質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.02%
公開鍵認証

公開鍵認証とは、公開鍵と秘密鍵の2つの鍵の組を利用する、SSHで利用される認証方式です。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

暗号化

ネットワークを通じてデジタルデータをやり取りする際に、第三者に解読されることのないよう、アルゴリズムを用いてデータを変換すること。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

Q&A

受付中

PCとRaspberry Pi間のECDHを実装する際に共通鍵を作成できません。

kmjy
kmjy

総合スコア1

公開鍵認証

公開鍵認証とは、公開鍵と秘密鍵の2つの鍵の組を利用する、SSHで利用される認証方式です。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

暗号化

ネットワークを通じてデジタルデータをやり取りする際に、第三者に解読されることのないよう、アルゴリズムを用いてデータを変換すること。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

0回答

0グッド

0クリップ

128閲覧

投稿2023/01/25 18:38

編集2023/01/25 18:54

前提

A(PC)さんとB(Raspberry Pi)さんでECDHを実装する際に共通鍵を作成でエラーが起こりました。

PC側
from Crypto. PublicKey import ECC

Aさんの秘密鍵、公開鍵生成
private_key_A = ECC.generate(curve='P-256')

with open("priA.pem", "w") as f:
f.write(private_key_A.export_key(format='PEM'))

public_key_A = private_key_A.public_key()
with open("pubA.pem", "w") as f:
f.write(public_key_A.export_key(format='PEM'))

Raspberry Pi側
from Crypto. PublicKey import ECC

Bさんの秘密鍵、公開鍵生成
private_key_B = ECC.generate(curve='P-256')

with open("priB.pem", "w") as f:
f.write(private_key_B.export_key(format='PEM'))

public_key_B = private_key_B.public_key()
with open("pubA.pem", "w") as f:
f.write(public_key_A.export_key(format='PEM'))

お互いで作成した公開鍵をpemファイルで書き込み、交換した所まで進みました。つまりPC上には秘密鍵priA.pemとRaspberry piから送られてきた公開鍵pubB.pemがあり、この2つの鍵を使って共通鍵を生成したいと考えています。
そこでmake_shared_key(private_key,public_key)という関数を作りましたが、shared_key(共通鍵)を生成するためのshared_key = private_key.exchange(public_key)部分でexchangeがエラーを起こします。

そもそもECC.generate(curve='P-256')を使って生成した公開鍵と秘密鍵ではECDHを作成することは不可能なのでしょうか?
また実装できる場合には、どのように修正すればよろしいでしょうか。
よろしくお願いいたします。

実現したいこと

ここに実現したいことを箇条書きで書いてください。

  • ▲▲機能を動作するようにする

発生している問題・エラーメッセージ

エラーメッセージ AttributeError: 'EccKey' object has no attribute 'exchange' ### 該当のソースコード python3 ソースコード from re import A from cryptography.hazmat.primitives import hashes from cryptography.hazmat.primitives.kdf.hkdf import HKDF from Crypto. PublicKey import ECC with open('priA.pem','rb') as f: private_pem = f.read() private_key_A = ECC.import_key(private_pem) with open('pubB.pem','rb') as f: public_pem = f.read() public_key_B = ECC.import_key(public_pem) def main(): derived_key = make_shared_key(private_key_A,public_key_B) print("生成した共通鍵 : {}".format(derived_key.hex())) def make_shared_key(private_key,public_key): shared_key = private_key.exchange(public_key) # Perform key derivation. derived_key = HKDF( algorithm=hashes.SHA256(), length=32, salt=None, info=b'handshake data', ).derive(shared_key) return derived_key ### 試したこと ### 補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

以下のような質問にはグッドを送りましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

グッドが多くついた質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

2023/01/26 00:18

こちらの質問が他のユーザーから「やってほしいことだけを記載した丸投げの質問」という指摘を受けました。

can110

2023/01/26 00:44

詳しくないですが、そもそもexchangeという関数がないのはないでしょうか。 https://pycryptodome.readthedocs.io/en/latest/src/public_key/ecc.html#Crypto.PublicKey.ECC.EccKey そのうえで、提示コードが他の何か(RSAなど?)を参考にしたものであれば、参考元も提示すると回答得られやすくなるかと思います。 あとドキュメントパッと見て、現在は実装されていないようにも思います。 https://pycryptodome.readthedocs.io/en/latest/src/future.html Add algorithms: Elliptic Curves (ECIES, ECDH)

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.02%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

公開鍵認証

公開鍵認証とは、公開鍵と秘密鍵の2つの鍵の組を利用する、SSHで利用される認証方式です。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

暗号化

ネットワークを通じてデジタルデータをやり取りする際に、第三者に解読されることのないよう、アルゴリズムを用いてデータを変換すること。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。