質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

解決済

pythonでのデータ加工について(文字列からカテゴリーを抽出し、カテゴリーごとにまとめる方法について)

Misa
Misa

総合スコア3

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

2回答

0評価

0クリップ

198閲覧

投稿2022/03/09 07:36

neighbor

index01234
0A中学校(中学校)まで445mAストア(スーパー)まで500mA病院(病院)まで350mAパーク(公園)まで600mA小学校(小学校)まで800m
1B-1ストア(スーパー)まで600mB-2ストア(スーパー)まで800mB病院(病院)まで400mB中学校(中学校)まで655mBパーク(公園)まで300m
2C-1ストア(スーパー)まで300mC警察署(警察署)まで600mC-2ストア(スーパー)まで900mC病院(病院)まで600mC中学校(中学校)まで445m

のようなデータがあります。
これを

category_data

indexスーパー公園小学校中学校警察署病院
0500600800445NaN350
0600300NaN655NaN400
0300NaNNaN445600600

のようなカテゴリーに分けて距離(m)を整理したいです。カテゴリーがダブっている場合は最小値を採用します。
大きな流れとして、各カテゴリーごとに最小値をもとめcategory_dataに代入していきたいと思い、まずスーパーの値を求めるために各列がスーパーに該当するか?もし該当する場合は距離を返すように以下のコードを実行しました

for i in range(5): neighbor[i + 6] = neighbor[i].str.split(pat='まで',expand=True)[1].where(neighbor[i].str.contains('スーパー') == True)

ここから最小値を出すところで止まってしまいました。

neighbor['Super'] = neighbor.iloc[:,6:11].min(axis=1)

を実行すると、すべてNaNになってしまいます。

他にいい方法がないかご教授していただきたいです。よろしくお願いいたします。

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。