回答編集履歴

2 追記

coba-coba

coba-coba score 1387

2016/07/24 13:12  投稿

私も人にアドバイスできる実力がないのですが、過去の自分に教えてあげたい情報を書いていきます。
「効率よく学び、実践で使用」するには、自分で何かを作ることが一番いいと思います。
作るといっても最初は何を作るかまで自分で考えなくていいです。
参考書を理解しながら、同じものを作っていけばいいと思います。
学習する順序
---
順序としては次の通りです。
0. PHPの入門
0. PHPとMySQL(MariaDB)を使うウェブアプリケーションの作成
0. フレームワーク入門(MVC)
0. 実際にフレームワークを使ってウェブアプリケーションの作成
0. 全体的に理解を深める
おすすめの参考書など
---
上記の順序に対応しておすすめする参考書・マニュアルは次の通りです。
0. いきなりはじめるPHP ワクワク・ドキドキの入門教室
0. 気づけばプロ並みPHP ショッピングカート作りにチャレンジ!
0. PHPサーバーサイドプログラミングパーフェクトマスター
0. 各フレームワークのマニュアル
0. パーフェクトPHP
上記順序・参考書への所見
---
順序1が個人的には最もつまらないと思います。あくまで入門なので。
順序2になると、ショッピングカートのシステム(Amazonのようなもの)を作るので楽しく感じられます。
会員登録・ログイン・ショッピングカート機能を作るのでかなり実践的な内容です。
MySQLとのやり取りやセッションについても学べます。
また、セキュリティについての意識も徐々に高めていきます。
順序3ではPHPの基礎からフレームワーク作成まで扱っているので、復習から応用まで学べます。
実際のフレームワークを使うまでの橋渡しの内容です。
前半は飛ばしてもかまいませんが、クラスを扱うところ辺りからはしっかりと読み進めるべきです。
順序4では実際にCakePHPやFuelPHPといったフレームワークを使います。
まずはチュートリアルを通してウェブアプリケーションを作ってみましょう。
コピペから始まり、部分的に変更して挙動を確かめていきます。
チュートリアルが終わったら自分で簡単なサイトを作ってみましょう。
順序5では更に理解を深めます。
中級者以上を対象としていて、PHPの理解を深めるのに役立ちます。
逆に言うと初学者が読んでもちんぷんかんぷんです。
パーフェクトPHPは2010年発売の本なので少し古いですが、順序5までやってきた方なら古い情報とそうでない情報の見極めをしつつ、役に立つ情報を学べると思います。
意識すべきこと
---
- コードを書く際は焦らず少しずつ積み上げていきましょう。すべてのコードを一度に実行するのではなく、少しずつ動く部分を増やしていきます。
- エラーを恐れず、エラーメッセージをしっかりと読んで対処しましょう。答えはエラーメッセージにあります。
- 常にマニュアルを参考にしましょう。大体必要なことはマニュアルに書いてあります。
- 常にマニュアルを参考にしましょう。大体必要なことはマニュアルに書いてあります。
追記
---
データベースに関しては、
「達人に学ぶDB設計徹底指南書」
という本がかなり参考になります。
上記順序4のあたりで読むのがベストかと思います。
1 修正

coba-coba

coba-coba score 1387

2016/07/24 13:07  投稿

私も人にアドバイスできる実力がないのですが、過去の自分に教えてあげたい情報を書いていきます。
「効率よく学び、実践で使用」するには、自分で何かを作ることが一番いいと思います。
作るといっても最初は何を作るかまで自分で考えなくていいです。
参考書を理解しながら、同じものを作っていけばいいと思います。
学習する順序
---
順序としては次の通りです。
0. PHPの入門
0. PHPとMySQL(MariaDB)を使うウェブアプリケーションの作成
0. フレームワーク入門(MVC)
0. 実際にフレームワークを使ってウェブアプリケーションの作成
0. 全体的に理解を深める
おすすめの参考書など
---
上記の順序に対応しておすすめする参考書・マニュアルは次の通りです。
0. いきなりはじめるPHP ワクワク・ドキドキの入門教室
0. 気づけばプロ並みPHP ショッピングカート作りにチャレンジ!
0. PHPサーバーサイドプログラミングパーフェクトマスター
0. 各フレームワークのマニュアル
0. パーフェクトPHP
上記順序への所見
上記順序・参考書への所見
---
順序1が個人的には最もつまらないと思います。あくまで入門なので。
順序2になると、ショッピングカートのシステム(Amazonのようなもの)を作るので楽しく感じられます。
会員登録・ログイン・ショッピングカート機能を作るのでかなり実践的な内容です。
MySQLとのやり取りやセッションについても学べます。
また、セキュリティについての意識も徐々に高めていきます。
順序3ではPHPの基礎からフレームワーク作成まで扱っているので、復習から応用まで学べます。
実際のフレームワークを使うまでの橋渡しの内容です。
前半は飛ばしてもかまいませんが、クラスを扱うところ辺りからはしっかりと読み進めるべきです。
順序4では実際にCakePHPやFuelPHPといったフレームワークを使います。
まずはチュートリアルを通してウェブアプリケーションを作ってみましょう。
コピペから始まり、部分的に変更して挙動を確かめていきます。
チュートリアルが終わったら自分で簡単なサイトを作ってみましょう。
順序5では更に理解を深めます。
中級者以上を対象としていて、PHPの理解を深めるのに役立ちます。
逆に言うと初学者が読んでもちんぷんかんぷんです。
パーフェクトPHPは2010年発売の本なので少し古いですが、順序5までやってきた方なら古い情報とそうでない情報の見極めをしつつ、役に立つ情報を学べると思います。
意識すべきこと
---
- コードを書く際は焦らず少しずつ積み上げていきましょう。すべてのコードを一度に実行するのではなく、少しずつ動く部分を増やしていきます。
- エラーを恐れず、エラーメッセージをしっかりと読んで対処しましょう。答えはエラーメッセージにあります。
- 常にマニュアルを参考にしましょう。大体必要なことはマニュアルに書いてあります。

思考するエンジニアのためのQ&Aサイト「teratail」について詳しく知る