回答編集履歴

3 git cloneについて追記

romiogaku

romiogaku score 546

2016/05/04 17:34  投稿

サイト表示云々の前にvagrant upが失敗しエラーメッセージが出ています。(英語は大丈夫ですか?)
> A VirtualBox machine with the name 'simple-magento-vagrant' already exists.
> Please use another name or delete the machine with the existing
name, and try again.
試行錯誤しているうちにVMが乱立して名前が被ってしまい、仮想環境がうまく立ち上がらなくなっているのではないでしょうか。
一旦整理するためにVirtual Boxから不要なVMを停止ないし除去してみると良いかもしれません。
エラーが出たらまずエラーをコピペしてググってみると良いです。
---
(追記)
参照コードを見ますと、`magento-test`ディレクトリ内で`vagrant up`を行っているように見えます。
正しくは`git clone`した際に作られたであろう`simple-magento-vagrant`ディレクトリ内で`vagrant up`です。
念のためコマンドの意味を記します。
`cd`(チェンジ・ディレクトリ)
```
cd <directory>
```
(チェンジ・ディレクトリ)
今いるディレクトリから移動するコマンドです。今いるディレクトリは`pwd`(プリント・ワーキング・ディレクトリ)コマンドを叩けば分かります。
`vagrant up`
`Vagrantfile`に書かれた設定に従ってVMを作成・立ち上げます
```
git clone <repo> <directory>
```
<repo>にあるGitリポジトリから<directory>へコピーしてきます。
<directory>を省略すれば勝手に作られます。
(今回は`simple-magento-vagrant`ディレクトリが作られましたね)
Gitに関する知識は今回不要ですが追々学習すると良いです。
```
vagrant up
```
`Vagrantfile`に書かれた設定に従ってVMを作成・立ち上げます。
参照:[https://www.vagrantup.com/docs/cli/up.html](https://www.vagrantup.com/docs/cli/up.html)
`Vagrantfile`についてはこちらに記載があります。
[https://www.vagrantup.com/docs/vagrantfile/](https://www.vagrantup.com/docs/vagrantfile/)
`vagrant up`コマンドは`Vagrantfile`ありきのコマンドです。`Vagrantfile`の内容に従ってVMを立ち上げるので当然ですね。
そのため、`vagrant up`コマンドは`Vagrantfile`の置いてある場所で叩かなければ意味がありません。だから、
`cd simple-magento-vagrant`で移動する必要があるのです。
参照コードでは`magento-test`ディレクトリ内で`vagrant up`しているので普通はコマンド自体が失敗しますが、処理自体は通っています。
これは恐らく、vagrantが`Vagrantfile`を探す機能を持っているためです。
例えば、
```
/home/mac1-no-iMac/magento-test
```
内で`vagrant up`コマンドを叩くも、`Vagrantfile`が見つかりません。そのためvagrantは現在の一つ上の階層へ`Vagrantfile`を探しに行きます。つまり、
```
/home/mac1-no-iMac
```
内を探しにいきます。これでも見つからなければ更に上の階層へ...という具合です。
詳しくは公式ドキュメントの「LOOKUP PATH」を御覧ください。
[https://www.vagrantup.com/docs/vagrantfile/](https://www.vagrantup.com/docs/vagrantfile/)
参照コードのように`vagrant up`コマンド自体が成功しているのは、上の階層に今回導入したい仮想環境とは関係のない`Vagrantfile`が存在しており、そちらを立ち上げようとした為だと思われます。
現に何故かCentOS7_boxなるboxでゴニョゴニョしてますもんね。
(今回導入する環境は`ubuntu/trusty64`のハズ。→[https://github.com/rjbaker/simple-magento-vagrant/blob/master/Vagrantfile](https://github.com/rjbaker/simple-magento-vagrant/blob/master/Vagrantfile))
ということで、再度VMを除去しチャレンジしてみてください。
それと最後に
```
mac1-no-iMac:magento-test mac$ vi vagrantfile
```
としてますが、Vagrantifleは最初が大文字です。念のため。
viに慣れていなければ普段使っているテキストエディタで良いですよ。もし編集したい場合ですが。
2 format

