質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

解決済

【Python】APIのID連携のエラー対応

46bi_ru
notanota

総合スコア10

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

1回答

0評価

0クリップ

150閲覧

投稿2022/05/22 07:47

解決したいこと:Yahoo!のAPIについて

初心者です。
pythonを利用して、ヤフーのID連携を行おうとしています。
ログイン画面までは到達したのですが、認可コードを取得するところで止まっています。

■やりたいこと
「Yahoo! ID連携に対応したAPIを利用したいため、認可コードを取得したい。」
流れとしては下記。
①クライアントIDとシークレットでauthorizationアクセス
②ログインして認可コードをもらう
③認可コードを使って、アクセストークンをもらう

発生している問題・エラー

認可コード s://auth.login.yahoo.co.jp/yconnect/v2/consent?session=lHGzBsWt&display=page&.scrumb=urAJ186NOzk&bcrumb=dD1oOWRpaUImc2s9TnluOFVXWmpIUVgzNWZVYTBRRG5DemZVeWtjLQ%3D%3D status:error 400

本来、「認可コード XXXXX」のように認可コードが取得できるのですが
エラーが発生しています。
原因を調べていたのですが、わからずご教示いただたいです。
Pythonに関しての知識はほとんどなく、調べながら行っています。
初歩的なことが原因かもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

ソースコード

Python

import time import codecs import os import re import pandas as pd import requests, base64 import xml.etree.ElementTree as ET from selenium import webdriver from webdriver_manager.chrome import ChromeDriverManager # Yahoo API 向け設定 seller_id = "ストアのID" yid = "ヤフーのID" ypass = "ヤフーのパスワード" client_id = "発行したアプリケーションID" client_secret = "発行したシークレットID" redirect_uri = "https://shoppingXXXXXXXXXX" # YahooのAPIアクセストークンを取得する関数 def Yahoo_get_token(): url = "https://auth.login.yahoo.co.jp/yconnect/v2/authorization" params = { "response_type": "code", "client_id": client_id, "redirect_uri": redirect_uri, "scope": "openid address profile email", "bail": 1 } res = requests.get(url, params=params) time.sleep(1) options = webdriver.ChromeOptions() # options.add_argument('--headless') driver = webdriver.Chrome(ChromeDriverManager( log_level=0, print_first_line=False).install(), options=options) driver.get(res.url) time.sleep(1) # ログイン処理 driver.find_element_by_name("login").send_keys(yid) driver.find_element_by_name("btnNext").click() time.sleep(1) driver.find_element_by_name("passwd").send_keys(ypass) driver.find_element_by_name("btnSubmit").click() time.sleep(1) # 認可コード start = driver.current_url.find("code=") + 5 Length = len(driver.current_url) code = driver.current_url[start:Length] print("認可コード", code) # selenium終了 driver.close() driver.quit() # アクセストークン url = "https://auth.login.yahoo.co.jp/yconnect/v2/token" data = { "grant_type": "authorization_code", "redirect_uri": redirect_uri, "code": code, } base64_id_secret = client_id + ':' + client_secret base64_id_secret_byte = base64.b64encode(base64_id_secret.encode('utf-8')) auth_header = 'Basic ' + base64_id_secret_byte.decode('ascii') headers = { 'HTTP-Version': 'HTTP/1.1', 'Content-Type': 'application/x-www-form-urlencoded; charset=utf-8', 'Authorization': auth_header } res = requests.post(url, data=data, headers=headers) if res.status_code == 200: res_json = res.json() access_token = res_json["access_token"] refresh_token = res_json["refresh_token"] return res.status_code, [access_token, refresh_token] else: return res.status_code, [] # 指定された商品の商品情報を返します。 # https://developer.yahoo.co.jp/webapi/shopping/getItem.html def API_item_get(token, item_code): endpoint = "https://circus.shopping.yahooapis.jp/ShoppingWebService/V1/getItem" params = { 'seller_id': seller_id, 'item_code': item_code } headers = { 'HTTP-Version': 'HTTP/1.1', 'Content-Type': 'application/x-www-form-urlencoded; charset=utf-8', 'Authorization': 'Bearer ' + token, } res = requests.get(endpoint, params=params, headers=headers) xml = res.text return xml def API_item_category(token): endpoint = "https://circus.shopping.yahooapis.jp/ShoppingWebService/V1/stCategoryList" params = { 'seller_id' : seller_id, # "page_key": page_key } headers = { 'HTTP-Version': 'HTTP/1.1', 'Content-Type': 'application/x-www-form-urlencoded; charset=utf-8', 'Authorization': 'Bearer ' + token, } res = requests.get(endpoint, params=params, headers=headers) xml = res.text return xml def save_csv(df, dir_path, filename): os.makedirs(dir_path, exist_ok=True) with codecs.open(os.path.join(dir_path, filename), 'w', 'shift_jisx0213', 'ignore') as f: df.to_csv(f, index=False) def xml2df(xml_data): root = ET.XML(xml_data) # element tree all_records = [] for i, child in enumerate(root): record = {} for subchild in child: record[subchild.tag] = subchild.text all_records.append(record) df = pd.DataFrame(all_records) return df def test(): # Yahoo APIアクセストークン取得 status, token = Yahoo_get_token() # 正常に取得できた場合以下実行 if status == 200: xml = API_item_category(token[0]) df = xml2df(xml) save_csv(df, "./", "output.csv") else: print("status:error", status) test()

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

melian

2022/05/22 08:20

params = { "response_type": "code", "client_id": client_id, "redirect_uri": redirect_uri, "scope": "openid address profile email", "bail": 1 } res = requests.get(url, params=params) の直後に、 print(res.headers['Location']) を入れて実行すると何が表示されますか?
46bi_ru

2022/05/22 09:03

ご回答いただきありがとうございます! 下記が表示されました。 Traceback (most recent call last): File "XX.py", line 189, in <module> test() File "XX.py", line 176, in test status, token = Yahoo_get_token() File "XX.py", line 46, in Yahoo_get_token print(res.headers['Location']) File "C:\ファイルのパス.....\structures.py", line 54, in __getitem__ return self._store[key.lower()][1] KeyError: 'location'

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。