし、二つ目や三つ目のTodoを登録しようとしてみても、アプリを開き直した際に、最後に登録した一個しか登録されていない状態なのですがどうしたら良いでしょうか?

    @IBAction func tapButton(_ sender: Any) {
    let myTodo = MyTodo()
    myTodo.todoTitle = textBox.text!
    let firstVC = self.storyboard?.instantiateViewController(withIdentifier: "firstView") as! ViewController
    firstVC.todoList.insert(myTodo, at: 0)
    let userDefaults = UserDefaults.standard
    let data = NSKeyedArchiver.archivedData(withRootObject: firstVC.todoList)
    userDefaults.set(data, forKey: "todoList")
    userDefaults.synchronize()
    }

    キャンセル

  • 2018/03/16 16:01 編集

    そりゃそうですよ。
    UserDefaultsで使用しているデータは一個なんですから。

    そのまま、UserDefaultsを使って作るなら、
    ToDoのデータ自体は、配列として扱い、
    配列に、新たなデータを追加、
    UserDefaultsに登録するときは、
    配列を文字列に変換し、登録。
    取り出すときは、
    UserDefaultsから文字列として取り出し、
    配列に変換、操作・・・。
    って感じですかね。

    おそらくよくわからないと思うので、、、
    もっとToDoアプリっぽくしっかりやりたい、とお思いなら、
    CoreDataなどの、アプリ内データベースで、
    データの取り扱いするとやりやすいと思いますよ。

    キャンセル

  • 2018/03/16 17:03

    丁寧にありがとうございます!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.64%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る