romiogaku

romiogaku score 546

2016/05/04 17:20  投稿

サイト表示云々の前にvagrant upが失敗しエラーメッセージが出ています。(英語は大丈夫ですか?)
> A VirtualBox machine with the name 'simple-magento-vagrant' already exists.
> Please use another name or delete the machine with the existing
name, and try again.
試行錯誤しているうちにVMが乱立して名前が被ってしまい、仮想環境がうまく立ち上がらなくなっているのではないでしょうか。
一旦整理するためにVirtual Boxから不要なVMを停止ないし除去してみると良いかもしれません。
エラーが出たらまずエラーをコピペしてググってみると良いです。
---
(追記)
参照コードを見ますと、`magento-test`ディレクトリ内で`vagrant up`を行っているように見えます。
正しくは`git clone`した際に作られたであろう`simple-magento-vagrant`ディレクトリ内で`vagrant up`です。
念のためコマンドの意味を記します。
`cd`(チェンジ・ディレクトリ)
今いるディレクトリから移動するコマンドです。今いるディレクトリは`pwd`(プリント・ワーキング・ディレクトリ)コマンドを叩けば分かります。
`vagrant up`
`Vagrantfile`に書かれた設定に従ってVMを作成・立ち上げます
参照:[https://www.vagrantup.com/docs/cli/up.html](https://www.vagrantup.com/docs/cli/up.html)
`Vagrantfile`についてはこちらに記載があります。
[https://www.vagrantup.com/docs/vagrantfile/](https://www.vagrantup.com/docs/vagrantfile/)
`vagrant up`コマンドは`Vagrantfile`ありきのコマンドです。`Vagrantfile`の内容に従ってVMを立ち上げるので当然ですね。
そのため、`vagrant up`コマンドは`Vagrantfile`の置いてある場所で叩かなければ意味がありません。だから、
`cd simple-magento-vagrant`で移動する必要があるのです。
参照コードでは`magento-test`ディレクトリ内で`vagrant up`しているので普通はコマンド自体が失敗しますが、処理自体は通っています。
これは恐らく、vagrantが`Vagrantfile`を探す機能を持っているためです。
例えば、
```
/home/mac1-no-iMac/magento-test
```
内で`vagrant up`コマンドを叩くも、`Vagrantfile`が見つかりません。そのためvagrantは現在の一つ上の階層へ`Vagrantfile`を探しに行きます。つまり、
```
/home/mac1-no-iMac
```
内を探しにいきます。これでも見つからなければ更に上の階層へ...という具合です。
詳しくは公式ドキュメントの「LOOKUP PATH」を御覧ください。
[https://www.vagrantup.com/docs/vagrantfile/](https://www.vagrantup.com/docs/vagrantfile/)
参照コードのように`vagrant up`コマンド自体が成功しているのは、上の階層に今回導入したい仮想環境とは関係のない`Vagrantfile`が存在しており、そちらを立ち上げようとした為だと思われます。
現に何故かCentOS7_boxなるboxでゴニョゴニョしてますもんね。
(今回導入する環境は`ubuntu/trusty64`のハズ。→[https://github.com/rjbaker/simple-magento-vagrant/blob/master/Vagrantfile](https://github.com/rjbaker/simple-magento-vagrant/blob/master/Vagrantfile))
ということで、再度VMを除去しチャレンジしてみてください。
それと最後に
 
```  
mac1-no-iMac:magento-test mac$ vi vagrantfile
```  
 
としてますが、Vagrantifleは最初が大文字です。念のため。
viに慣れていなければ普段使っているテキストエディタで良いですよ。
viに慣れていなければ普段使っているテキストエディタで良いですよ。もし編集したい場合ですが。
1 追記

romiogaku

romiogaku score 546

2016/05/04 17:19  投稿

サイト表示云々の前にvagrant upが失敗しエラーメッセージが出ています。(英語は大丈夫ですか?)
> A VirtualBox machine with the name 'simple-magento-vagrant' already exists.
> Please use another name or delete the machine with the existing
name, and try again.
試行錯誤しているうちにVMが乱立して名前が被ってしまい、仮想環境がうまく立ち上がらなくなっているのではないでしょうか。
一旦整理するためにVirtual Boxから不要なVMを停止ないし除去してみると良いかもしれません。
エラーが出たらまずエラーをコピペしてググってみると良いです。
エラーが出たらまずエラーをコピペしてググってみると良いです。
---
(追記)
参照コードを見ますと、`magento-test`ディレクトリ内で`vagrant up`を行っているように見えます。
正しくは`git clone`した際に作られたであろう`simple-magento-vagrant`ディレクトリ内で`vagrant up`です。
念のためコマンドの意味を記します。
`cd`(チェンジ・ディレクトリ)
今いるディレクトリから移動するコマンドです。今いるディレクトリは`pwd`(プリント・ワーキング・ディレクトリ)コマンドを叩けば分かります。
`vagrant up`
`Vagrantfile`に書かれた設定に従ってVMを作成・立ち上げます
参照:[https://www.vagrantup.com/docs/cli/up.html](https://www.vagrantup.com/docs/cli/up.html)
`Vagrantfile`についてはこちらに記載があります。
[https://www.vagrantup.com/docs/vagrantfile/](https://www.vagrantup.com/docs/vagrantfile/)
`vagrant up`コマンドは`Vagrantfile`ありきのコマンドです。`Vagrantfile`の内容に従ってVMを立ち上げるので当然ですね。
そのため、`vagrant up`コマンドは`Vagrantfile`の置いてある場所で叩かなければ意味がありません。だから、
`cd simple-magento-vagrant`で移動する必要があるのです。
参照コードでは`magento-test`ディレクトリ内で`vagrant up`しているので普通はコマンド自体が失敗しますが、処理自体は通っています。
これは恐らく、vagrantが`Vagrantfile`を探す機能を持っているためです。
例えば、
```
/home/mac1-no-iMac/magento-test
```
内で`vagrant up`コマンドを叩くも、`Vagrantfile`が見つかりません。そのためvagrantは現在の一つ上の階層へ`Vagrantfile`を探しに行きます。つまり、
```
/home/mac1-no-iMac
```
内を探しにいきます。これでも見つからなければ更に上の階層へ...という具合です。
詳しくは公式ドキュメントの「LOOKUP PATH」を御覧ください。
[https://www.vagrantup.com/docs/vagrantfile/](https://www.vagrantup.com/docs/vagrantfile/)
参照コードのように`vagrant up`コマンド自体が成功しているのは、上の階層に今回導入したい仮想環境とは関係のない`Vagrantfile`が存在しており、そちらを立ち上げようとした為だと思われます。
現に何故かCentOS7_boxなるboxでゴニョゴニョしてますもんね。
(今回導入する環境は`ubuntu/trusty64`のハズ。→[https://github.com/rjbaker/simple-magento-vagrant/blob/master/Vagrantfile](https://github.com/rjbaker/simple-magento-vagrant/blob/master/Vagrantfile))
ということで、再度VMを除去しチャレンジしてみてください。
それと最後に
mac1-no-iMac:magento-test mac$ vi vagrantfile
としてますが、Vagrantifleは最初が大文字です。念のため。
viに慣れていなければ普段使っているテキストエディタで良いですよ。

思考するエンジニアのためのQ&Aサイト「teratail」について詳しく知る